2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 自分の為のヨガ | トップページ | いろんな発散法 »

審判を見ていて

昨日野球を見ていたらストライクゾーンの曖昧さに驚いた。

明らかに低いでしょというボールがストライクだ。

そしてピッチャーによってもむらがある。

ストライクのコールがやたら甲高くて最初は誰が奇声を発しているのかと思った。

そのコールが好きという人もいるらしいので世の中分からないものだ。

そしていちい動作が人目を意識したオーバーアクションだ。

目立ちたいんだろうな。

審判も脇役として試合を盛り立てるのはいいとして主観が先行するジャッジは迷惑だ。

人からどう見られるか?ばかりが優先すると肝心な部分を見落とす。

仕事に集中していないのだからミスも多いだろう。

結果試合がつまらなくなるのだ。

贔屓チームが負けたから負け惜しみと取られるかもしれない。

でも審判に試合を台無しにされるのが厭なだけ。

審判を評価するシステムがあったらいいのに。

実際あるのかな?

明らかに誤審とわかるジャッジとかストライクゾーンがブレブレの審判を放置すると選手の士気にも影響しそうだし。

どんな時もそういう状況を受け入れ淡々とやり過ごせたらいいのだけれど。

今度からは審判の名前を必ずチェックして試合を見ようと昨日は思ってしまった。

« 自分の為のヨガ | トップページ | いろんな発散法 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1051421/36714934

この記事へのトラックバック一覧です: 審判を見ていて:

« 自分の為のヨガ | トップページ | いろんな発散法 »