2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« なんも言えねぇ~じゃなくなんも書けません -伊藤武氏によるタントラヨーガワークショップ | トップページ | 道東巡り »

逃げたフラミンゴ

旭山動物園から逃げたフラミンゴが小樽で見つかり現在は紋別の湖にいる。

サギと一緒に群れて飛んだり餌をついばんだりしている。

おとりとして用意された仲間のフラミンゴに近づいては来るものの暫くするとまた飛んでいってしまう。

だいたいほとんど自力で飛んだことのないフラミンゴが小樽から紋別まで飛べてしまったということは凄い。

もし体の機能として使っていなかったところをいきなり使ってみろと言われて使えるだろうか?

人間様には無理と思える。

どうしてそんなことが出来るのか、、、think

結局本能的に備わったものを動物はすぐ使えるということなんだろうなぁ。

筋肉がどうとか飛び方はこうなんだよということよりも備わったものを素直に使うということが動物には出来てしまう。

そして逃げたフラミンゴの楽しそうなことsign03

動物園では餌の心配は無い。

だけど広い空を飛ぶことは無い。

逃げたフラミンゴは自由を満喫しているようにも見える。

越冬できない、逃げたまま野放しに出来ないなどの理由からか動物園の職員さん達は捕獲に必死だ。

おとりに連れてこられたフラミンゴは木の枠の中に閉じ込められている。

その様子を見て早く解決して欲しいと思う一方動物は自然の中にいるのがやはり幸せだよなぁと思ってしまう。

捕獲されたとして自由に空を飛ぶという経験をしたフラミンゴは今までとは何かが変わるんだろうなぁ。

世界ってこんなに広かったんだみたいなこと思うだろうか、、、

« なんも言えねぇ~じゃなくなんも書けません -伊藤武氏によるタントラヨーガワークショップ | トップページ | 道東巡り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1051421/46554347

この記事へのトラックバック一覧です: 逃げたフラミンゴ:

« なんも言えねぇ~じゃなくなんも書けません -伊藤武氏によるタントラヨーガワークショップ | トップページ | 道東巡り »