2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« バッタのポーズから始めよう | トップページ | 大通り公園のライラック -いろんな色があって綺麗♪ »

選手を一つの駒と見るか、生身の人間と見るか -中田4番に賛否両論

チームでやる競技である以上自分のポジションでやらなければならないことがある。

その期待に応えられるからそこに置いてもらえるのだと思うし。

昨日は朝からファイターズの4番、中田君のことばかりが話題になっていた。

打順を1番に、 思い切って1度2軍に落とせば良い、打順を下げれば良い等々、、、

プレッシャーで大分まいっているから気分転換させた方が良いという意見も多かった。

でもプレッシャーにすぐ負けてしまうようでは4番は勤まらないのだろう。

一旦今の苦しい状況から開放したとしてまた同じ壁にぶつかるのは目に見えている。

他に4番を任せられる選手(将来的にも)が居なければ中田君にギリギリまで掛けるしかない。

栗山監督が自分の進退を掛けて中田君を4番打者に育てようという覚悟が伝わってくる。

目の前の結果を出すのはそういったことより簡単と思える。

例えば若手ピッチャーを2軍から上げ3回1失点ですぐ下げて調子の良い中継ぎのピッチャーに交替させる。

他球団から連れてきた選手を4番に据えて調子の悪い選手はどんどん落とす。

そういったやり方は選手を一つの駒としか扱っていない。

選手が育つとは思えない。

自分が生身の人間扱いされていないと分かった時選手は力を出せるだろうか?

そう考えると栗山監督のやり方は共感できる。

まず自分は期待されているというところでなんとかしなければと思うだろう。

弱い人間も苦しんで強くなることがある。

苦しまないと強くなれない。

体もこころもそういった側面があると思う。

こんな風に書けるのも昨日たまたまギリギリのところで中田君に結果が出たからかなぁconfident

1人の選手のことを監督、チームメイト、ファンがこころから心配し、応援する。

昨日はそんな意味でファイターズのファンでいることに誇りを感じたshine

« バッタのポーズから始めよう | トップページ | 大通り公園のライラック -いろんな色があって綺麗♪ »

ファイターズ」カテゴリの記事

コメント

まあ浪花節だよね 栗山さんは

4番は中田と言うけど 入団してから今まで4番らしいものは一つもなかったし現在絶不調と言われてるけど絶好調がなかったわけであれが現在の中田のピークでしょ

確かに素質は持ってると思う

そりゃ看板選手になってほしいのも わかるけど ホントに4番かい?

そりゃ試合出てりゃ 二流だって たまには打つよ

ど真ん中は ホームランにするよ

これは斉藤にも言える

ボンレスハムさん

ファイターズは自前の選手を育てなきゃならない環境にあるんだと思います。
素質があるということほど大事なことはないのでそこに掛けるのは間違ってないですよね?
誰もがホームラン打てるバッターにはならないそうですしその可能性を持った中田君にやはり期待してしまいます。
どういうやり方を支持するかは人それぞれかなぁと思いますよ~

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1051421/45452343

この記事へのトラックバック一覧です: 選手を一つの駒と見るか、生身の人間と見るか -中田4番に賛否両論:

« バッタのポーズから始めよう | トップページ | 大通り公園のライラック -いろんな色があって綺麗♪ »