2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« だるいのは多分悪いことじゃない | トップページ | 清水飼育員による特別セミナー「ホッキョクグマ誕生の話」 »

糸井のこと

いろんな情報が飛び交う中、憶測でしか書けないけど糸井のことを書いてみようかな。

昨年シーズン後にポスティングの話題が出た。

sign02 ポスティングでメジャー行きたいの?とちょっと驚いたΣ(`0´*)

スポーツ紙に報道された時糸井はポスティングの意味分かってるの?アルバイトのポスティングじゃないよsign02とツイッターでも冗談を言う人がいたくらいだったから。

その後球団と年俸のことでモメだしてなかなかサインするまでに至らなかった。

年が明けてやっと折り合いが付いたというような報道のあった翌日に今回のトレード話が明らかになった。

私的には糸井はちょっと自分のこと買いかぶりすぎじゃないの?確かに昨年は数字的にもいいものを残してるけど勝負強さとか野球センスに関してはまだ一流とは言えないんじゃないのかい?と思っていた。

ハムは独自に選手を評価するシステムを開発しそれに従ってちゃんと評価したんだと思ったし。

身体能力に関しては目を見張るものがあるんだけど、、、

奥さんが結構がっちりしてたりして、、、とかいろいろ勘ぐってみたcoldsweats01

糸井自身がそこまで球団と対立して揉めるというのが不思議だったから。

奥様ごめんなさい m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン

トレードに関してはフロントが鬼と思う人もいるかも知れない。

ゴネまくった挙句1年後にどうしてもメジャーに行きたいという選手を使うより若手を育てる方向に軌道修正し、同時にショートのいい選手をゲットできるという方法があったのだからそちらを選択したことは冷静な判断だったのだと思う。

昨日ツイッター上で得た情報の中で糸井の代理人の後ろにある人物がいたというような記事があった。

それが具体的に誰なのかは明らかにされていないのだけれど糸井はやはりそういった人物に動かされてしまった気がしてならない。

確かに糸井はメジャーからも目をつけられておかしくない選手だとは思う。

でもFA前のポスティングというシステムは球団がOKしないと駄目だし糸井にどれだけの値がつくか?ということも問題だ。

糸井クラスの野手に関しては高額な値段は付かないとハムは踏んでいたと思う。

それに糸井が一軍に定着して貢献した年数はそれほど長くない。

4年に満たないのではないだろうか?

第一、糸井はピッチャーから転向したということがありまた怪我も多かったのにも関わらずハムが根気良く育てた選手だと思う。

本人もそのことは一番分かっているんじゃないだろうか、、、

天然キャラでファンからも愛された糸井。

プレーもどんどん良くなってきていたよね。

でもちょっと有頂天になって来ていたかな、、、

そんな中でこの人は信用していいか?というような用心深さが足りなかったのではないだろうか、、、

糸井のあり得ない軌道を描くライナー性のホームランとかレーザービームは素晴らしかった。

でもそれにプラスαが多分必要なんだよね、きっと。

そのことが身に付いたら近付いて来るいろんな人を見分ける能力も備わるんじゃないだろうか。

黒幕がいた、いない関係無く最終的には本人の責任なんだよね。

野球選手は個人事業主。

プレーも大事だけど自分の身の振り方をちゃんとコントロールできるということもその選手の能力かなぁと思う。

ダルビッシュとかイチローはやはりそれが出来てるものね。

どちらにしても糸井はもうハムの選手ではなくなってしまった。

オリックスで精一杯やってその後どんな道が開けるか模索して欲しいな。

陰ながら応援したいと思う。

ハムとの対戦の時以外だけどねヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

« だるいのは多分悪いことじゃない | トップページ | 清水飼育員による特別セミナー「ホッキョクグマ誕生の話」 »

ファイターズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« だるいのは多分悪いことじゃない | トップページ | 清水飼育員による特別セミナー「ホッキョクグマ誕生の話」 »