2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« ヨガで得ること  | トップページ | 足指を浮かせると »

緊張しやすいのは首、肩、胸、足指

ヨガを始めたばかりの方を見ていて緊張しやすい箇所は首、肩、胸、足指。

首や肩は本人が気付かないうちに縮んでしまっている。

別の箇所に問題があって意識の方が緊張してそれが体に伝わる。

膝裏が伸びない、腰が硬いなどが理由だったりする。

それが顕著に現れやすいのが首や肩なのだ。

眉間に皺がよってしまっている場合もある。

それは体を動かす以前に気持が別の悩み事でいっぱいになっているかヨガに対して良い感情を抱いていないというような根本的なことと思う。

その状態でヨガをやってもあまりいいことは期待できないと思う。

胸の緊張は腰が反って腹に力が無い場合や、胸が張った姿勢が良い姿勢と思い込んでいる人にありがちだ。

胸を前に突き出すと背骨が緊張するのが分かる。

立っている時に足指が白くなって丸まっている時はかなり足先に力が入っている。

無駄に力が入っているのだ。

それは股間節の硬さや足そのものの弱さが現れている。

また立ちポーズで脇の硬さからバランスが取れずに足が緊張する場合もある。

どちらにしても足が安定しないと上半身のリラックスは有得ない。

体を沢山曲げたり倒したり、反ったりすることが目的と思うといつまでも緊張が取れないことになる。

足を強くする為にはスクワット的なものを、お腹に関してはナーバアサナをやるしかない。

また筋肉だけに頼らず関節や骨に働きかけ、体の重さをナチュラルに感じられる感性を身につけることも必要だ。

体操ではなくヨガい近づきたいとしたらそんなアプローチがどうしても必要になる。

Line2

« ヨガで得ること  | トップページ | 足指を浮かせると »

ヨガ」カテゴリの記事

コメント

丁寧にお答えいただき ありがとうございます。

身体を動かしている時って 自分の身体なのに 他人のように感じてたかも。。。「体の重さをナチュラルに感じられる感性を身につけること」というお話は なるほど納得!と思いました。納得したからと言って出来るわけではないのですが…
運動神経の鈍さは 体に対する感性が薄いからなのかな~なんて思いました。

今の状況で ヨガへ通うことは難しいので スクワットや四肢立ちで足腰を鍛えようと思います。

みっこけさん

多くの人は便利なものに頼って体を使っていないから自分の体への意識は薄いと思います。

体の不調を感じたときが自分の体と向き合うチャンスかも知れないですね。

シンプルに感じるというのが簡単なようで難しいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1051421/38953898

この記事へのトラックバック一覧です: 緊張しやすいのは首、肩、胸、足指:

« ヨガで得ること  | トップページ | 足指を浮かせると »