2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

ダルビッシュ&清水宏保さんの深いお話

先日報道ステーションtvにダルビッシュと田中将大選手が出演していましたね。

次期ソフトバンクの監督、工藤さんを交えて対談していました。

その中で一番興味のあった話題は大谷選手についてのことです。

162キロのスピードでボールを投げられるということに関しては2人とも評価しているようでした。

しかしその一方、ダルビッシュからすると末端の力で投げているようにも見えるとのことでした。

腕とか手に頼りすぎてるということなんでしょうね。

ダルビッシュは指先の力を抜くことにこだわっているようでしたから大谷のピッチングフォームを見てそれを見抜けてしまうのでしょうね。

もっと体幹を使って投げろということなんですよね、多分。

確かに大谷はコントロールが安定しなかったりボールは早いのに打たれるということが良くありました。

俗に言う切れの良い球baseballが投げれていなかったということになるんでしょうね。

体幹を強くして無駄に力を入れないことが身に付けばまだまだ伸びしろはあるということになります。

多分この対談大谷選手も見ていたでしょうから参考にして今後の練習に役立ててほしいな~confident

また、今朝はサンデーモーニングにスピードスケートの金メダリスト清水宏保さんが出演していました。

その中でフィギュアスケートはジャンプ前の踏切りで足の力が強いと氷が割れてしまうということをお話していました。

種目は違うけれど氷のことに関しては知りつくしているそうです。

羽生選手は足の力が強い分その可能性が高まるそうです。

氷が割れればもちろんバランスを保つのが難しくなりますよね。

その調節が今後の課題だとか。

羽生選手の闘争心の強さが裏目に出てしまうこともあるらしいです。

そういえば中国で怪我した後の演技で怪我の影響もあったのでしょうがことごとくジャンプに失敗していました。

飛ぶ~sign03といきまいていた後の演技でそうとう足に力が入ったはず。

氷の上というのはやはり繊細な感覚が必要とされるのでしょうね。

早い球を投げる時の手と同じでフィギュアのジャンプも足そのものは緊張させず柔らかく力を伝えなくてはいけないようです。

頂点を極めた方々のお話に共通するのは体の中心を使いそれ以外の部分は力を抜くということのようです。

それって、、、やはりヨガに通じるのですよねshine

いかに力を抜くかがヨガの課題でもあると思っています。

そういった目線でアスリートのお話を聞くととても面白いですnote

ララに赤ちゃん誕生!

今年はどうなんだろう?

もしかして生まれないかな?という心配もあったけど21日夜に赤ちゃんが生まれていたという発表が今日あった。

わ~sign03流石ララ母さん凄い!デナリも凄い!

