2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

ポロロ、マルルが遠くに行ってしまう(。>0<。)

Img_0483_2

ポロロ、マルルの移動が決まったそうですweep

ポロロは徳島、マルルは熊本だそうです。

単純に考えて雪が滅多に降らない夏の暑さが厳しいところへの移動ということなので心配です。

お披露目の時にも雪があったし今も狭い展示場ではあるけれど雪があるお蔭か楽しそうに過ごしていますsnow

つよし、ピリカ、イコロ、アイラならなんとか見に行くことの出来る距離ですtrain

四国、九州は遠いなぁthink

でも、、、決まったことはどうすることもできません(ノω・、)

きっと受け入れ先の動物園で2頭共逞しく生きて行ってくれるとは想像します。

その裏付けはララ母さんに愛情深く育てられたということがあるからです。

仲の良い双子ではあったけどお互い切磋琢磨し、母からもちゃんと躾けられています。

多分強く生きる素質を一年間で身に付けたことでしょう。

本当なら2歳まではララの元で、雪が降る地域に移動して欲しい、最初は2頭一緒で等そうなって欲しいということはいろいろあります。

そういったことが叶わないのは残念ではあるけれど、今は無事移動できることと移動先で健康に過ごせますようにと祈ることしか出来ないです。

黙々と淡々と、、、しかし遠藤選手のように熱い気持ちで

NHK、プロフェッショナルでサッカーの遠藤選手のことを取り上げていました。

最近Jリーグはあまり見ておらずワールドカップ予選でちらりと彼のこと見ていました。

プロフェッショナルで取り上げられた時だけ注目するというのもどうかと思いますが元ファイターズの鶴岡選手と共通でガ〇ャピン顔の彼のことは気になっていましたΣ(;・∀・)

遠藤選手は特別足が速いわけでもフィジカル面で強いということもないそうです。

ちょっと猫背でワールドカップ代表の中でも年長者の部類に入ると思います。

パッと見さほど目立つ感じもありません。

sign02 でも髪が長くバンドで止めているヘアスタイルは特徴的ですねcoldsweats01

彼のどんな時でも冷静さを失わないでいることが出来る、自分のやるべきことをこなしていく姿に共感しました。

練習の時他の選手が休んでいても芝生の上でコアトレーニングをしていたりみんなが帰った後も黙々と走るというように、自分に足りないものを補うことに手を抜かない感じでした。

フィジカル的にはそんなに強くないということを自覚しているんですね。

そして年齢的なハンディも考えているのだと思います。

また彼の強みは正確なパスを出せるということとPKの精度なので相当離れたところに置いたサッカーボールを目標にボールを何度も蹴るという練習をしていました。

インサイドとアウトサイド両方で蹴る練習をしどちらもボールを浮かせず転がすように蹴っていました。

やっている事は相当地味なことばかりです。

でも日本代表で本田にPKを譲らないのは遠藤くらいではないでしょうか?

普段やるべきことをやっているから自信があるんですよね。

サッカーをやるうえでボールsoccerを蹴るということがいかに大事なことなのかを知りました。

そしてガンバ大阪はJ2に落ちていたのですねcoldsweats02

日本代表であるとともにガンバ大阪の主力選手でもある彼はチームの為に全力で闘っていました。

どんなステージでも同じように力を注ぐ姿かっこ良かったですshine

日々の生活で新鮮さが足りない、なんとなく壁にぶつかっている、足踏み状態あるいは後退している気がする、、、ということありませんか?

実際私が最近そういう気がしていました。

でもそれって言い訳なのかも知れません。

なら、やるべき事はやっているのか?周りのことを考えているのか?逃げ道を探してないだろうか?

遠藤選手のようにこつこつと地道に、しかし熱く生きていきたいものです。

そういえばヨガも同じです。

ヨガブームは去りましたthink ホットヨガもかなり減ったそうです。

フィットネス自体が厳しい環境です。

でも他では得られないものがヨガにはありますnote

それを信じて進むしかないですね。

そんな意味でも遠藤選手から学ぶこと多かったです。

力をもらいましたsign03

ミルク&チーズフェア -最後の3年ものがぁ、、、

東急デパートで行っているミルク&チーズフェアに行ってきました。

いろいろ試食させてもらえるのがいいですねnote

先日北海道ホテルで買ったクリーミィーなチーズがあるか見に行ったらありました、ありましたぁ~(◎´∀`)ノ

十勝の更別で作っているチーズです。

2週間ほど寝かせるとまろやかな味に変るというのでまだ食べてません。

それ以外にはらんらんファームのハーブ入りチーズ、更別のウオッシュタイプチーズというのを購入しました。

どちらも美味しかったです( ̄ー+ ̄)

