2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 足指を浮かせると | トップページ | マリーゴールドお引越し »

肩凝りの原因ではっきりしているもの

[肩凝り] ブログ村キーワード

先日ためしてガッテンを見ていて胸郭出口症候群という病気のことを知った。

鎖骨が下がることで肋骨との間の間隔が狭まりその間にある神経や血管が圧迫されることが原因との事だった。

腕の痺れや痛みが出たり、首から頭にかけて痛みが出る場合もあるそうだ。

鎖骨(喉の下側)から指4本の部分の鎖骨の内側とその場所から首のほうに指3本の箇所を軽く押して痛い場合がその病気の可能性大だそうです。

その治療法として肩が下がった姿勢を治すコルセットを付けることと壁に向かって腕立てをすることが紹介されていた。

20代、30代の女性で首が長くなで肩の人に多いらしい。

コルセットは整形外科で保険適用で処方してもらえるそうだ。

腕立ては脇を締めて100回行うと良いそうだ。

50回を2回に分けて行うでもいいらしい。

姿勢を正すことに関してはヨガをやることでもカバーできるかなぁと思う。

3ヶ月コルセットをつけて症状が軽減したとしてその後何もしなければまた元の姿勢に戻ってしまう可能性がある。

肩の問題は肩だけでなくお腹の弱さに起因しているかも知れない。

腕立てを続けることが理想と思う。

腕立ては肩周りの筋肉も使うけれどお腹も使うからだ。

ネットを調べていると胸郭出口症候群の重いものは肋骨を切る手術をするケースもあるとあった。

骨を切断するというのは恐ろしい話だshock

ためしてガッテンに出演していた医師は姿勢を正すことと筋トレでほとんどの患者さんが良くなると説明していた。

肩凝りで外来を訪れあるお医者さんによっては手術と言われ、別のお医者さんからは3ヶ月で自力で治せると言われるとしたら後者の方が絶対いいに決まっているsign01

生徒さんでも自分もそうかも知れないから壁で腕立てやってみようかな?と言っている人が居た。

その方の追跡調査していきたいなぁと思う (゚▽゚*)

Img_0645

人体絵本より

鎖骨周辺にはこんなに血管が集中している。

それ以外に神経やリンパ管もあるからここが圧迫されると問題が起きて当然だ。

ヨガの時に鎖骨周辺を緊張させないようにと指導される訳がはっきりと分かった。

またメンタル面でも緊張があると肩周辺は硬くなる。

筋肉が単に疲れるだけでなくいろんな組織の働きが悪くなり肩凝りが起きる。

ためしてガッテンからいろいろなヒントを頂いたgood

Daisybar1

« 足指を浮かせると | トップページ | マリーゴールドお引越し »

ヨガ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

脇を締めた腕立ては、上腕三頭筋の負荷が強くなりますが、同時に、肩甲骨の働きが関係しているのかも知れませんんね。

さらに、腹筋と同時に、腸腰筋もあると思います。

腸腰筋の鍛錬には、是非、スクワットも加えていただきたいですね。

腕立てとスクワット…愚直な基本です(笑)。

shoさん

脇を締めると肩甲骨は下に下がりますよね。
イコール、鎖骨が落ちてる場合は上がってくる動きになると思います。

体はやっぱりトータルでやることと続ける事が大事ですよね。
スクワット、腕立ては確かに地味です。

ヨガだともう少しいろいろなものが入ってきますけれどね。

お医者様からの提言も患者さんを実際多く見ているので参考になります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1051421/39020252

この記事へのトラックバック一覧です: 肩凝りの原因ではっきりしているもの:

« 足指を浮かせると | トップページ | マリーゴールドお引越し »