毎回期待を裏切らないララ。

それは喜ばしいことだけど例え生まれなかったとしても休息の一年があってもいいとは思っていた。

そんな時クリスマスイブxmasの大きなプレゼントとして赤ちゃん誕生のニュースが飛び込んだsign03

もちろん嬉しいけど1年後どうなるか?を今から考えてしまう。

私たちはシロクマの赤ちゃんに癒され1年間は動物園の集客力もUPするだろう。

でも、、、その後子別れの時期が訪れる。

ララも熟年の域に達してきた。

後何頭の赤ちゃんを産めるだろうか、、、

そんな事よりせめて2年間子育ての時間があってもいいのでは?とも思う。

2歳まで手元に置く方が疲れてしまうのかどうか?ということも良く分からない。

ただララにばかり負担が掛からないようにという思いがつのる。

それも人間側の憶測でしかないのだけれど。

ララが偉大な母であることは確かsign03

子育てしている生き生きとしたララを見ることは楽しい。

動物から得られることは多いけどそのことが中心になるのではなく人間も自分の生き方を見直さなくてはいけないよねcoldsweats01

正直なところ来春からまた円山通いが増えることだけは確かかな~confident

ニシン責め - 一夜干し、切込み、糠漬け、、、

Img_1148

我が家に時々漁師になる者がいて、、、

最近2度ほど入れ食い状態にニシンが釣れてしまいニシンで溢れかえっている。

最初はそれほど加工しなくても焼いたり煮たりするくらいで良かったがクーラーいっぱいに釣れてしまうと保存食を作るしかない。

そこで切込みとか糠ニシン、塩漬けというものにチャレンジした。

昔ニシンが大漁だった時期がありいろいろと保存の方法は工夫されたようだ。

日本人の知恵とは凄いなぁと思う。

今日は糠ニシンを作った。

昨日のうちにお米屋さんで糠を仕入れ軽く塩を振って水切りしたニシンを24匹も漬けた。

2週間ほど寝かせると漬かるそうなのだがどうなることやら、、、

他に醤油麹にまぶして一日置いてから食べるというのも試してみた。

それもなかなか美味しかったscissors

身欠きニシンは相当干さなければならないから断念。

冷凍庫というものがあるからとりあえず凍らせておけば良いという考えもあるけど日本人の知恵でいろいろ工夫する方が楽しいと思う。

手間が掛かってもやはり美味しいものが食べたいcoldsweats01

豊平公園の雪景色&クリスマス飾り

Img_1094

先日豊平公園に行ってきました。

この通りモノトーンの世界です。

白樺に枯れた紫陽花、、、渋いですthink

Img_1097

でもモノトーン以外の色もありましたsign03

ちょっとドライフラワー化した薔薇ですcoldsweats01

Img_1099

緑のセンターの入口には巨大なリースがsign03

紫陽花を贅沢に使ってましたshine


Img_1102

木の実を使ったリース!

これだけの量集めるのは大変そうsweat01


Img_1109

赤が基調のリース。

Img_1112

幕の内弁当風ですね!!

なかなか面白い発想good

Img_1119

これも面白いアイディアheart04

Img_1115

Img_1117

sign02 お正月飾りに薔薇w(゚o゚)w

Img_1107

巨大サボテンもありましたnote

Img_1095

シャクナゲの葉にも雪が積もってました。

冬の公園もいいものですね~

忘年会真っ盛り

夜だったり昼間だったり忘年会beerが続いてますcoldsweats01

一緒にヨガをやるだけでも充分仲間意識というものは生まれると思います。

でも、、、みんなで集まって食事しながらお話をするとその人のことが一層良く分かるように思います。

ヨガをする為に集まった人同士が更に交流を深めることはいいことですよねsign03

近所付き合い、親戚付き合いが希薄になりがちな現代です。

女性は特に一人暮らしになる確率が高くなりがちです。

一緒に何かをすることで繋がってお互いに健康のこと趣味のこと等に関して情報交換することは生活を豊かにしてくれると思います。

私自身も生徒さんからいろんな情報を頂くことで助かっていることが沢山あります。

今日も忘年会をしたいというお話が出てその場で即決。

場所の予約も完了し楽しいランチ会となりそうですnote

買い物をしていて -値段だけじゃなくサービスも大事

ホットボンドって最近まで私も知らなかった。

でもリースを作っているうちにいろいろ調べていたら便利なものと知った。

なんと家にあったことに驚いた。

連れ合いが釣りの仕掛けづくりに利用していたのだ。

早速使わせてもらった。

乾くのが早く細かいところにも付けられてリース作りにはもってこいsign03happy01

Img_1075
ホットボンド使ってこんなものを作ってみた。

でもばんばん使っているうちにボンドのスティックが少なくなってきた。

本体はホームセンターで買ったとのことだったので買いに行った。

接着剤のコーナーなど行ってみたけど売り場が分からない。

近くにいた店員に聞いたら案内はしてくれたけどその店員が行ったところには無く別の人に頼んで何処かへ行ってしまった。

しかし○○さ~ん、と呼ばれた人は暫く待っても来ない( ̄◆ ̄;)

どうなってるの?と思いサービスカウンターへ行ってホットボンドの売り場を聞くと電動工具のところにありますとそっけない返事。

少し離れたところにさっき呼ばれた人がたまたまいたようで売り場まで連れて行ってくれた。

でもそこまでの時間が掛かりすぎ。

しかもみんなが関わりたくないという姿勢think

そんなんでいいの?

お客さん少ないのに何できちんと対応しないのか、、、

100円ショップにお客が流れていっても仕方ないかも。

何か聞いてもちゃんと答えられたり説明できる人がいないならホームセンターで買わなきゃならない理由も無くなる。

そのお店は昔に比べ品ぞろえが悪くなり商品を選ぶ楽しさは無くなってしまっている。

しかも店員がそんな感じなら行く理由が無くなってしまう。

何でも100円で買えるということに慣れてしまっているけどちゃんとした商品があって従業員の対応が良ければ行く人はいるのに。

競争が厳しいから従業員を削減し売れ筋商品しか置かない。

そういうことからお客さんのニーズに応えられない。

これって悪循環以外の何物でもないのでは?

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »