2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« フラミンゴの捕獲作戦、残念な結果に、、、 | トップページ | 白菜は悪くない »

キャリアって何なんだろう

昨日NHKのプロフェッショナルを見た。

専業主婦だった女性がお弁当販売のパートから営業所の所長に抜擢され活躍している姿が放送されていた。

彼女のまず凄いところはパートでもこうした方がいいという意見を上の人に言えたこと。

発注を任せてもらえることになった。

どうせパートなんだからお給料に見合ったことだけやってればいいという発想は無かったんだろう。

そして彼女の意見を吸い上げた会社も柔軟性があったのだと思う。

とにかくどんなことでもやはり現場にいる人が一番物事を把握している。

お客さんが何を求めているのかを敏感に感じ取れるのは売っている人なのだと思う。

営業所長になってからの彼女の苦労は並大抵ではなかったようだ。

パート上がり、女性という事など多分差別的な態度を取られたのは想像がつく。

数字上のデータの分析だとかそういうことにも関わらなくてはならない。

だけどそういう数字上の管理だけでは追いつかないこともある。

世の中のニーズはどんどん変化する。

それをまずいち早く察知できるのはやはり現場。

現場のパートさん、支配人に仕事を任せるという形で結果を出していった。

凄いなぁ。

私の場合と同じくらいの年齢まで専業主婦でいたということに少し嬉しい気持になった。

ある程度子育てが済んで社会に出たというのが共通なのだ。

それまでは何のキャリアも無かったことになる。

しかし彼女は会社の人間関係に悩んだ時部下を子供と同じ様に考えれば良いことに気付いたという。

上手く行ったときは褒め、何でも手を貸し過ぎず本人にやらせてみる、事務所に呼びつけたりせず何か変だなぁと思ったら現場に出向いてそれとなく話を聞くなど、、、そう子供を育てることと共通点は多いのかも知れない。

彼女には子育てをしっかりやったという立派なキャリアがあったのだ。

私は彼女には到底及ばないけれどやはり家庭を持っていたというキャリアだけはあった。

後はヨガを細々ではあるけれど止めずに続けていたことだ。

人生は何時どんな風に輝くか分からない。

一つのことを流れ作業にせず楽しむ気持ち、人との関わりを大切にすること、自分より強いと思われる立場の人に物が言えることの大切さ、、、この番組から得るものは多かった。

« フラミンゴの捕獲作戦、残念な結果に、、、 | トップページ | 白菜は悪くない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1051421/46773504

この記事へのトラックバック一覧です: キャリアって何なんだろう:

« フラミンゴの捕獲作戦、残念な結果に、、、 | トップページ | 白菜は悪くない »