2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 準備万端 -西友で侍ブルーグッズを仕入れた | トップページ | 子供の結婚式で南国に行ってました »

いい夢

残念な事にワールドカップサッカーの日本代表はベスト8の壁は破れずにPK戦soccerでパラグアイ負けてしまったbearing

本当に惜しかった。

デンマーク戦でFKを立て続けに決めたからまたそういう展開を期待していた。

しかしパラグアイはそんな簡単な相手ではなかった。

ポール支配率soccer、一人あたりの走った距離run、シュート数微妙にパラグアイの方が上回っていたようだ。

PKというのは運だというし仕方の無い結果だ。

とはいうものの駒野本人の心中は穏やかではないだろう。

日本人のほとんどがあの時PKを外した〇〇という目で見る事になる訳だから。

彼を責めないといくら言ってもその事実は残るのだ。

そんな滅入る出来事はそうそう無いだろう。

チーム全体ならまだしも個人がその重圧を引き受けなければならないのだ。

国を背負うという事はイチローが胃潰瘍になるくらいやはり凄い事なのだ。

駒野のお母さんがテレビの取材に涙ながらに答えていた。

酷なことと思ったthink

駒野は相手チームの選手からも慰められていた。

今回の駒野の体験は彼にしか出来ない体験だった。

PKというのは誰かがシュートを失敗しない限り決まらないのだ。

それがたまたま駒野に回ってきてしまった。

心無い言葉に傷つくかも知れないけれどたくさんの励ましも受けるに違いない。

もし彼がサッカーをやっていなければ、代表に選ばれなければ今回のように苦しむ事も無かった。

その方が良かったと後悔するだろうか?

今は何も考えられないに違いない。

でも今回の体験をしない彼と体験した彼の今後が変わる事だけは確かだ。

どうか今回の経験を糧として更に充実したサッカー人生を送ってほしい。

今回のサムライプルーは最悪の前評判から始まり初戦突破、決勝リーグ進出、Pk戦の末敗退というドラマチックなストーリーを残してくれた。

スペイン戦もちろん見たかったけど十分いい夢を見させてもらった。

本田が批判してくれた人にも感謝したいというコメントを残した。

批判そのものはマイナスなイメージを伴うけれど彼はそれをプラスに変える力があるんだろう。

岡田監督はもう懲り懲りだろうか?

批判をプラスの力に変えたのは監督も同じ。

4年後も岡ちゃんに託したいな。

コンサドーレをJ2からJ1に引き上げた立役者でもあった。

フランスのワールドカップの時も繰り上げ監督だった。

あの時はカズを外した事で話題になった。

今回もオシムの代わりに選ばれ代役の感を否めない。

でも日本のサッカーの歴史が大きく変わる時岡ちゃんは必要な人と感じる。

ワールドカップ出場を決めた時の両手を突き出した姿が今も忘れられないsign01

« 準備万端 -西友で侍ブルーグッズを仕入れた | トップページ | 子供の結婚式で南国に行ってました »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1051421/35589303

この記事へのトラックバック一覧です: いい夢:

« 準備万端 -西友で侍ブルーグッズを仕入れた | トップページ | 子供の結婚式で南国に行ってました »