2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« マスメディアとネットショッピング | トップページ | 残り一部、私に残された道スボ »

少人数の良さ

今日は体育館の短期講座の日。今年度の講座は実質的に終わり4月から始まる講座までのブランクを埋める為の短期講座なのです。
いつもは25名位出席する講座なのですが今日は9名。
それでもいつもの場所にマットを敷いているのでなるべく前に出てもらいました。

こういう日もいいなと思い、足のマッサージの時はいつもよりくつろいだ感じでお話できました。

野球の話、この講座の長い歴史、私より講座では先輩の方のお話、いつもと違った雰囲気で楽しかったです。
生徒さんとの距離が近いのです。

その日やる内容も生徒さんのコンディションを見ながら最初の予定と少し変えたりしてやったりします。

やりたくても腰の高さが微妙なスクワット、見て回るうちにポーズしているのは辛いだろうとパスしていました。
準備運動の部分はフルでやりたかったのでパスしていたスクワット2種類を練習してみました。
お尻の高さをチェックするにも9人くらいであればサッと一回りで見れるのです。

ペアも上手く補助出来ているか目が届きます。

ただやりっぱなしと違い私自身も疲れが残らない感じがしました。
今日のやり方どうだったんだろう?
ある人にはキツく感じある人には物足りなかっただろういうジレンマが付きまといます。
人数が多ければその度合いも強くなります。
結局仕事の疲れといっても体の疲れ自体は心地良い疲れであくまでもメンタル面の疲れが大きいのだと思います。

いつもより丁寧に見る事が出来た、生徒さんの集中力も高かったと思えた今日の仕事は疲れを感じず充実感を味わう事が出来ました。
皆さんの感想は聞いていないので分からないのですがいつもよりしっかり動け体がすっきりしたと感じてくれている事を願っています。

人気ブログランキングへ

この記事がなるほどな~、面白かった、役に立ったと思えたら応援お願いします!

一生使えるエコで高品質ヨガマット!先行注文 【Manduka】 マンドゥカ eKO エコ ヨガマット 180cm 5mm 定価12000円 10%オフ

SURIA(スリア) ラグタオル スカイ 2SU-RT-SK Sports SURIA(スリア) ラグタオル スカイ 2SU-RT-SK

Amazon.co.jpで詳細を確認する

SURIA(スリア) HD エコマット サンイエロー 2SU-HEM-SNYL Sports SURIA(スリア) HD エコマット サンイエロー 2SU-HEM-SNYL

Amazon.co.jpで詳細を確認する

« マスメディアとネットショッピング | トップページ | 残り一部、私に残された道スボ »

ヨガ」カテゴリの記事

コメント

こんにちはhappy01paper
ナターシャさんのお気持ちよくわかりますsign03
私もどちらかというと精神面を優先してしまいますのでねcoldsweats01
こういうときすごく割り切れる人がうらやましいと思うことがありますが、結局自分の生き方にあった方法が一番ベストなのだと思いますhappy01good

私ナターシャさんのような先生が好きですよnote
お気持ちは生徒さん達に伝わりますから、皆さん同じだと思いますhappy01scissors

グレさん、こんばんは
ありがとうございます。
そんなふうに言っていただくと嬉しいですnote
たくさんのかたが来て下さるのも有り難い事ではあるんですけどね。
今日、パソコンが壊れてしまい携帯からコメントしています(>_<)
寿命かも知れません(-.-;)

ナターシャ先生は指導を始めた当初から人数の多いクラスをお持ちでしたか?それとも、徐々に増えて慣れてきたのでしょうか?
私の少ないキャパだと、いつも少人数に慣れているせいもあって10人でもテイッパイ。15人になったらアタフタ。20人になると、皆さんの様子を見るどころか、もう本当に時間内に一通り進めていくことしかできず、本当に良かったのか悪かったのか・・・q(T▽Tq)(pT▽T)p  参加している方にしてみれば、大人数でこっそりかくれて適当に息抜きしながらやりたいという人もいるそうなので、人それぞれなのかもしれません。私自身のキャパの問題ですが、大人数でも適所で目を配り、少人数でも適当に放っておくことができるようになることが理想です。。。

himegorouさん

最初は10人前後のところを2年くらい経験し、その後30人という講座を担当しました。
少なくても1人1人をしっかり見ようとすればそれも気は抜けないと思います。
生徒さんもサボれないでしょうね。

大人数のところで息抜きしながらやいたいというのも分かる気はしますが誰の為にヨガをやるのですか?
問いかけたくなりますよね。
最近は集中しないでやれば半減どころかほとんどの効果が消失してしまうと思っています。
あまりはっぱはかけたくないのですがそれとなくそういうことは伝えたいと思っています。
ちょっとマジコメントになりましたが時間やお金の無駄をさせたくないという思いからです。

そうか。そうですよね。
来ていただいている方にどうやって受け取ってもらえるかはわからないですが、自分自身は信念を持ってブレずに対応していくことを忘れないようにしたいです。
ただし、あまり追い詰めないようにしないと・・・。どうも私はそういう傾向があるような気がしますcoldsweats01。自分で気づくゆとりを持ってもらえるようにするのも私の工夫次第かとも思っています。
やるのはあくまで本人ですものね。気づいてもらえるように根気良くお話したり、レッスンを工夫したりする。毎回毎回話すこと一つとっても試行錯誤したり、同じ動きをするのでも意識してもらう点を変るなどして、前回のやり方や説明では気づかなかったことを気づいてもらえるようトライをしながらなので、「もう私は指導はオテノモノ・・・」という自信を持つ日は多分一生来ないです。来なくて正解なのかとも思います。

himegorouさん

私もずっと試行錯誤しながらやっていくと思います。
誰かがなんとかしてくれるものではなくて自分がやらなくては何も変わらないことに気づいてもらいたいですよね。
スマナサーラ長老からも多くのこと学びましたし。
本物はやはりシンプルですよね。
ごちゃごちゃ言う暇があったらやりなさいということですものね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1051421/28729970

この記事へのトラックバック一覧です: 少人数の良さ:

« マスメディアとネットショッピング | トップページ | 残り一部、私に残された道スボ »