2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« ついつい | トップページ | 足が痛くてもおいでって!? »

すねを働かせる

Img_0926

絵が酷いですね。゜゜(´□`。)°゜。

このポーズはティティバという名前がついています。

すねを働かせもちろん股関節にも刺激があります。

先生によると腿の筋肉は使うなとのことでした。

まず足は硬くせず軟らかく床を踏むようにします。

しっかり足の小指側を踏み股関節が開くとすねを使うことが出来筋肉に頼らなくて良いそうなのですがそれがなかなか難しいです。

腕はすねの前側から後ろに回し床に指先を重ねるように置きます。

お腹を使った呼吸をすることも条件に入ります。

息があがってぜいぜいしてしまっては効果は半減です。

すねを働かせると排泄や消化がスムーズになるそうです。

膝裏も伸びやすくなります。

とにかく熱くなります。

これを16呼吸すると何かが変わります。

一旦腰や膝が痛くなったとしてあるラインを超えると痛みが取れるようです。

但し準備がある程度できている方に限ると思います。

絵では頭が下がっていますが一旦前屈してから目線を少し上げます。

いきなり16呼吸は無理ですから3呼吸くらいから始めるといいかと思います。

見た目には変な格好ですし地味なポーズと思います。

でも効果は抜群と思います。

冷え性、便秘、腰痛、肩凝り、更年期の症状などに効果がありそうです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

ランキングに参加してます!応援していただけたら嬉しいです!

« ついつい | トップページ | 足が痛くてもおいでって!? »

ヨガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1051421/34226606

この記事へのトラックバック一覧です: すねを働かせる:

« ついつい | トップページ | 足が痛くてもおいでって!? »