2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

情報と現代社会 -振り回されないためには

今の世の中いろんな情報で溢れかえっていますね。

TV,携帯、ネット等々、、、いかに早く正確な情報を得るか?を競い合っている感じもします。

またいろんな情報を流すことでわざと混乱させるむきもあります。

国同士もいかに自国に有利に事を進めるか情報戦が熾烈です。

学校のいじめ問題も携帯やネットを使ったものが多いようです。

厭な世の中になりました(ノω・、)

子供同士が取っ組み合いをせずにネチネチ誰かの悪口をネットpcで流すというようなことをしているとしたら本当に暗い世の中だと思います。

人が信じられなくなることほど悲しいことは無いです。

鬱病も増えているし便利すぎる世の中は体というものが何処かに追いやられてしまいました。

自殺者が増えているというのも不思議ではない気がします。

う~~んthink 暗いnewmoon、暗すぎるdown

ただ、ヨガなどをしているとですね、、、誰が何を言おうといいやヽ(´▽`)/ という開き直りが可能なのです。

ネットで悪口言われたら、そこを見なければいい。

人づてに間違った情報を流されていると知ったら真実は一つしか無いと動じなければいい。

もし友達が離れていったらそこまでの関係と思えばいい。

もしかして1人が平気だからそう言えるのかな?

でも上辺だけの付き合いしても空しいだけだしね。

こんなこと書くのは流石に思うところがあるからなんですが、、、心の平安を保つのは確かに難しいです。

でも自分に後ろめたいところが無い、人から悪く思われるとしたらそれはそれで放っておいて構わない、自分のやるべきことがあってそれに気持を注ぐことが出来る、、、そういった状況であればまだ大丈夫かなconfident

ヨガといいつつ結局体を動かすだけで思考の歪みは正されているんだろうか?

最近そんなことを考えてしまいます。

欲に振り回されたり良く思われたいと背伸びしたり感情的になったりしてないだろうか?

特に自分の感情をコントロールするのは難しいです。

自分にとって不利な情報に関して特にそうかも知れないです。

でも不利と思うこと自体が欲が消えてないからなんですよね。

もっとフラットで淡々とした自分を目指していきたいなぁ。

ヨガをやってきた身としてはそれは大きな課題でもあるのです。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

cute少しずつ春の兆しが感じられるようになってきましたnote

  冬の間の運動不足をヨガで解消しませんか?

  ヨガサークルの詳細はコチラから

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

冬の疲れ - ヨガ、食事、入浴で体のケアを!!

[グレープフルーツ] ブログ村キーワード

今年は何時になく冬の寒さが厳しい (´;ω;`)ウウ・・

このところ何年かは暖冬続きだったので日中でもマイナスの気温というのが体に堪えたように思う。

そして毎日のように降り続いた雪も負担だったようだ。

除雪作業の大変さや道の歩き難さ、交通機関busのダイヤの乱れなどが寒さと共に体にダメージを与える。

車の運転ももちろん夏とは比べ物にならないくらい神経を使うcar

除雪は体をしっかり使う良い機会と捉えることも出来るけれど度が過ぎれば腰痛や肩凝り、冷えを引き起こす。

生徒さんの中にもそういった症状を訴える人が多かったように思う。

もう2月半ば、、、後もう少しで春らしい日sunもやって来るだろう。

通勤に時間が掛かってヨガに間に合わない、除雪をしていてヨガに来れなかった、風邪がなかな治らないなどヨガに通うことも妨げられたりした方も多いだろう。

そんな中でもなんとか一冬を乗り切った方もいる。

最初知り合い同士で来ていても片方の方はお休みしてしまうというケースもある。

地道に続けている方は多分お家が近いんだろうなぁと勝手に思っていた。

でも実際はバスに乗って遠くから通ってくれていることを後から知った。

凄いなぁ。

冬のバスは時間も遅れがちだし待つことも多いだろうに、、、頭が下がる。

春を迎えてもまた冬は確実にやって来る。

冬の寒さを避けることは出来ない。

だったらやはり体を普段からケアしなくてはならなくなる。

ヨガで足腰、背骨を強くしなやかに、お腹を使う動作をして呼吸を深く、しっかり息を吐いてデトックス、、、そうすれば腰痛や肩凝りを予防しストレスを軽減出来、免疫力が上がるsign01

やはり寒い、暑い、忙しいを理由に体のケアを怠っては駄目ですねcoldsweats01

冬眠する訳にもいかないのでやはり冬をどうしたら快適に過ごせるか?を考えたいものだ。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

