2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

何時も通り以上を意識すると、、、 -プレイも応援もよそ行きはやめようよ

27日からファイターズVSジャイアンツの日本シリーズが始まったsign03

初戦吉川君はボールが高めに浮き、体も硬く感じられた。

何時ものスクワット、やってなかった気がする。

東京ドームという場所、日本シリーズという特別の雰囲気、経験不足など若干心配していた。

たった1年、いや数ヶ月の間に彼は一段高いところに上がったと感じる。

でもいろんな修羅場経験してきたわけではないんだよね。

栗山監督は絶対勝ちに行くとプレッシャーを掛けた。

それはそれでいいけど何時も通りにやれsign03でも良かったかな~とも思う。

彼は充分成長したし今持ってる力を何時も通り出すこと、、、それ以上の何かを出そうとするよりも平常心を保つことの方が大事な気がする。

ルーティーンとも言えたスクワットをやる余裕、無くしてしまったのかな。

下半身の調子を整え体のぶれを無くすいい方法だったのになぁ。

昨日は陽、中田とデッドボールを受けた。

内角を厳しく責めるという意図があったのだろうけど中田に対する球は明らかに外れていた。

大事な4番に何をするんだsign03と怒りがこみ上げたpunchbomb

でもそこでファンが怒り狂って感情的になっても駄目なんだよね~coldsweats01

東京ドームでは普段は使ってない“読売倒せ~~sign03”というフレーズが使われているそうだ。

確かに日本シリーズは特別なものなのかも知れないけどファイターズらしいプレイ、応援でいいのになぁconfident

特別なステージだけど平常心でsign03がいいと思う。

それを30日から札幌ドームで実践できたらまだまだ諦めなくていいと思うよ。

また吉川君が出てきてリベンジする姿が見たいんだsign03

糸井や中田のホームランbaseball、杉谷のサヨナラヒット、ニ岡さんの代打サヨナラホームランもいいなぁ。

まだまだドラマは終わってない。

というか終わらせないで欲しいthink

レッサーパンダの赤ちゃん公開

Img_0979

円山動物園でレッサーパンダの赤ちゃんが公開されたsign03

名前はキンとギン。

きんさんぎんさんにあやかったのかな~

長生きしてくれそうcoldsweats01

Img_0983 

みんな赤ちゃんを見ようと人だかりが出来ていた。

そんな時一生懸命写真や動画を撮ろうとする面々におばあちゃんがちっとも避けてくれないとぼやいた。

確かに、、、動物を見に来るのは家族連れが多い。

子供に見せてあげる配慮欲しいかも。

Img_1054

それにしても愛くるしいheart04

Img_1066

外に出て間もないのに2匹とも臆せず動き回っていた。

Img_1064

Img_0990

ナナスケのいないキリンの展示場。

寂しいねweep

Img_0992

ナナスケは無事に静岡に到着したかなぁ~~

Img_0993

アムールトラの展示場は紅葉が進んでいたmaple

Img_0997

今年は夏暑かったせいかスリムだなぁ~~

Img_1015

ユキヒョウのシジムが元気だった!

Img_1021

春頃は外に出るのを拒否してたのに随分進歩したよう。

Img_1031

リアンとリーベはじゃれあっていた。

Img_1037

Img_1028

Img_1002

ホッキョクグマで外にいたのはデナリだけ。

Img_1004

何か美味しいものもらったようだな~

Img_1009 

鹿に生牧草が与えられていた。

Img_1008

こういう時たいてい一匹オオカミじゃなく、、、一匹鹿的な存在がsign03

なんだか分かる気はするのだけれどhappy01

秋の小樽 -鮭ものぼってきてました!!

Img_0962

先日小樽に行ってきた。

つつじが色づいてきていたmaple

Img_0963

Img_0965 

運河と倉庫はやっぱり情緒あるね~

Img_0967

Img_0968

蔦の色づき具合もグッドgood

Img_0970

Img_0973

そしてこのあまり綺麗とは言えない運河の中に、、、

Img_0972

見えるかなsign02

Img_0979

鮭が上がってきてましたsign03

Img_0980

運河より更に上流の川にも沢山いましたsign03

Img_0981

合鴨さんは鮭の死骸狙っているのかな、、、

カモメは狙っているようでしたが。

Img_0982

Img_0984

お土産物屋さんの建築物は新しいものが多いけどこちらは正真正銘古いよcoldsweats01

Img_0983

Img_0986

アンティークと古ぼけているということの境界線は何処かな?

原型は残して手入れされてればいいんだよね、きっと。

前からはアンティークに見せて後ろはばりばりコンクリートの現代建築ってちょっとしらけるよねthink

だったらこんな感じの方が潔いかなhappy01

北村温泉と栗の樹ファーム

Img_0881

今日はヨガサークルはお休みだった。

本当は帯広に行く予定だったが前日になって喉が痛くなり風邪が完治していないことが判明。

無理しないことにして全てキャンセル。

なのになのに、、、今朝は喉の痛みは消え風邪はどこかに行ってしまった。

そこで前から気になっていた北村温泉に行くことにした。

Img_0880

ロビーには木を使ったこんな美術品があった。

ここのお湯は塩分が強い泉質。

43度のお湯が加水、加熱なしで掛け流し状態。

色も薄い茶色の濁り湯。

真平らな畑や水田の中にこんな天然温泉があることが不思議な感じsign01

Img_0882

その後せっかく北村まで来たのでもう少し足を伸ばし栗の樹ファームに行ってみることにした。

連れ合いはそこに何があるのさsign02と気乗りしない様子だったけれどcoldsweats01

Img_0907

いい感じのログハウス。

土曜日とあってそこそこ混んでいた。

車を何処にとめたら いいのか戸惑っていたらすぐ中から女性が出てきて的確に指示してくれた。

Img_0886

普通の家の玄関のような入り口があって、そこに長嶋監督からの優勝 をお祝いするランの花がドーーーンsign03 ┗(^o^)┛パーン

Img_0887

中に入るとおびただしい数の野球に関するものが展示されていた。

何故か須永のユニフォームがとっても目立つ場所に、、、

彼にはファイターズにいた時にピッチャーとしてもっと輝いて欲し かったなぁ(ノ_≦。)

栗山監督は彼に何か特別に思いいれがあったのだろうか?

いいものを持っているのになかなか開花しないというような。

吉川君は須永選手のように栗山監督とすれ違いにならなくて良かったconfident

Img_0890_2

お~~~sign03 金色に輝くゴールデングラブshine

これは栗山監督本人のもの。

Img_0891   

秋山監督、古田、松坂、、、凄いな~

Img_0892

カウンターの奥にはお酒などがところ狭しと並べられている。

Img_0894

帽子はニューヨークヤンキースのもののようだけど、ユニフォームはヤクルトのなのかな?

Img_0895

こっちは間違いなくヤクルト時代のもののよう。

Img_0896

左から新庄、野茂、イチローのキャップ。

圧巻  w(゚o゚)w

Img_0897

上のは松井ので下は、、、

Img_0898

ニ岡さんのバットもあった~~heart04 ここは自由に触れるところが素敵~note

Img_0899

なんとなくジャイアンツっぽい色使い(;´▽`A``

どなたかが手作りされてプレゼントしたのかなぁ。

素晴らしい。

Img_0900

駒田のユニフォーム、やたらと大きかったcoldsweats01

Img_0901

これも豪華メンバーsign03

Img_0903

栗山監督の原監督に対する思いが現れているコーナー

Img_0904

この時計、アンティークな感じとか野球のグラウンドがデザインされてるところとか憎いなぁ~~ ( ゚д゚)ホスィ…

Img_0905

若き日の栗山監督。

Img_0902

顔出しやめようかと思ったけど写真を小さくして載せることにしたヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

Img_0884

こちらは展示室のあるログハウスの裏手にある栗山監督の自宅。

Img_0910

眠そうにしていた監督のお家の番犬?

ちっとも吼えないし番犬にはなってないけど (゚ε゚)キニシナイ!!

Img_0908

右側が自宅。

Img_0911

これで監督が1人 パレードするのかな?

楽しみ~~notes

展示室の下側にグラウンドがあるのだけれど写真撮るのを忘れてしまった。こちらから見ることが出来ます。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

スクワットで良く言われること -膝を足先より前に出さない

最近スクワットのことでちょっと考えさせられることがある。

膝にスクワットが良くない、足先より膝が前に出ないようにするほうが良いなどの説がある。

本当にそうなのか?

もちろん膝の故障で炎症が強い場合はそうなのかも知れない。

私が普段生徒さんに教えているスクワットはフルに下まで降りるのをやるし膝は前に押し出すやり方だ。

それがNGという人もいる。

だけど脛や足首を働かせる為にそのやり方は効果がある。

腿やふくらはぎの筋肉だけで足が動く訳ではなく足首、脛もしっかり働いてこそバランスが取れて膝の負担が軽減されると思う。

だいたい脛の話が話題に上がるということがほとんど無いのは何故なのだろうか?

