2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 北大の銀杏並木と紅葉 | トップページ | 帯広バスターミナルから然別湖まで行くと乗車賃が無料! -紅葉は終わったけど見所はありました♪ »

ダルビッシュがメジャーで学んだことは? -パワーを見せつけることでは無く力を抜くこと

先日NHKでダルビッシュのメジャーリーグ1年目の様子を伝えていた。

日本シリーズが前日で終わってしまい脱力感に襲われている時この番組を見た。

ダルビッシュは力勝負でも日本人がアメリカで通用するところを見せたかったようだ。

しかし結果としてストレートが打たれる確率が高かった。

監督やコーチから打たせて取る変化球中心の配球を求められるようになった。

本人は全然納得していなかったようだけれど。

コーチにいろいろフォームを治されるうちファーボールばかり出して何もかも上手く行かず逃げ出したいところまで追い詰められた時期もあったとか。

そんな時ある選手のフォームを見て驚いたそうだ。

肩に無駄な力が入ってなくて前足を下ろすときの足の着地が自分と全く違っていたそうだ。

指全体がマウンドに触っていて硬いマウンドと相反するような軟らかい体の使い方だ。

ダルビッシュはセットアップの時から肩が少し緊張し前足は外側だけが地面に接していたようだ。

土踏まず意外の場所が均等に地面に接するのと外側だけが接するのでは安定感が全く違うのは当然といえば当然だ。

特に拇指球を使わないと足の力が上半身に伝わらない。

大抵日本人投手がメジャーで苦労するのがこの硬いマウンドだ。

メジャーでも通用するように筋肉を付けパワーにばかり目を向けるとのは正反対のことにダルビッシュは気付いたsign03

やっぱり彼は只者じゃなかったshine

ダルビッシュは本当はコーチから細かいことあれこれ言われるのはストレスを感じていたに違いない。

でもファーボールを気にするなと言われたときに吹っ切れたようだ。

人の言うことに耳を傾けつつ自分の研究を怠らない彼は間違いなくメジャーで成長したんだと感じた。

日本からメジャーに挑戦する日本人プレイヤーはそういったことが出来るか出来ないかで向こうでやれるかどうかが決まるんだろうな。

それとダルビッシュがTVで明かしたことは本当なら自分の中に秘めていたほうが有利なことなのにと私は思った。

でも彼はそういうことを隠さない。

野球のレベルが全体に上がればもっと面白くなるぐらいに考えているのかな?

ファイターズがこういう選手を輩出したことは凄いことだと思う。

田中賢介選手もそういうレベルで向こうでやれることを祈りたい。

Shellbar8

【送料無料】栗の樹ファ-ム物語 [ 栗山英樹 ]

【送料無料】栗の樹ファ-ム物語 [ 栗山英樹 ]
価格:1,365円(税込、送料別)

« 北大の銀杏並木と紅葉 | トップページ | 帯広バスターミナルから然別湖まで行くと乗車賃が無料! -紅葉は終わったけど見所はありました♪ »

ファイターズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1051421/47751740

この記事へのトラックバック一覧です: ダルビッシュがメジャーで学んだことは? -パワーを見せつけることでは無く力を抜くこと:

« 北大の銀杏並木と紅葉 | トップページ | 帯広バスターミナルから然別湖まで行くと乗車賃が無料! -紅葉は終わったけど見所はありました♪ »