2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 自分のスタイル | トップページ | 覚悟していたけれど -子離れはちょっと先送り »

ツイッター、いろんな広がりが

パソコンの前ばかりにいるのはあまりいいことではありません。

でもツイッターを始めて楽しいこと、役に立つことありますね。

ヨガのこと、動物絡みのこと、野球のことなど同じ話題でコミュニケーション取るのは楽しいです。

ヨガと動物、動物と野球など人によってダブル、またはトリプルで趣味が重なる人もいたりして嬉しくなります。

最近家では一人の時間が長いです。

家族の帰宅が遅いからです。

つぶやく相手が居ないとき誰かが相手してくれるのはちょっと嬉しかったりします。

皆さんただいま~とかおかえり~、これからお風呂入るから、おやすみなさ~いと挨拶してるのが面白いです。

家族同士、もしかしてそれ以上に会話になってるのかも。。。

次男などは食事したら部屋に篭ってしまうから会話は少ないです。

ちょっと寂しい人が増えてるのかな。。。

先日鬱の話からバーチャルばかりにはまると良くないというお話を生徒さんとしましたがツイッターってどうなんでしょうね?

そこではやっぱりルールがあり人とのコミュニケーションの取り方など実生活も反映されますね。

顔が見えないからこそ相手を思ってお付き合いしたいです。

それでもやっぱり実際目の前の人間が一番大事ということには変わりないですね。

ツイッターで関わる人に対して全く責任がないわけじゃないけどそれは希薄なものです。

いつでも関わらないように出来るし相手からも切られてしまうかも知れません。

家族や友人、仕事を通じての知人はそうではないですね。

そんな意味でバーチャルではない実生活の中での人との関わりは責任もあるし簡単に逃げ場は作れません。

そういう関係の中でどんな風に関わるかという訓練を積まないと結局鬱とか引きこもりということに繋がるのかも知れません。

ツイッターも楽しいし、実生活で関わる人も大切というのが理想かな。。。

アンケート作成しました。宜しかったらご協力を!!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

ランキングに参加してます!応援していただけたら嬉しいです!

ブッダの優しい論理学

人とのコミュニケーションに悩んだらこの本を読むと参考になります♪

« 自分のスタイル | トップページ | 覚悟していたけれど -子離れはちょっと先送り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1051421/33625272

この記事へのトラックバック一覧です: ツイッター、いろんな広がりが:

« 自分のスタイル | トップページ | 覚悟していたけれど -子離れはちょっと先送り »