付けたしになるけれど昨日サークルを終えて家に戻るといきなりくしゃみ、鼻水、喉のいがいが感に襲われた ゚゚(´O`)°゚

夕食は出かける前に用意してあった大量の大根、ニンジンの千切りを使ったラムしゃぶsign01

その後にグレープフルーツの皮を浮かべたお風呂にゆっくり浸かった。

寝る前も鼻づまりと喉の違和感があった。

にも関わらず今朝はほとんど症状が消えていたsign03

大根、ニンジンのお陰かsign02 グレープフルーツの皮浴spaが良かったのかsign02

定かでは無いけれど何かが効いたと勝手に思っているcoldsweats01

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

cute少しずつ春の兆しが感じられるようになってきましたnote

  冬の間の運動不足をヨガで解消しませんか?

  ヨガサークルの詳細はコチラから

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

高梨沙羅選手、女子ジャンプ総合優勝おめでとう!! 

高梨沙羅選手、女子ジャンプで総合優勝が決まりましたねsign03

まだ16歳で小さな体なのに凄いなぁ。

スキーの板も身長に比例したものしか使えないから相当不利なはずなのにあっぱれとしか言いようがない。

お父さんもジャンプの選手だったということで小さな時から英才教育は受けていたようだ。

持って生まれた体の強さ、バランス感覚、精神面の安定に環境が備われば鬼に金棒なのかも知れない。

ジャンプって多分踏み切りで大方決まるからその時の瞬発力と集中力が無ければ上手くはいかないに違いない。

飛んだ後も体勢を維持するための体幹の強さが必要とされるだろう。

普段どんなトレーニングをしているのか興味あるなぁ~confident

昨日TVのインタビューで飛んでいる時はどんなことを考えているんですか?と聞かれていた。

特に何も考えていないとのことだった。

無心とまではいかないけれど考え事はしてないとのこと。

それだsign03 強さの秘密はそれだよねsign02

合宿の時転倒して脳震盪をおこし意識を失った。

札幌、宮の森シャンツェでは地元から大勢応援に来ていたにも関わらず風が舞って距離を伸ばせなかった。

先日優勝を決めた大会では直前にコーチが辞任することが分かった。

それもこれも普通なら不安材料になってフォームを崩してしまっても不思議は無い。

彼女の強さはそういったことがあっても動揺しないところだ。

飛ぶ時はほとんど何も考えないということが出来そうで出来ない難しいことだと分かる。

普通はそれが出来ないから安定して飛べないということになるんだろう。

野球のピッチャーも無心でど真ん中に投げた球は打たれないそうだ。

結局あれこれ考えすぎて置きに行った球が打たれてしまうそうだ。

ヨガも無心が大事という点では同じ。

欲から離れひたすら自分の体を観察しながら集中することが大事なのだけれどそれが難しい。

もっと綺麗なポーズが出来るようになりたい、調子の悪いところが早く良くなって欲しい、あの人より上手くできるようになりたい、、、などが頭の中を駆け巡ってはいないだろうか?

そういうことから離れることがまず第一歩なのだけれど、、、

高梨選手のジャンプに対する姿勢はとても学ぶことが多い。

そして道産子があのような快挙をやってのけたことがとても嬉しいnote

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

少しずつ春の兆しが感じられるようになってきましたnote

冬の間の運動不足をヨガで解消しませんか?

ヨガサークルの詳細はコチラから

清水飼育員による特別セミナー「ホッキョクグマ誕生の話」

Img_0439 

久々に世界の熊館のデナリを見ることができました。

ララ、キャンディの出産の為閉鎖されていたのです。

Img_0443

往復歩きしかしていませんでしたが迫力ありました~

Img_0442

ホッキョクグマ誕生の話の主役のうちの1頭デナリcoldsweats01

Img_0436

今日は円山動物園へシロクマ担当の飼育員さんのお話を聞きに出かけましたnote

先着100名ということで早めに行かなきゃと思いつつ向かったのですが到着は11時ぎりぎりでした( ̄○ ̄;)!

