2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 冬間近の円山 | トップページ | 柿渋に凝ってます - 石鹸&染物 »

無茶なことやっても感動はできない -羽生選手を止めなかった大人たちは情けない

昨日男子フィギュアで羽生選手と中国の選手が練習中に激突して2人とも倒れた。

羽生選手は相手選手の肩に顎をぶつけたようだった。

リンクに倒れこみ顎からは血が出ていた。

中国の選手は一度は棄権することにしたようだったが羽生選手が演技すると決めたことを受けて棄権を撤回した。

2人ともふらついた状態でジャンプの度に転倒しながらなんとか持ち時間はこなした。

見ていても辛い演技だった。

ここで問題なのはどうして周りの大人が出場を止めなかったのか?ということ。

脳震盪を起こしていたとして、もし演技中に転んでまた頭を打ったら命に関わるくらいのダメージを受けるそうだ。

それくらいのことは素人が考えても分かる。

そんな危険性があるのに滑らせてしまったことは無謀と思う。

本人の意志だからいいという意見もあるだろうけど頭を打って朦朧とした直後にまともな判断ができるだろうか?

フィギュアをとりまく環境がどうも選手を大事に考えているとは思えない。

スポンサーに対する義務とかファンの期待に応えるとかいう事情はあるのだろうけど。

もし今後何らかの後遺症が残ったとしたらその責任は誰が取ってくれるのだろう?

またTVのアナウンサーや解説者が羽生選手の振る舞いを褒め称え良くやったというようなことを言っていたのも呆れた。

結局一選手の命や今後のことをちゃんと考えてあげられる人がいなかったから無理を押して滑ったということになる。

コーチもなんのためのコーチなのか、、、

金メダル請負人的なコーチでしかないということ?

もしそうだとしても羽生選手を守れないコーチなら金メダル取ることだって叶わないのに、、、

« 冬間近の円山 | トップページ | 柿渋に凝ってます - 石鹸&染物 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

脳震盪かもしれないからと言うより、精密検査受けてないんだから
本当は「どうなってるか分からない」だと思います
もっとひどい状態かも

何でみんな守ろうとしないのか、何で感動するのか、その心理が分からない

ちさん

コーチは脳震盪の症状は出ていなかったから止めなかったというようなことは言っているみたいです。
そしてチームドクターはいなかったことも分かってきました。
アメリカの医師はいたみたいですけどね。
羽生君を止めるのはまずコーチだったんじゃないかと思います。

フィギュアは単なる見せ物じゃないですよね。
怪我してるのに根性で演技したのは凄いっていうのは何処か勘違いしてると思います。

そうですよね
お返事有難うございます
もう一つ、もっと大きな疑問・・・
羽生選手を応援している人たちも褒めてたり感動したりそんな人ばかりでした
応援してる人たちまで絶賛してます
誰も止めない・・・

ちさん

ツイッター上ではどうして棄権させないの?という意見多かったです。
羽生君のファンでもそういう人いたと思います。
TVの解説とかアナウンサーも彼を讃えていたのでそういうのに同調してしまう人もいるのでは?

羽生君には絶対的な信頼を置く整体師さんがついているようでその方の見立てが影響を与えているみたいです。
チームドクターがいなくてコーチの言うことも聞かないとなると、、、今後の彼の将来が心配です。
結構大きな怪我をしていたことが分かりその責任は誰が負うのでしょうね。
まず本人が今回の怪我がどれだけダメージになるかを自覚しなければなりませんね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬間近の円山 | トップページ | 柿渋に凝ってます - 石鹸&染物 »