2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« ツインズはまたひとまわり大きくなっていた!そしてデナリ、キャンディのその後は!? | トップページ | 見たいのはいいプレー -風船とかは要らない »

裸足ランニング&昔の運動会の足袋

先日、おはよう日本(NHK)ではだしランニングのことを放送していました。

踵着地でランニングをすると衝撃が膝や股関節にダイレクトに伝わる為足指の付け根あたりで着地すると良いという内容でした。

その走り方はアフリカ出身のマラソンランナーが身につけているものだそうです。

彼らは幼い頃からはだしでしかも起伏のある山道を走るのです。

遠くの学校まで走って通学するのでその走り方が自然に身に付くのだそうです。

自然に足が痛くならない走り方を体が覚えるんですねgood

踵が後から着地することでアキレス腱が伸び縮みすることも良いらしいです。

実験によるとアキレス腱が刺激されると脳の働きも良くなるとかsign02

最近では日本でもはだしでランニングしている人がいるそうですsign01

はだしでは怪我の心配もあるので走りやすい地下足袋も開発されているようです。

私のヨガの経験からすると足指の近くでの着地には足の甲の弾力性とか土踏まずのアーチがしっかりしていることが必要かなぁと思います。

踵の上げ下げなどのトレーニングもした方が良いのでは?と思います。

先日ヨガサークルではだしランニングのお話から昔の運動会の話題になりました。

昔は運動会で足袋履いたよね?という一言からその話題に!

60代では履いたという人と知らないという人に分かれました。

70代でも履いたという人とはだしで走ったという人に分かれました(^-^;

50代ではリレーの選手になると足袋を買ってもらえたという方もいました。

50代では履いた履かない関係なく足袋のことは知っていました。

40代は知らないという人が多かったかな、、、coldsweats01

年齢だけでなく地域によっても違っていたようですね。

いろいろリサーチしてみて楽しかったです。

兎に角靴よりも足袋の方が早く走れるということが昔の人は知っていたようです。

脱げる心配も無いですしね!

その後いいランニングシューズは開発されたようですがまた裸足、あるいは地下足袋に戻るということは足の繊細な動きがどうしても靴によって阻害されてしまうということなのかも知れませんね。

« ツインズはまたひとまわり大きくなっていた!そしてデナリ、キャンディのその後は!? | トップページ | 見たいのはいいプレー -風船とかは要らない »

ヨガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ツインズはまたひとまわり大きくなっていた!そしてデナリ、キャンディのその後は!? | トップページ | 見たいのはいいプレー -風船とかは要らない »