2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 初心に戻ろう | トップページ | 湿度が高いと体調を崩しやすい -そんな時お勧めなのは足を働かせた動き »

なかなか勝てない

栗山新監督に代わってからいろんなびっくりなことがあり別人が続出していた。

斉藤君、吉川君、多田野等ピッチャー陣の好調。

それが、、、ここに来て雲行きcloudが怪しくなってきた。

去年までの彼らがちらちらと顔を出し始めたのかなぁ。

それに加えて中継ぎ陣も踏ん張れなくなってきている。

勝さんも暫く勝てていないthink

これはもう相手バッターに読まれてきているということなのかも知れない。

結局打たれるのはキャッチャーの責任でもあるからキャッチャーの疲労とかワンパターン化にも起因しているのかも。

勝てないと勝ちたい気持が先行する。

先日、増井の投球を見ていて勝ち急いでいる姿が見えた。

勝ちたい、抑えたいという気持が空回りして体が硬くなるとコントロールが定まらず球威も無くなる。

吉川君が炎上した時はボールそのものは走っていたのに打たれた。

パターンが相手に読まれてしまっていたようだ。

それはバッテリーの共同責任だ。

良い材料もある。

先日の久対中島(ライオンズ)の対決は凄みがあった。

2人の瞳の中にはメラメラと炎が燃え上がっていたんじゃないかっていうくらい。

それは巨人の星の世界かな、、、 (゚ー゚;

久は1球1球に魂を込めて投げていた。

内角を厳しく攻めた後高めのボール球で中島を3振させた(*゚∀゚)=3 ムッハー!!

久は前半膝の怪我などで調子が悪かったけどこの対決を見て後半期待できそうsign01と思った。

結局今までどれだけ修羅場をくぐってきたか自分を追い込んできたかも大事なんだろうな~

その意味で中田君にとっては前半の不調がある意味修羅場だったんじゃないだろうか。

どんなに打てなくても監督は打順を変えなかった。

それは逃げ場を与えないことになるから本人は嬉しい半面辛い体験でもあったと思う。

そこを乗り越えつつある中田君後半は打ちまくってくれるに違いないsign03

若手の台頭という良い材料もある。

金子や稲葉の怪我によってチャンスを与えられた杉谷や西川がいい仕事をしている。

西川君は握手してもらった時からずっと注目している。

ファンフェスで握手してもらった時の記事はこちら

今は我慢の時。

ファンとしても良い材料にひたすら目を向け落ち込んでいかないようにしたいcoldsweats01

栗山監督には選手を信じるスタイルを貫き通して欲しい。

逃げ場を与えないことは指導者として一番頑固で厳しいということに選手も気付いて欲しい。

それは私のヨガの師匠がそうだから分かるのだ。

« 初心に戻ろう | トップページ | 湿度が高いと体調を崩しやすい -そんな時お勧めなのは足を働かせた動き »

ファイターズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1051421/46184563

この記事へのトラックバック一覧です: なかなか勝てない:

« 初心に戻ろう | トップページ | 湿度が高いと体調を崩しやすい -そんな時お勧めなのは足を働かせた動き »