2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 遊びは大事 | トップページ | 恐怖心が脳の機能を衰えさせる - 慢性腰痛のメカニズムは分かったけど治療法はヨガでもカバーできる内容 »

汗かいて筋肉を疲労させるのがヨガなのでしょうか?

ヨガはエクササイズとは違っていて汗をかくようなことしなくて良いはずとは思っている。

というか、、、汗をかかずにどこまでできるか?という事が求められているのかも知れない。

骨を意識して筋肉は使わないようにと指導されたことがある。

スクワットでも腿の筋肉を使うのではなく脛を意識するようにと、、、

足を踏む感覚に神経を集中することも大事。

踏むというより重力を感じるということだろうか?

筋肉を使うと乳酸のような体にとって毒となるものが出てくる。

活性酸素も増えるだろう。

でも、、やはり体を動かすと筋肉が反応する。

関節が硬かったり、どこかが緊張していると無駄に筋肉が働く。

力を抜くことが一番難しく骨を意識するなんてなかなか出来ない。

いかに筋肉を増やすか?みたいな話が最近多いけれど私が支持しているヨガはそれと逆行するような話になってしまう。

かといって何もせずに筋肉のない体でいいのか? そういういうことではない。

筋肉の量は多くなくても質を上げることが大事。

骨の質が良くなければ筋肉の質も良くならない。

だから体の奥、骨を意識して体を使うことが必要になる。

筋肉が目一杯働くと骨のことなんて分からなくなる。

力を抜かなければ感じられない。

ただ立っていても指に力が入ると足自体が緊張して体の重さを敏感に感じ取ることが出来ない。

筋肉を最低限に使い汗もかかない方が良いということになるとホッ○ヨガとは何なのか?

沢山汗をかき筋肉を疲労させるのは真反対のことでは?

そういうことを言いだしたらきりがないのは分かっている。

私もいまだ大汗をかいてしまうことが多いし他のものを批判する立場ではないけれど。

腰幅で立って両足に均等に体重を乗せる・首や肩の力を抜く。

脇を硬く締めず顎を少し引いて後頭部を引き上げる。

お尻が後ろに出ないようにして呼吸は下腹を意識してするように。

これらを全部正しくやるのは難しい。

繊細な感覚が必要になる。

汗だくになって何かをやる以前にこういうことに取り組むのがヨガと思っている。

L5

cuteサークルの詳細

マリーゴールド

場所   手稲区民センター(場所が予約出来なかった時はマンション集会室)

       3F  すずらん

日時    毎週土曜日 午前10時~11時30分

参加料  1回 1000円 (入会金 2000円)

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。°

あざみ

場所    手稲区民センター 

       2F はまなす

日時    午後7時~8時30分

参加費  月 3000円  (入会金 1000円)

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

cherryblossom私の担当ヨガサークルの詳細、お問い合わせはこちらから。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村

« 遊びは大事 | トップページ | 恐怖心が脳の機能を衰えさせる - 慢性腰痛のメカニズムは分かったけど治療法はヨガでもカバーできる内容 »

ヨガ」カテゴリの記事

コメント

私は まっすぐに立つだけでも かなり難しく 体力?を必要としていまします
体を動かす前に 自分が真っ直ぐ立てているのか、注意するのも大事かと思います
筋肉をつけないと寝たきりになると言われちゃうと 焦りますが
自分の体をもっと感じられるようになりたいと思います

みっこけさん

誰でも体に歪みがあるでしょうしバランス良く立つのって難しいですよね。
体の中心(丹田と呼ばれている下腹)をまず意識するとそこを起点にして自分の体のパーツのことが分かってくるような気がします。
片方の足が弱いと思ったらそちらにも重心がのるようにするといったことでいいと思います。
ターダアサナと言って足を揃えて立つポーズは単純に見えて最も難しいポーズのようです。
正しく立てて、座れて、歩けたら特に何もしなくていいそうですよ。
それが出来てないからいろんなことしなくてはならないようです(・・;)

こんにちは。
今、正に自分の直面している問題だったので、コメントさせていただきます。

ヨガを3年、その内アシュタンガヨガを1年半やってきました。自分の普段習っている先生がワークショップで留守にしている間に代講に来て頂いた先生がアシュタンガヨガの間では有名な方でした。今まで習った先生方のティーチ〜ングは定石でした。

ただ代講の先生は真逆でした。普通、いかに深くベンディングが出きるようにとアジャストして頂いていたのが、その代講の先生はいかに呼吸が楽にでき、身体がリラックスしているかを重視しました。結果、自分では出来ているつもりのアサナーにダメだしされました。

でもヨガの本質を考えた時、プラーナを身体全体に運ぶためには、その代講の先生の言われることが的を得ているとしか思えませんでした。

この事に気づいてまた新たなステージに立てたと思っています。実践出来ているかはまた別ですが。

shokoさん

初めまして。

ヨガで怪我をするケースも多いんですよね。

いろんなポーズが出来るようになれば楽しいかも知れません。
でもそれが目的ではないですよね。
怪我をしてしまうなんて本当は論外です。

アクロバティックなことしなくても、もっとシンプルなものでいいんだと思います。
体の基礎が出来てないから無駄に力が入ってしまう。
かといって筋トレのようなことだけやればいいかというと違うと思います。

良い先生と出会うか出会わないかで随分と変わってしまうのも事実です。

ヨガがマーケットとしてとらえられているうちはいろんなもので溢れますよね。

惑わされない感性を大切にしたいものです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 遊びは大事 | トップページ | 恐怖心が脳の機能を衰えさせる - 慢性腰痛のメカニズムは分かったけど治療法はヨガでもカバーできる内容 »