整理券がまだあるか聞いたところ整理券は必要ないですよと言われほっとしました。

清水飼育員のシロクマの出産にまつわるお話はとても興味深かったです。

ところどころにジョークを交え、たまにしら~~っとはなっていましたが楽しく聞くことが出来ましたヽ(´▽`)/

ララはベテランのお母さんなのでいろんな面でリードされて助けられたこと、またキャンディの出産に関しても詳しくお話してくれました。

特にキャンディに関するお話は未公開の部分もあってそうだったんだ~sign01と感動しました。

育児放棄ではなくキャンディなりに子供の世話を一生懸命しようとしていたということが分かりました。

ララに比べて産室の環境が整っていなかったことなども包み隠さずお話してくれました。

高齢で初産というハンディはあったもののもしかしてもっと環境が違っていれば今頃ララと同じ様に子育てしていた可能性もあったということですよねsign02

ララの今までの実績が素晴らしいことは誰もが認めるけれどキャンディにも光をあてようとしている清水飼育員の熱意が伝わってきました。

きっとそういう気持がキャンディに伝わりほっぺや手をペロペロされてるのに違いない(゚▽゚*)

キャンディは豊橋総合動植物公園から預かっているそうでその期限は今年の春までらしい。

でも、、、デナリとの間にまた赤ちゃんが生まれる可能性を信じ円山での滞在をもう少し伸ばして欲しいものですね。

ララの双子の赤ちゃん達の公開は3月半ばから4月初めの間らしいですsign03

楽しみですね~~ヽ(´▽`)/

糸井のこと

いろんな情報が飛び交う中、憶測でしか書けないけど糸井のことを書いてみようかな。

昨年シーズン後にポスティングの話題が出た。

sign02 ポスティングでメジャー行きたいの?とちょっと驚いたΣ(`0´*)

スポーツ紙に報道された時糸井はポスティングの意味分かってるの?アルバイトのポスティングじゃないよsign02とツイッターでも冗談を言う人がいたくらいだったから。

その後球団と年俸のことでモメだしてなかなかサインするまでに至らなかった。

年が明けてやっと折り合いが付いたというような報道のあった翌日に今回のトレード話が明らかになった。

私的には糸井はちょっと自分のこと買いかぶりすぎじゃないの?確かに昨年は数字的にもいいものを残してるけど勝負強さとか野球センスに関してはまだ一流とは言えないんじゃないのかい?と思っていた。

ハムは独自に選手を評価するシステムを開発しそれに従ってちゃんと評価したんだと思ったし。

身体能力に関しては目を見張るものがあるんだけど、、、

奥さんが結構がっちりしてたりして、、、とかいろいろ勘ぐってみたcoldsweats01

糸井自身がそこまで球団と対立して揉めるというのが不思議だったから。

奥様ごめんなさい m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン

トレードに関してはフロントが鬼と思う人もいるかも知れない。

ゴネまくった挙句1年後にどうしてもメジャーに行きたいという選手を使うより若手を育てる方向に軌道修正し、同時にショートのいい選手をゲットできるという方法があったのだからそちらを選択したことは冷静な判断だったのだと思う。

昨日ツイッター上で得た情報の中で糸井の代理人の後ろにある人物がいたというような記事があった。

それが具体的に誰なのかは明らかにされていないのだけれど糸井はやはりそういった人物に動かされてしまった気がしてならない。

確かに糸井はメジャーからも目をつけられておかしくない選手だとは思う。

でもFA前のポスティングというシステムは球団がOKしないと駄目だし糸井にどれだけの値がつくか?ということも問題だ。

糸井クラスの野手に関しては高額な値段は付かないとハムは踏んでいたと思う。

それに糸井が一軍に定着して貢献した年数はそれほど長くない。

4年に満たないのではないだろうか?

第一、糸井はピッチャーから転向したということがありまた怪我も多かったのにも関わらずハムが根気良く育てた選手だと思う。

本人もそのことは一番分かっているんじゃないだろうか、、、

天然キャラでファンからも愛された糸井。

プレーもどんどん良くなってきていたよね。

でもちょっと有頂天になって来ていたかな、、、

そんな中でこの人は信用していいか?というような用心深さが足りなかったのではないだろうか、、、

糸井のあり得ない軌道を描くライナー性のホームランとかレーザービームは素晴らしかった。

でもそれにプラスαが多分必要なんだよね、きっと。

そのことが身に付いたら近付いて来るいろんな人を見分ける能力も備わるんじゃないだろうか。

黒幕がいた、いない関係無く最終的には本人の責任なんだよね。

野球選手は個人事業主。

プレーも大事だけど自分の身の振り方をちゃんとコントロールできるということもその選手の能力かなぁと思う。

ダルビッシュとかイチローはやはりそれが出来てるものね。

どちらにしても糸井はもうハムの選手ではなくなってしまった。

オリックスで精一杯やってその後どんな道が開けるか模索して欲しいな。

陰ながら応援したいと思う。

ハムとの対戦の時以外だけどねヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

だるいのは多分悪いことじゃない

いろんな場面で体がだるくなることがある。

温泉に浸かった後、マッサージを受けた後、、、そしてヨガの後。

どれも血流が良くなったり、リラックスした後だ。

日頃の緊張が取れて普段溜め込んだ悪いものが体の奥から出てくるからだろう。

私はヘナで髪を染めた後にもそのような症状が出る。

ヘナにはデトックス効果がある。

体は出てきた毒素を分解して排出しなくてはならない。

肝臓や腎臓がフル回転しなくてはならないだろう。

解毒の為に体内酵素もいっぱい使う。

その他のことはまず置いといて解毒に集中する為にはだるいだるいと言いつつだらだらしていた方がいいのだろう。

いい温泉spaと言われるところに限って入浴後体がだるく眠くなってしまう。

それはちっとも悪いことではないのだろうと思う。

今日何時も教わっている先生のところ(瑜伽庵)でヨガをした。

本当は動物園、雪祭りも見て帰ろうかと思っていたけれどその気力は無かった。

みっちり呼吸のことをやりお腹を意識したものを中心としたメニューだった。

体はだるくなんとなく行動的にはなれなかった┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

以前ヨガの後体調の変化を大きく感じたのは3.11の震災後だった。

ショッキングな映像を見続けて緊張状態が続いていたのだろう。

ヨガから帰って暫くソファの上でゴロゴロしていた(;´д`)トホホ…

また以前生徒さんからヨガの翌日は体が動かないと相談されたこともあった。

それはやはり長年溜め込んだもの、例えばコップに沈んだ澱のようなものが勢い良くかき回された時のように浮かび上がってきたから、、、と説明させていただいた。

それはシャドウヨガのワークショップで先生が仰ったことでもあった。

ヨガの後体がだるくなったとしてそれはその人にヨガが合っていない訳ではなくちゃんとヨガをやった証と考えていいと思う。

特に春先はそういうことが多いのではないかなぁと思う。

ずっと緊張したまま自分の体の変調に気付かずに過ごすより、だるいなぁと感じることは正常な反応と思ったりする。

病気とは体からのSOSに気付かずに過ごしてしまった結果なのかも知れない。

それを未然に防ぐ為にもヨガっていいのかなぁと思う。

ファイターズの沖縄キャンプ -ガオラで堪能

昨日、今日とスカパーが無料で見れるのをいいことにファイターズの沖縄キャンプの様子を見ていた。

田中賢介、糸井が抜けた後誰がポジションを奪うかということがあるし、稲葉、中田、陽はWBCを控え早めに仕上げようという感じが伝わってきて熱気に溢れている。

大野は鶴岡、近藤に挟まれ必死でやらないと一軍で使ってもらえなくなるという危機感がありそうだ。

みんな気候がいいから気持良さそうに練習に励んでいる。

少人数に分かれてその選手に必要なことをみっちりやっている感じだ。

コアトレーニングもいろいろなバージョンがあり見ていて飽きなかった。

反動は使わず外からはそのきつさが分かりにくいけど実際やってみると大変そうなものが多かった。

イモムシのようにごろごろと転がったりうつ伏せでヨガのバッタのポーズに似たものをやったり腹筋は頭の後ろで手を組まず上に腕を伸ばしてやっていた。

回数は多くなくても効果の高いものを選んでやってるという感じだ。

中田君は開脚が素晴らしかったsign03

いい選手はやっぱり体が柔軟なんだよね。

キャッチャーは大きく足を開き転がされたボールを腰を落としたまま重心移動して拾っていた。

今ファイターズの選手がやっていることは基本中の基本なんだろうけどそういった地味な練習も本番があるからこそ熱が入るんだろうな。

いろんな練習を見ていてヨガのポーズに結びつくもの、普段私がやっていることと似たものも幾つかあった。

だからそのきつさが分かってしまうのだけれど。

ただヨガはそのことを誰かに見せたり、特別な舞台が待ってる訳じゃない。

他の人と競争もしないし何かタイトルをもらえるっていうこともない。

ヨガをやることで自分の体やこころのメンテナンスをしたり、ヨガを通して発見したことでちょっとずつ成長していくということくらいかな。

なんて地味な世界なんでしょうねcoldsweats01

だからこそモチベーションを保つのが難しいかな、、、

野球選手を見ていてちょっぴり羨ましく実際に沖縄に行ってみたいなぁという気持になってしまった。

彼らがどんな過酷な中でやっているか多分分かっていないからそう思えるのかも知れないけれど。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »