2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 情報と現代社会 -振り回されないためには | トップページ | 正しいやり方でヨガをやる為につい発してしまう言葉 »

体を動かすことがやはり一番! -お医者様も気付かれたようで、、、

ヨガ、ピラティス、エアロビクス、健康体操、、、要するにフィットネスsportsと呼ばれる部門に最近お医者様が多く絡んできているように感じます。

何気なくワイドショーなどを見ていると肩凝りや腰痛、膝通、成人病にこのようなエクササイズが有効ともっともらしく説明なさっているのは医師の場合が多いです。

もちろんそれだけのしっかりとしたデータbookを取ることが出来るのはやはり医師であり多くの患者さんに接することが出来るのも医師です。

学会などで医師同士の横の繋がりもあるでしょうし何より医師が説明するというだけで説得力があります。

病院hospitalにスポーツクラブと同じ様な、いえそれ以上に立派な設備を備え、医師自らがインストラクターとなって指導している病院もあるようです。

ピラティスの指導をする医師というのも存在するようですし。

凄いですね。

結局対処療法では限界があると気付いた結果と思います。

痛み止めの薬を処方することや手術、関節に注射を打つといったことよりも適切に体を動かすほうが良い結果が得られるという証なんだと思っています。

しかしながらTVなどで紹介されるものはヨガや健康体操などでも普通にやっている内容だったりします。

肩凝りには肩回しが良いんですよsign03ともっともらしく説明されてもですね、、、そいったことはラジオ体操でも昔からやってましたし、、、

確かに私達の立場のような者にはせいぜい自分の生徒さんからの感想くらいしかデータはありませんよ (;´д`)トホホ…

でも何かしら良いことがあるからこそ長年ヨガなどを続けてくれている訳です。

何か違和感というか自分達が地道にやってきたところにポッと入って来た感じがしてしまうのです。

こういうのをやっかみと言うのでしょうかcoldsweats01

何が言いたいかと言うと体の変調を感じてからではなく近くに健康体操でもヨガでも良いので講座なりサークルがあったら参加してみて下さいということです。

TVなどでこれをやって下さい!ということが何かしら入ってるはずです。

私が組んでいるメニューですとほぼカバーしていると自負していますscissors

ヨガは呼吸法も含まれるので更にポイントが高いupと思われます。

更に私が最近考えているのは空きスペースの有効利用です。

お医者様を気軽にサークルには呼ぶことは出来ませんがフィットネス関連のインストラクターは仕事をしたい人がたくさんいると思います。

資格があっても活躍の場がなかなか無いのです。

そこに病院まで進出してくると尚更ですbearing

マンションの集会室ですとか会社の会議室が空いていたら希望者をつのってサークルを立ち上げるというのも一つの方法です。

公共の施設でもやはり使用料というのは馬鹿になりません。

マンションであれば住人が代表になり部外者からは場所代をいくらか徴収してもいいですよね。

会社であれば福利厚生目的で会社の許可を得れば良いですよね。

まず近くで出来ることと参加費を安く抑えることで通い易くするというのが大事と思います。

いきなりサークルではなくてもインストラクターに単発で来てもらってお試ししてからでもいいのです。

サークルを立ち上げたら最初のメンバーだけで閉鎖的にならず知り合いとか近所の方を受け入れるオープンな雰囲気も継続させる秘訣ですね。

最初はちょっとしたエネルギーが必要ではありますが健康のためだけでなくお友達ができたりという副産物もあります。

もっと気軽に体を動かしたいなぁと思っている方sign01空きスペース、やる気のあるインストラクターを活用してみませんかsign02

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

cute少しずつ春の兆しが感じられるようになってきましたnote

  冬の間の運動不足をヨガで解消しませんか?

  ヨガサークルの詳細はコチラから

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

« 情報と現代社会 -振り回されないためには | トップページ | 正しいやり方でヨガをやる為につい発してしまう言葉 »

ヨガサークル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 情報と現代社会 -振り回されないためには | トップページ | 正しいやり方でヨガをやる為につい発してしまう言葉 »