チーズに関する知識はあまりないけど試食すると好みの味かどうかは分かります。

別のお店でもいろいろ試食しまくり3年もののナチュラルチーズが美味しいと思いました。

隣にも私と一緒に試食していたおばさまがそれ3個下さいsign03とショーケースの3年ものを全てご購入w(゚o゚)w

一個500円くらいだったから通常だともっとお高いものでしょうね、、、

お店の人にまだ残ってますか?と聞いたら在庫は無いとのこと。

多分私だったら3個のうち1個は譲ったかな、、、coldsweats01

まぁ、、、そのチーズとは縁が無かったと思うことにしましょうか。

更別、広尾、大樹、池田、幕別、清水等十勝のチーズがいっぱいありました(゚▽゚*)

札幌ではなかなか買えないものでもあるのでこういうチャンスがあるのは嬉しいです。

いろいろ質問して的確に答えてくれる店員さんのこともありますがその時だけの助っ人なのか戸惑っている店員さんもいました。

機内食に採用されているとか賞を取ったというようなことはそんなに重要ではないのです。

どういう特徴があって原料にどんなこだわりがあるのかを知りたいんです。

まぁこちらも知識がないのですが無いからこそちゃんと答えられる人がいて欲しいです。

チーズはそんなに安価なものではないので購入したものは小出しにして味わおうと思ってますconfident

モール温泉から行き着いたところは、、、

モール温泉のことをいろいろ調べていた。

モール成分が生まれる為には堆積した植物が完全に分解していない腐稙した状態になっていることが条件のようだ。

炭化せず泥炭のような状態になっていることが必要らしい。

そうなると十勝の地質のことが気になりだした。

今の十勝三俣あたりは火山が大爆発してカルデラ湖となりその後湖は無くなり今は白樺等が自生しているようだ。

また恵庭岳が爆発した時に火山灰が十勝にまで飛んできて暫く砂漠化してしまった事もあったとか。

ナウマン象が生息していた温暖な時期があり、隕石のせいで氷河期になったこともあったようだ。

また足寄で発掘された恐竜、アショロアの骨から推測してそれは海の中の動物ということが分かっている。

北海道は歴史が浅いと良く言われるけれどとんでもない。

今陸地になっているところが海だったり、普通の林が湖だった、ナウマン象が群れで暮らした時代があれば、氷河に陸を削られ日高山脈が出来た等といったことも起きていた。

ドラマチック過ぎるgawk

そんな事を調べていて高校の時の地学の先生が気になってきた。

今はどうしてるのだろう?

そういえば十勝の地形の変遷をレポートで出すという宿題を出された記憶がある。

その頃はそういうことにあまり興味が湧かなかったcoldsweats01

ネットでその先生のことを調べると十勝の虫類でナウマン象の化石が発掘された時に随分と力を注いだようでその後札幌教育大の助手を経て今は名誉教授になっていたw(゚o゚)w

熱心な先生だったという印象がある。

地学という教科は地味な印象があったけれど本当は奥が深くロマン溢れる教科だったんだなぁ。

恐竜やナウマン象の化石も気になるけれど私はモール泉に含まれる成分が気になっている。

太古の植物に含まれていたミネラル成分は多分現代の食べ物には不足しているものが多いんだろうな、、、

やはり十勝には面白いものがてんこ盛りではないだろうか、、、

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

downwardright私が地学を教わった先生の本ですよ~

阪神大震災のその後 -孤立してしまったお年寄り

先日、阪神大震災で自宅を失い仮設住宅で生活しその後市が用意した集合住宅に入居した方達のことをTVでやってました。

入居する時お年寄りを優先した為現在は更に高齢化が進んでいます。

建物自体は立派な建物でした。

しかしいろんな地区から集まってきた方々なのでなかなか近所付き合いをするまでには至らず孤立してしまっているようでした。

ほとんど誰ともお話せずに一日が過ぎてしまうとか、、、、寂しいですね。

結局箱ものは用意したけれどそこにコミュニティーは生まれなかったのは残念ですねthink

でもこれって震災の後に限らず都会のマンションにもありがちではないでしょうか?

経済的なこと、見知らぬ土地に来たこと、震災による精神的なダメージ、、、何をする気力も生まれて来なかったということはあるかも知れませんが、、、

その住宅の中に集会室はあるのでしょうね。

何かを習いに出かけるのが大変なら体操でも手芸でもサークルを作るという発想は無かったのでしょうか?

住人にそのことが負担だったらそういったことを後押しする市やボランティアの力は働かなかったんでしょうか、、、

手芸が得意なおばあちゃんがTVに映っていました。

自室で一人で作るよりも誰かと一緒に作る方が絶対楽しいはずだけど。

何かもどかしくもっと人と繋がる方法は無いのかと思いました。

外側からだけ見てそんな風に言うのは簡単なのかも知れませんが。

どんなに歳を取っても外に出て行ける人とそうではない人がいるというのは現実のようです。

それはお金の問題ではなく本人の気持ちしだいですよね。

周りからお膳立てしてもらうことだけではなく何かに興味を持ち仲間を探すという積極的な姿勢が欲しいです。

もちろんきっかけを作ってあげることは必要ですよね。

高齢化が進む日本、お年寄りの孤立は何処にでも起きる事ですね。

集会室でお茶を飲むでも全然OKだし、一歩進んで趣味のサークルを作る、体操をみんなでやる等でも友達は出来るはず。

将来的にそういうことを後押しできたらいいなぁと思います。

一棟のマンションだけでなく近隣のマンションの住人が集会室を利用して好きなことや運動をするというのは空きスペースの有効利用にもなります。

人集め、代表者を決める、先生を探す等面倒そうと思うかも知れません。

でもやってみれば事はスムーズに運ぶ場合もあります。

何より近場で無料か低料金、毎週予約する必要がないスペースがあるというのが強みですから。

習い事は自分には無理と決めずハードルを下げて考えてみてはどうでしょう?

介護施設のお世話にはならず自立した生活を送れている方にはそういった方法がベストと思うのですが、、、

そのためにはやはり自ら動くということが前提ですね。

いつまでも自立心を養うこと、人として大切なことではないかと思います。

十勝の優れもの

 

実家が十勝の幕別なので時々帰省している。

札幌に住んでいることで地元に居た時よりも十勝のものが気になるようになっている気がする。

最近はモール温泉spaがいいなぁと思っている。

実家から近い幕別温泉パークホテル悠々館は時々連れて行ってもらっている。

先日行った時、踵がかさかさしていて気になっていたのがかなりつるつるした感じになった。

そのことがあって札幌に戻る日に北海道ホテルに寄ってモール温泉成分の入った化粧水とハンドクリームをゲットしたscissors

通販でもこちらから購入できる。

温泉には入れないけどこれらを利用すればこの冬を乗り切れる気がする~coldsweats01

後、ますやパン(麦音)にも寄りいろんなパンを購入。

長いもの入ったバケット、かぼちゃや豆類を使ったパン等。

小麦やその他の農産物を地元で調達できるのが美味しさに繋がっているんだろうなぁ。

ますやパンは子供の頃から食べていて昔はクリームパンが好きだった。

十勝に帰っていつも思うのは爽やかな青空sunが広がって気持ちいいということだ。

あちらこちらにソーラーの設備が目についた。

日本海側の札幌の冬はいつもどんよりcloud

青空が見えないと気持ちも沈みがちだthink

最後にもう一つ紹介したいところがある。

実家でやっているクライミングジム!

去年の夏、規模を大きくしたそう。

道東では唯一らしいのでいろんな方が訪れてくれているそうだ。

こちらのHPを参考に。

歳を取ると生まれ故郷がだんだん良くなるというけれど私もその法則どおりの心境になってきている気がする。

折を見てこれからも十勝に足を運びたいと思う。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

本格的な寒さがやってきた~ 

6日からほとんどの方はお勤めが始まったようですね。

私も次男を起こす為5時起きでした(;´Д`A ```

送り出した後時間に余裕が出来たので足首回し等をやってみました。

50回、回したら反対回しも。

午後からのレッスンに備える為もあってやったのですが足がポカポカしてきてびっくりsign01

朝は部屋が暖まっていなくて床も冷たいです。

必ず厚めの靴下を履くのですが足がひんやりしています。

体をほぐすだけでなく足がこんなに温まるとは?と思いました。

踵上げとかアキレス腱伸ばしもいいけれどやはり関節を回す効果は絶大のようです。

寒いと血行が悪くなりいろいろとトラブルも起きてきますね。

足首回しで全て解決はしないのでやはり時間をかけてヨガをやる必要が出てきます。

昨日の弥生ホテルでの女性クラスには金曜日の生徒さんも参加してくれました。

今週の金曜日は私の都合でお休みになってしまうので来てくれたようですnote

お正月ご馳走を沢山食べた方もヨガで背中の凝りを解消したいですね。

サークル、教室の詳細はこちらを参考にsign01

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

horse今週は私用でサークル、教室がお休みになる日があります。

スケジュールの確認はこちらからお願いします。

茶碗蒸しマスターしたはずが、、、舞茸くんの反乱

もうお正月気分も抜けつつあるのですが銀杏を使わずにいたことに気付きました。

茶碗蒸しは2回作ってほぼ成功したのでマスターした気になっていました。

銀杏がいつまでも放置されるのは良くないと思いお正月3回目の茶碗蒸し作りに挑戦することにしました。

他の具材はかまぼこ、なると、舞茸と冷蔵庫の残り物です。

三つ葉もしいたけも鶏肉もありませんでしたcoldsweats01

卵の裏ごしとか出汁取りはちゃんとやりました。

汁ものの代わりになればいいというぐらいのつもりで作ったのです。

時間もタイマーで測って出来上がりを食べてみると表面だけ固まっていてその下が固まっていませんでした。

あれsign02 蒸し足りないのか?と思い3分ばかり追加して蒸してみました。

だがしかしちっとも固まってない、、、、bearing

出汁の量が多かった? みりん入れたから? 舞茸から水分出た?いろいろ考えましたthink

はっきりした原因が分からないのでネットでしらべるとなるほど舞茸が卵のタンパク質を壊す作用があるとのことでした。 詳しくはこちら

あ~~~そうなんだ。 シイタケなら問題ないけど舞茸は茶碗蒸しには使えないのね~

一つ勉強になりました。

長年主婦やってて今気づいたのは遅いのかな、、、

文字通り茶碗蒸しは汁ものに変貌してしまいました(lll゚Д゚)

でも子供達が来た時こういう失敗しなくて良かったcoldsweats01

具材で最初は栗、2回目はユリ根、3回目は銀杏だったけれどそれぞれ特徴があって良かった。

子供には栗が喜ばれそうだし大人にはユリ根とか銀杏が好まれそう。

銀杏はちょっと癖があるから好き好きかな~

下ごしらえもかなり手間暇掛かります。

殻ごと炒ってそれをペンチで割り皮を剥くというのは時間が無いと無理ですね。

今年は卵料理に拘ったから最後までいろんな収穫がありましたconfident

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

お節料理

2014年を迎えました。

本年も宜しくお願いします。

今年はお節料理どうしようかなぁ~と思いつつとりあえずうま煮、糠ニシンのマリネ、タケノコと豚バラ肉の煮ものなどは作りました。

昆布巻き、黒豆は毎年頂くので助かっています。

厚岸漁協から毛ガニ、タコ足を調達し後は卵料理を頑張ってみようかな?と思ってました。

元旦に長男夫婦が来るはずがアクシデント(飲み過ぎによる体調不良)等がありキャンセルとなりましたcoldsweats02

伊達巻、茶碗蒸しにチャレンジしようと思っていた私は元旦はなんとなくぶっつけ本番で大丈夫か?という不安がありました。

一日来客の日にちが伸びたことで練習の日にすることにしました。

伊達巻はフードプロセッサーがあれば思いのほか簡単だったけど出来あがりはぱさつきがあって課題が残りました。

茶碗蒸しは少し柔らかめでつゆが分離してしまっていましたthink

そんなこんなを踏まえつつ今日もう一度伊達巻、茶碗蒸しにチャレンジした結果はまぁまぁ上出来だったかな~

伊達巻は卵の量を少し増やしかくはんの時間を長めにしました。

茶碗蒸しも卵の割合を若干大目にしたら丁度良い硬さになったみたい。

具も甘栗よりユリ根の方が美味しいと思いました。

去年は次男の会社から頂いたお節のセットがあってかなり楽をしたけれど今年は今年で良かったかも知れません。

やはり手作りのものがある方がいいです。

厚岸漁協の毛ガニ、タコも美味しかったnote

それとワインは宝水ワイナリーの白ワインにしましたsign01

長男は酸味が強すぎるとの感想でしたが他の家族は美味しいという意見でまとまりましたscissors

3対1なので美味しいワインということでいいんじゃないでしょうかcoldsweats01

冷蔵庫の中にはうま煮、昆布巻き、黒豆等がまだ残っています。

そろそろ体動かさないとまずいかも~\(;゚∇゚)/

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚.。。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚.

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »