2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« みんな偉い! | トップページ | 歴史を感じる街、小樽 »

膝体操その2

ヨガセラピーの方で膝体操のやり方を記事にしました。

その続編をこちらで紹介したいと思いますnew

足を20センチ位床から浮かせるという膝体操は主に腿の前側を鍛える物です。

なんでもそうですがバランスという物が大切です。

腿の後ろ側やお尻の筋肉もやはり鍛えた方がバランス的にも良いのです。

1,横向きに寝る。

2、骨盤が床と垂直になるようにし、肘を付くのではなく折り曲げて腕枕のようにして頭を乗せる。

3、下側になる足は膝を少し曲げ、折り曲げていない方の手は床に付いてバランスを取るようにする。

4、上の方の足をまず真上に上げ下げしてみる。

5、慣れてきたら足を斜め後ろに上げたり下げたりしてみる。

6、3分位の間、お尻が痛くなったら少し休みつつ続ける。

7、3分経ったら、反対側もやる。

腿の前側と後ろ側、更にお尻にも」筋肉が付くと、膝を守る為のクッションが出来、膝痛をやわらげる事が出来ます。

これにプラスして屈伸や、プールの中でのウオ-キング、エアロバイクを組み合わせると更にいいですね。

ヒアルロンサンを飲んでるから大丈夫と思っている方いらっしゃるかもしれませんね。

やはり動かさないとそういった栄養分も膝の軟骨までは届かないのですng

足上げとここで紹介したお尻に効く体操セットでやりましょうねsign01

お尻が痛くなったら、両足を前に出して座り、片方の足は前にもう一方の足は膝を立て伸ばした足を飛び越え床を踏みます。

伸ばした足側の手で膝を立てた方の足を抱え、膝を立てている側の方に体を捻ります。

これで少しお尻のストレッチが出来痛みがやわらぐと思います。

あと膝痛の予防には肥満傾向があれば体重を減らす事も大切です。

余談ですが元ファイターズにいたセギノールは膝痛で昨年シーズン途中からチームに貢献できず戦力外通告を受けてしまいました。

しかし現在はかなり体を絞り、楽天イーグルスで活躍しています。

札幌ドームで彼を見た時体のきれが良くなりファイターズにとっては嫌なバッターになって戻ってきたという印象でしたbearing

バランスの取れた食事、運動というのはスポーツ選手に限らず健康を手に入れたい人には必要な条件ですねscissors

080829_143232jpgdvd

cdcdcd ヨガライフスクールから家ヨガ練習用のDVDが出ましたsign03

税込み1575円となっています。

詳細はリンクしておりますヨガライフスクールの方にどうぞsign01

club人気ブログランキングへ

« みんな偉い! | トップページ | 歴史を感じる街、小樽 »

ヨガ」カテゴリの記事

コメント

テンプレート変わりましたねsign03
セプテンバー・ムーンですかね、素敵ですshine

このくらいの運動ならテレビを見ながらできますね。
やってみますhappy01good

こういうテンプレート選べる訳ですから、ココログモ悪くないですnote
グレさんのほうでさんざん書いてしまいましたがcoldsweats01

膝体操セットでやってみて下さいねsign01

あみちゃんにも体操してもらいたいな~cat
お腹かわいいけど。
ポニョと呼んであげたいwink

らむちゃんとのバトルが増えると痩せるかな?

この話題について行きたい方は愛猫と小さな庭を訪問してみてくださいね!
お勧めブログからリンクしてます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1051421/23577128

この記事へのトラックバック一覧です: 膝体操その2:

» 踵上げでアンチエイジング [ヨガセラピ- by ナターシャ]
踵を上げる動作にはいろいろな効果があります。 ふくらはぎを刺激する事になるので、エコノミークラス症候郡の予防に良さそうです{/airplane/} ふくらはぎには腸と関連したマルマ(つぼ)があり腸の働きを良くする事にも繋がります。 更に足指や足指の付け根、足の甲、すねも良く働き膝から下を特に活性化させる事が出来ます。 足は第二の心臓と言われていますから使わないと体の機能上いろいろ支障が出てきます。 血液、リンパ液がスムーズに流れなければ体がむくんだりします。そういった状態を解消するのに踵上... [続きを読む]

« みんな偉い! | トップページ | 歴史を感じる街、小樽 »