2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

ヨガを知ってもらう -そしてそれに付随するもの

難しいです。

ヨガのこと分かってもらうのは、、、、

私自身ヨガになっているのか?自問自答しながらやっているわけですし、、、

そもそもヨガに何を求めて来ているのか?人によって全く違うのでしょうね。

感想を聞いた時面白かったと答えてくれる方ははまる可能性が高いですcoldsweats01

やっていることは地味ですし内側に向かうことが多いです。

それでも普段やってないことが多いのでこれは何?と思う人もいるでしょうしこれがヨガなの?と思う人もいるでしょう。

ただ雑誌などの綺麗なポーズを頭の中で描いていていた方にとってはこんなはずじゃ、、、

と思うのかも知れません。

基本はそんなに派手なものではなく足首回しなどから始まるのです。

でもそれを飛ばして美しいポーズに行くことはできません。

そもそも華麗に見えるポーズを本当にやる必要があるのか?といいう疑問もあったりするのです。

とにかく準備無しには前に進めません。

また、その会場がただ単にヨガをやるだけのスペースではなくメンバーの雰囲気というものもあります。

私と生徒さんの繋がり、生徒さん同士の繋がりもあります。

ヨガという奥の深いものと出会い、ヨガの良さを知った仲間の輪に入るというのは重いな~と感じる場合もあるのでしょうか、、、

でも最初はみんなそこからのスタートです。

そして1回のヨガではその奥深さを知るのは難しいと思います。

また気心が知れた人同士の会話を聞いて話題に付いていけないと感じるかも知れません。

ヨガを続けてきている方は大抵マイペースで仲間という感覚はあっても変なしがらみは無いのが良いところと思っています。

何が言いたいのかというと1回のヨガの体験では分からないことが多いしそこのサークルに馴染めるか心配というのは取り越し苦労に過ぎないということです。

私自身人見知りで逆の立場ならどこにでも入っていけるタイプではありません(;´Д`A ```

大事なのはヨガを続けるということでありそれに付随するものも受け入れることでしょうか。

付随するものは邪魔なものではなくヨガと同じくらいその人を豊かにしてくれる物かもしれません。

1回の無料体験で終わってしまうのは少し寂しい感じがしています。

いろんなヨガを体験して回ることは上辺だけしか見れないですし得るものは少ないです。

体験してどちらを選ぶかはその方の自由ですが自分に合う合わないを早急に決めることはないですよね。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

cherryblossom私の担当サークルの詳細はこちらから。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村

大ベテラン稲葉さんにアドバイスする大谷君、恐るべし∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

昨日の朝のニュース番組、イチオシモーニングで稲葉選手がインタビューに答えていた。

今年は春に膝の手術をし、走り始めと走り終わる時にはまだ痛みが出るとのこと。

現役選手としてまたやれるのか不安に思った時期があったそうだ。

現在はDHやピンチヒッターとして出場している。

特に代打で出る時の難しさを語っていた。

今までにそういった経験がないかららしい。

そのことで悩んでいる時、親子ほど歳の離れた大谷君に「難しいことを難しく考えるから駄目なんですよ」と言われたそうだ。

大谷君も打者で出る時はDHやピンチヒッターがほとんどだ。

その言葉で稲葉さんも目が覚めたようだ。

最近はHRupbaseballも飛び出すほど以前の稲葉さんに戻りつつある(*゚▽゚)ノ

稲葉ジャンプsweat01からの稲葉さんの活躍は球場の雰囲気を盛り上げるには最高の効果を生み出すnotes

何より私が感心したのは大谷君の物怖じしない発言だsign03

大ベテランが悩んでいるときプロ2年目の選手が駄目出しとも言えるアドバイスを普通できるだろうかsign02

それは多分自分が2刀流という誰もやっていないことにチャレンジしているからかも知れない。

ファイターズに来たきっかけはもしかして2刀流は難しそうだけど面白そうという発想からかも。

一般的には不可能と思われることをやってみたいと思える頭の柔らかさは素晴らしいな。

私も最近どういう考え方をするのか?ということに興味がある。

ネガティブな考え方ほどその人を駄目にするものはないのでは?と思うようになった。

誰もやっていない2刀流は想像を絶するくらい大変なことなんだろうけど、そのことをシンプルに捉えられるセンスが大谷君には備わっているんだろうな~

大谷君にとってファイターズは一つのステップなんだろうと思って見ていたけど周りの選手を刺激しファンを楽しませてくれている。

今やれる精一杯のことを彼はやって良いエネルギーをみんなに与えてくれているのだsign01

考え方で自分をコントロールする術を得ている20歳恐るべしsign03アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

ネコライオン - 岩合さんはステキなおじ様でした~(゚▽゚*)

三越のネコライオンの写真展見てきましたnote

NHKのBS、世界猫歩きで有名な岩合さんの写真展です。

ネコとライオンの共通した習性を、写真を横に並べて比較できるようになっていますcat

大きなパネルになった写真は迫力があって猫はノラさんが多いせいか生き生きとしてます。

もちろん野生のライオンもかなりワイルドな内容で見応えありました。

同じネコ科だからやることが似てます。

ネコは人間に寄り添って生きてはいるけどノラ猫はそれなりに生きるのに大変そう。

ライオンの狩りをする姿はそれを超えたものでもっと必死な姿でした。

そして今日は岩合さんのトークショーkaraokeのある日でしたsign03

台風の影響typhoonを心配しましたが岩合さんは津軽のロケ地から無事札幌に到着していました。

岩合さんはかなりがっちりした体形で外で仕事していると思われるけど肌つやが良くステキな雰囲気を漂わせていましたshine

ネコライオンという企画がどうやって誕生したか?などの裏話などもしてくれましたhappy01

後は写真展の写真を猫とライオン両方並べて解説してくれました。

ある猫は一年間外暮らしをした後戻ってきたのだけれど子連れで戻ったとか。

しかもその猫はオス( ̄◆ ̄;)

戻った後は敷地から一歩も出なくなったとか。

きっと悟りを開いたんでしょうとのことでした(゚▽゚*)

またオスライオンがヌーをしとめている写真はハイエナが襲った後横取りしたそうです。

後から来た観光客は少し離れて見ているハイエナをおこぼれをもらおうとして厭ね~と言っていたけど本当は逆だったそうですcoldsweats01

30分間の間ずっと立ったままだったけど面白いお話をいろいろ聞けました。

岩合さんはそれなりの年齢かと思われるけれどとても若々しく動物に対する愛情が深い方だと思いました。

ライオンがシマウマを襲うとき最初はライオン目線で写真を撮るけれどシマウマにライオンの手が掛かった時痛いsign03と思うそうです。

その瞬間からシマウマの立場に立ってしまうとか、、、

そういう繊細な神経を持ってるから良い写真が撮れるのでしょうねcamera

リップサービスかも知れないけれど北海道の猫の写真も撮ってみたいとか。

プロデューサーに相談してみると言っていたので実現するかもですsign01

素晴らしい写真を撮っていても企画の面白さ、TV関係者との繋がりが無ければ岩合さんはメジャーにはならなかったかも。

岩合さんの人間性がそれらのことをクリアできてしまう要因かも知れません。

入場する時すぐ側で岩合さんを拝見したけどやはりオーラがありましたshine

自分の好きなことを続けてきた方の純粋さを感じましたconfident

Line21

家ヨガを続けるためには -早起き&情報源になるもののスイッチを入れない

家でヨガをやるのは難しい。

一つのことを続けるのは難しい。

ずっとそう思っていた。

しかし偶然続けることは簡単というフレーズを目にした。

自分に必要と思ったことに関してはそうらしい。

というか、、、いつからかこつこつ続けることは困難という思い込みをするようになった。

しかしそうなのか?

それは思考がそう仕向けるだけで例えば15分自分に必要なことをやるといったことは実は難しくない。

私の場合は情報が入ってくることが邪魔になっていた。

家にはTV、PC,携帯と情報源になるものが揃っているヾ(;´Д`A

ついそれらのスイッチを入れいつの間にか時間が過ぎる。

世の中で起きているいろんなこと、いいことも悪いことも容赦なく入ってくる。

自分の興味のあることや好きなブログをPCで覗く。

それはそれで楽しいことだけれど。

多分私だけでなくそういったことに時間を割いている人は少なくないだろう。

でも本当はもっと大事なことがあるはず。

朝起きてまずそういったもののスイッチを入れないことにしたng

何しようかな? あ?そうかヨガだねcoldsweats01 という習慣が出来つつあるかな。

そんなに長い時間じゃないけどその日によって多少内容を変えてやっている。

小さな子供がいるわけでもないし狭いながらもヨガのスペースは作ることができる。

今思えば遅いよね。

続けることは簡単というフレーズにもっと早く出会いたかった。

自分勝手な思考ほどやっかいなものは無い。

家ではやりたくない、面倒、集中できない、家事があるから無理、、、いろんな理由を掲げることができた。

とにかくやればいいんだよ! と自分に言い聞かせてみると本当にやるのは簡単。

家族より早起きするということといろんなスイッチを入れさえしなければ自分の時間を作ることができる。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

cherryblossom私の担当サークルの詳細はこちらから。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »