2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 3重苦 -ある生徒さんの悩み | トップページ | 本番に強いララなんだけど »

カラリパヤットワークショップ

昨日は夕方からカラリパヤットのワークショップに参加したnote

1クラス目は浅見千鶴子先生によるアーユルベーダーの講義の後ドーシャ別にヨガで調整するやり方を教えて頂いた。

90分という限られた時間だったけれどかなり中味は濃いものだったと思う。

私はピッタの数値が高く出たので反るポーズ、捻るポーズが調整に役立つということが分かった。

その後はカラリの基本のポーズを教わった。

シャドウヨガをやってきた分体の使い方は理解し易かったけれどもっと腰を落として胸を広げるようにとアドバイスされた。

汗だくになるほどキツい内容だった。

でも心地よい汗で今朝起きた時何時もの胃の不快感が無いことに驚いたヽ(´▽`)/

ピッタが上手く調整されたようだscissors

そして今日も午後からこのワークショップに参加したsign01

最初は頭と顔のマルママッサージ。

昨年も同様の内容だったけど講義の中に去年は聞いていなかったことも含まれていた。

アーユルベーダーの医師の中にマルマに関してほとんど知識が無い医師も居るというのは驚きだった。

Img_1354

ニディーシュ先生がモデルになって浅見先生が見本を見せてくれた。

その後2人ペアで先生のを見ながらの実践。

押す強さ加減とか場所が合っているのかな?という心配があったり結構難しい。

でもやってもらっている時は心地よかったshine

鼻詰まりに良い場所、唾液が沢山出る場所など普段ちょっとした時に押してみるのもいいかなぁと思った。

2クラス目は昨日に引き続きカラリの基本ポーズの練習。

今日は最初に片足を高く上げるのをやった。

最初はあまり高く上がらない足が少しずつ上がるようになっていくのが分かった。

その後昨日やった馬のポーズ、イノシシのポーズ、蛇のポーズを組み合わせて連続でやった。

上体を回転させながら方向を変えるところとか蛇の体の使い方は難しかったbearing

回転は普段あまりやらない動きだし反りも加わるのでバランスを崩しやすい。

でも回転することの中に多くの効果が含まれていると感じる。

固まってしまったものをほぐす、エネルギーの流れを促すといったことだろうか。

Img_1357

ニディーシュ先生の馬のポーズ

Img_1361

ここからスッと立ち上がらなくてはならない。

Img_1362_2

先生は決して筋肉隆々ではないけれど凄いパワーを秘めている。

Img_1366

足の甲が伸びて親指まで意識が働いているのが分かる。

Img_1364

象のポーズに入る前に一度反りが入る。

ピッタの調整にも良い動作ではないだろうか。

Img_1382

浅見先生とのコラボレーション。

Img_1380

なかなかこんな低い位置では動けない。

こういったワークショップは貴重と思った。

2日間では学びきれないものが沢山あることが想像できた。

カラリパヤットもアーユルベーダーもヨガもいい意味で奥が深すぎるthink

先生が見せてくれたカラリのスピード感に驚いた。

ゆっくりやっても正確な位置で出来ないのにあの速さで正確にやるのは至難の技。

凄いなぁ、、、、、

手を武器のように振り下ろした時ビュンビュンと音が聞こえた。

私達はカラリをエクササイズとして健康に役立てることくらいまでならなんとか利用できるかも知れない。

先生のデモンストレーションを見せていただいて武術のレベルば全く別のところにあることを実感することが出来たsign03

今回撮った写真はフラッシュを使わなかったので全体に暗く写ってしまいました(ノд・。)

昨年のワークショップの記事はこちらです。

先生の写真は昨年の方が良く撮れているので興味のある方は見て下さいねsign03

« 3重苦 -ある生徒さんの悩み | トップページ | 本番に強いララなんだけど »

ヨガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1051421/46336976

この記事へのトラックバック一覧です: カラリパヤットワークショップ:

« 3重苦 -ある生徒さんの悩み | トップページ | 本番に強いララなんだけど »