武術等で脛をどうやったら鍛えられるか?という話はあってもそれ以外で脛の重要性が語られることは少ない。

私はシャドウヨガを教えてくださったナタナガ・ザンダー先生から脛の重要性を学んだ。

バーベルを担いでいるわけでもないし膝を前に出したからといって傷める理由にはならないと思うのだが。

実際そういったやり方で膝の具合が悪くなったという例が私の周りではほとんど無い。

膝の屈伸は膝関節内の関節液を循環させるから軟骨に栄養が補給される。

スクワット→膝に負担を掛ける→やらないほうが良いというのはあまりにも短絡的ではないだろうか?

現代人の足の弱さを補う方法として様々なスクワットは必要なものと思う。

膝が心配な方には曲げられるところまで、曲げる方向を正しくと教えるようにしている。

またしゃがんだ時にその人の弱点も分かることが多い。

踵が浮く、膝を開けない、背中を伸ばせないなど足首や腰、股関節の硬さが露呈するのだ。

一時間半のうち30分は立って関節を回したり、スクワット、四股立ち、立ちポーズ等を行う。

そしてヨガが終わった時点で膝が調子良くなっているという方は多い。

そのことをもっと皆さんに分かって頂きたいと思うのだが、、、

やはり実際にやってみるしかそのことを理解する道は無い。

ニセコ、昆布温泉へ日帰り旅

Img_0838

先日の連休は風邪をひいてしまい何処にも出かけなかった。

今日はお休みだったのでJRでニセコ方面に出かけた。

Img_0836

小樽から長万部行きの列車に乗り換えた。

釧網線と同じ感じの車両で1両しかなかったcoldsweats01

Img_0837

運転手さんが確認事項をいちいち口に出していた。

新米さんの試験的なものだったのかなぁ。

Img_0839

ひらふ駅は駅舎自体が温泉らしい。

Img_0840

薪がいっぱい積まれていた。

Img_0841

ニセコ駅に着くとそこはかぼちゃだらけだったhappy01

Img_0842

Img_0846

ニセコ大橋ってかわいい色してるなぁ。

Img_0847

側まで行ってみた。

Img_0854

橋からの眺め。

Img_0853

Img_0861

ニセコ駅前に戻り昆布温泉行きのバスに乗った。

Img_0865

まず鯉川温泉に向かった。

Img_0868

かなりひなびた感じだけれどお湯は良かったnote

Img_0870

鯉川温泉旅館

この後ニセコグランドホテルまで歩いて行った。

露天風呂が広く露天にしては温度が高かった。

TVの撮影をしてたので少し待ってから入った。

今回はJRとバス、温泉入浴、昼食がパックになったものを利用した。

グランドホテルではバスタオルと混浴に入る時に着るものも貸してくれた。

多分まともに支払うよりはその半額くらいで済んだかもscissors

鯉川温泉はパック外だったので入浴料が別に掛かった。

ローカル線、乗り継ぎの悪さ、ひなびた感じ、平日で人が少ない、紅葉がちっとも進んでいない、午後からは雨模様など、、、いいことばかりではなかったけどそれはそれで味わいがあったかな。

グランドホテルのすぐ近くに甘露水という湧き水が汲めるところがある。

美味しい水が飲み放題だったnote

いろいろ考え込んでしまうことが多かったこの頃だったけど少しリフレッシュできたような気がする。

夏、ダメージを受けた髪のケア

美容室でこのクレンジングソーダで洗ってもらったらとってもさっぱりした。

地肌がす~~っとするし髪も張りが出て元気になる。

通販でも購入出来ると知り3本まとめて買ってみた。

なんとなく地肌がむずむずする時とか髪に元気がないと感じた時利用するとがぜん効果があるgood

炭酸には洗浄効果があるみたいだし肌もしっとりするように思う。

某銭湯spaでは炭酸湯が人気のようだ。

天然 素材なら安心かなぁと思い髪を染めるときはヘナを利用している。

まずモクラン入りへナを塗る。

これだ塗ると薄緑の色しか付かない。

ハーブ入り ヘナをモクランを塗った後重ねる。

そうするとヘナだけの時より落ち着いたブラウンになるのだ。

これも 美容室で勧められたシャンプー。

癖毛が落ち着く効果があるようだ。

トリートメントは地肌につけないようにしている。

毛穴を塞ぎたくないから。

だんだん髪が細く張りが無くなる傾向があるけれどなるべくそのことに抵抗しながら元気な髪を保ちたいものだ。

誰もが寝たきりにはなりたくないですね!

この本の内容先日朝のTVで紹介していました。

下半身と上半身をバランス良く、簡単な体操で鍛えるというものでした。

ところどころ私が指導しているヨガの内容と重なる部分もありました。

ヨガは呼吸のことが加わるので更にいいと思いますnote

私の生徒さんの中に80歳を過ぎた方がいます。

家に居るとTVを見たり本を読んだりはしているそうなのですが体はほとんど動かさないとか、、、coldsweats01

でも頭脳活動をなさっているだけまだいいのかも知れません。

週1回のヨガは最低限の運動となっているのかな。

それでも娘さんと旅行をしたり札幌⇔東京間を一年に2~3回ほど行き来しているのは立派だsign01

やはりただ真面目に何かを続けるというだけではなくいいものに出会いそれを自分のものにすることが大事なのかなぁ。

一旦離れてもまた戻ってきてヨガをして札幌、東京間を自在に行き来する生活も素敵と思える。

やはりそういったこと寝たきりになってしまったら不可能だから私も頭がしっかりしてて足腰が丈夫なお年寄りを目指したいと思う。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

土曜日の午前中、ヨガに時間を使ってみませんか?

マリーゴールド

050721hana1

場所   手稲区民センター 3F すずらん または 2F すずらん

日時   毎週 土曜日 午前10時~11時30分

参加費  1回 1000円 入会金 2000円

cute土曜日午前中のサークルに関しての詳細はこちらのメールフォームから お問い合わせ下さい。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

1時間半耐えられるか?

ヨガには興味あるけれど体調を崩している人にとって最後まで付いていけるか?という不安あるのかも知れない。

体調が悪くなくても日頃の運動不足や体の硬さから二の足踏んでしまう人、多いのかなぁ。

現在定期的に来ていただいている方の中にもそういう壁を乗り越えて続けてもらえている人がいるのかも知れない。

もちろんそういう方々にはずっと続けていただきたい。

もっと欲を言えば始めるきっかけが掴めない人にももっとヨガに触れて欲しい。

一時間か一時間半の間でも疲れてしまわないか?途中で休めるんだろうか?という不安があるとしたらもちろん休んでも構わない。

特に弥生ホテルの女性の為のヨガクラスはそういった方にも参加してもらいたいと思って始めた。

具合が悪い→家でごろごろしてしまう→体力が落ちて体調も回復しないという悪循環、ありがちではないだろうか?

女性は特にある年齢に達すると難しい時期を迎える。

しかし子育てを終了すると自分の時間を沢山得られるという特権がある。

もちろん親の介護の問題等もあるけれど仕事や旅行、自分の趣味に時間を割くことも可能な時期だ。

その時期を元気に過ごせるかどうかでその後の人生も変わるように思う。

その意味でヨガ等に触れて元気を取り戻したいという意思があったら躊躇しないで参加して頂きたいなぁ。

Line1

なんとなく心に穴が開いたように感じて元気が出ない、不安感に襲われるという方にもヨガは効果があります!

私もそういった悩みを抱えたことがありました。

女性限定クラスも出来ましたので参加してみませんかsign02

cute弥生ヨガ教室の詳細


大きな地図で見る

①日時     毎週月曜日 午後2時~3時30分 (祭日はお休み)

           女性限定ですsign01

         参加費   1800

②日時     毎週金曜日 A 午前10:00~11:00

                  B  午前11:15~12:15

         参加費   1回500円

          男性も参加出来ますsign03       

tulip参加なさりたい方は直接弥生ホテル1Fのミーティングルーム入り口の受付のところに     いらして下さい。

 ヨガマットは一回100円でお貸しすることも出来ますが自宅にある方は持参して下さ 

 い。

ホテルさっぽろ弥生でのヨガ教室に関しての詳細はこちらのメールフォームから お問   い合わせ下さい。

ファイターズ優勝 キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!

ファイターズは今日試合は無かったけど2位のライオンズが負けて優勝が決まったsign03

この優勝はもちろん選手のお陰だけど栗山監督の人間性に起因していると思えた。

選手にどんな言葉を掛け、一試合ごとにどんなプランを立てるかが大きかったと思う。

選手にその気にさせる言葉を監督は知っていた。

厳しくもあり優しい人だ。

ベテラン、中堅、若手の選手それぞれが監督を信頼している。

いいなぁ~

中田君と吉川君の成長は著しかった。

そして北海道が一番になりましたという言葉も憎い。

選手と共にファンを乗せることも怠らない栗山監督は凄いsign03

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »