2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

円山の混乱は続く - 改善勧告中にシマウマが事故死

もう動物園の記事は暫く書かないつもりだった。

でもまた事故が起きた。

23日シマウマの飛馬が新獣舎に移動中亡くなった。

TVや動物園のHPによると業者を頼み一般的な方法で輸送したとか、、、

輸送箱を多くの職員や業者さんが取り囲んでいる写真を見た。

臆病な飛馬はその状況が怖かっただろう。

人ばかり多くて飛馬が何を恐れるのか考えていない。

移動箱は園で用意出来ないから業者さんから借りたとのこと。

初めて見る移動箱にどうやって入れたんだろう?

捕獲という言葉がHPにあった。

飛馬を初めて見る箱に追い込んだ可能性もある。

普通は相当早くから移動箱を放飼場に置き慣らしてから移送するという方法を取るらしい。

業者さんに頼んだ、飼育員や獣医が数多く立ち会ったということばかり強調しどういう準備をしたかは何も報告されていない。

つまり園側は移動の為の準備はほとんどせず、専門業者に頼んだから文句ないでしょ?とでも言いたげだ。

しかもTVでは経験が浅い女性の獣医さんにいろいろ計画を練ったというようなことを言わせている。

管理職の人も立ち会っているのに何故?責任逃れではないの?

業者さんに対しても責任を押し付けていない?

動物の移動はあくまでも動物園の責任ある職員がプランを立てその指示のもとに動いてるんでしょ?

本当におかしなことばかりだ。

昨日市長さんが定例会見の中で飛馬が亡くなったことに対する陳謝をした。しかし移動方法に落ち度は無かったと仰った。

でも専門家や動物園に通うことの多い人にとっては落ち度だらけに見えるだろう。

400mの移動だし多少手荒くやっても大丈夫という考えの甘さは無かったんだろうか?

もし何かあってもこれだけの人を揃えたということで言い訳出来るとでも考えたのか?

物事の本質を何も分かってない。

動物に対する愛情も無い。

事故がこれだけ多いのは当然と言っていいかも知れない。

改善勧告が出ても何も反省せず自分流にしか仕事をしない人間がいる以上円山の改善は進まないだろう。

悲し過ぎて心のやり場が無くなってしまう。

これでもかこれでもかというように呆れたことばかりが続く。

市長の元にはいろんな意見、お願いがメールなどで届くだろう。

一般的な輸送方法では無かったときっと気づくはず。

アフリカゾーンのオープン、新しいホッキョクグマ舎の建築、アジアゾウの導入とこれから予定はびっしりと入っている。

でも今の体勢でそれらをこなせるだろうか?

このままそれらをやろうとすれば更なる事故を起こすだけでは?

アジアゾウの導入はどう考えても無謀だ。

想像力、危機意識、動物を観察する力、、、そういったものが欠けた人間がいる以上そのプランは中止した方がいい。

市長や動物管理センターにメールするのも改善勧告が出た時点でもう必要ないと思っていた。

しかしその2日後にまた悲しい知らせ、、、、

市民が見張るしかない動物園っていうのは心底恥ずかしいことだと思う。

いろいろなアレルギー - ヨガで症状が軽くなる場合もあり?

私のサークルの生徒さんの中でアレルギーを持った方、少なくない。

白樺、ハウスダスト、牡蠣、甲殻類、サバ、果物など、、、

私自身もバナナが十数年前から駄目。

ある日バナナbananaを食べて具合が悪くなった。

最近インターネットで知ったのだけれどブタクサ科のアレルギーを持っている可能性が高いらしい。

白樺花粉のアレルギーのある人で果物(りんご、桃、梨、さくらんぼcherry)が食べられないという人もいる。

りんごappleが食べられないというのはちょっと辛い。

それでも過熱すると大丈夫だそうでアップルパイ・ジャムはOKらしい。

無農薬のりんごで大丈夫という人もいたけれど調べると無農薬の方が症状が強くなる場合もあるとか、、、一概に言えないようだ。

また海産物の場合は鮮度の落ちたものを食べてあたってしまいその後食べられなくなったというケースが多いようだ。

牡蠣が駄目な場合はオイスターソースが入ることの多い中華は気を付けなくてはならない。

はっきりとアレルギーと分からないけれど生クリームたっぷりのパフェを食べてお腹を壊し、その後暫くしてからケーキでまたお腹を壊したという例も。

食あたりとアレルギーは別物なのかも知れないが無関係ではないようだ。

先日ある生徒さんがヨガの前に突然腕に発疹が出た。

思い当たることは甘エビをいっぱい食べたということ。

今までは甲殻類でアレルギー症状が出たことは無かったようだ。

普通通りヨガは行い30分くらいしてから体調を確認してみた。

自分で腕を見て「消えてます!呼吸法が良かったのかも。」と教えてくれた。

もしヨガのせいでそうなったとしたら嬉しいしヨガってやっぱり凄いんだなぁと一瞬思った。

実際にアレルギーにヨガが効果的という報告もあるらしい。

アレルゲンが体に入り防御する為の反応が発疹だったり鼻水だったり咳なんだろうけどそれが過剰になるから不快な思いをする。

それをコントロールしてくれるのがヨガの呼吸法だったりポーズだったりするのかも知れない。

ヨガの生徒さんの中にアレルギー持っている人がいて治っていないということは症状が完全に消えることはないのかも知れない。

でも症状を軽くするという可能性はありかな?という希望を持っている。

X27masillustline1

一度ヨガサークルに参加してみませんか?

いつでも無料体験ができます!!

cuteサークルの詳細

マリーゴールド

場所   手稲区民センター(場所が予約出来なかった時はマンション集会室)

       3F  すずらん

日時    毎週土曜日 午前10時~11時30分

参加料  1回 1000円 (入会金 2000円)

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。°

あざみ

場所    手稲区民センター 

       2F はまなす

日時    毎週火曜日 午後7時~8時30分

参加費  月 3000円  (入会金 1000円)

。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

ブルースター

場所  星置地区センター

     2F エンデバー

日時  毎週木曜日 午後7時15分~8時45分

参加費 月3000円 (入会金1000円)

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

cherryblossom私の担当ヨガサークルの詳細、お問い合わせはこちらから。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村

円山動物園ナイトZOO - タツオは残業無し!

Img_6231

8月13日、円山のナイトZOOが始まる前動物園を訪れた。

前回に引き続きタツオの入浴シーンに遭遇。

夕方でも暑さが厳しかったせいかな。

Img_6239

タツオの前にはまたまた人だかり。

少し離れて撮影。

目線をありがとうsign03

Img_6250

それほど長くは浸からなかった。

5分くらいだろうか。

やはり人がいっぱいいるから落ち着かないのかな。

ナイトZOOの日は夕方から入園してくる人が多いしお盆だからしょうがないよね。

Img_6256

ユキヒョウ(リアン)は昼間では見られないような動きが。

母のリーベを狙っている。

Img_6265

2頭が絡むシーンは早すぎて撮れないgawk

Img_6281

少し遊んだら休む。暑いから余計体力がもたないのだろう。

私はここで写真を撮るため若干は同じ場所に張り付いた。

でも後ろに人が増えてきたら譲るようにはしている。

しかしある方は専用のスツールと大きなリュックを置き多分3人くらいが立てるスペースを独占していた。

せめて座ってないならスツールの上に荷物を置けばいいのに!

平日の昼間とは違うということ考えないのかな?

荷物を預けるロッカーだってあるし疲れて休みたくなったら後ろの椅子に座ればいい。

座って写真を撮りたいとでも?

勘違いしてるとしか思えない。

Img_6289

ホッキョクグマ舎に着くとララがはじけていた。

Img_6299

ララはいつまでも少女のようだな~

Img_6314

母が無邪気に遊んでいるのに子供はちょっと引いている(゚ー゚;

Img_6341

おもちゃを頭に乗せて遊びに誘ってる?

Img_6347

昼間いっぱい遊んだのか気乗りしないコグマちゃん。

Img_6374

背もたれが無いから倒れないか心配coldsweats01

Img_6416

あ~あ、お母さんたら年甲斐もなく良く遊ぶよね、、、みたいな?

Img_6377

だって暑いし水の中気持ちいいもん!!

Img_6379 Img_6422

母がやっとおもちゃを扉近くに置いたので、コグマはそそくさとゲット!!

Img_6433

ホッキョクグマ舎にいた時に園内アナウンスでタツオをバックヤードに収容すると知った。

sign02 本当sign02 ナイトZOOなのにタツオを休ませるsign02

今までならそんなことあり得ない。

タツオが特別体調崩した訳ではない。

みんながメールしたり電話したりしてタツオを守ろうとしたからだよね!

慢性腎炎という病気を抱え残業すること自体酷だった。

その上フラッシュの光を浴びてしまう。

自分が病気になって休んでいる時、見知らぬ人からフラッシュflairを焚かれて写真を撮られたり大声を出されたり、バンバン窓を叩かれたら? ぞっとするshock

しかもその部屋は通気性が悪く蒸し暑い部屋で逃げ場も無い、、、

今までの待遇はなんだったのだろう?

アイちゃん(写真)がタツオの代わりに残業してくれた。

タツオの時のように外への扉は締められることなく出はいり自由になっていた。

アイちゃんはタツオのように人の側ではなく草むらに隠れてしまったりもしていた。

それが普通だと思う。

タツオは人に見られること嫌いじゃなかったのかも知れない。

かといって負担が掛かっていなかった訳じゃないだろう。

Img_6443

アイちゃんはタツオより一回り小さいけど行動範囲が広くワイルド感がある。

Img_6429

昨日は室内だけだったという情報もある。

元気なアイちゃんだって室内に閉じ込めればストレスが掛かる。

夜のお客さんで虎が見えないよ!というクレームつける人とかいるのかな?

だったらホッキョクグマは?

バックヤードへの出入りが自由になっているはず。

やっぱり動物園自体もそうだけど来園者の意識も変わらなきゃいけない時期に来ているのだと思う。

600円、あるいは無料で入場し動物が見えないとは何事だ!?という神経私には分からない。

動物あっての動物園なのにどんどん負担を掛け酷使して夜行性動物の生き生きした姿をどうぞ!!って矛盾し過ぎているのだ。

お仕事の後の円山訪問 -みんなプール日和を満喫!!

Img_6035

先週の金曜日(8月7日)も仕事の後円山へ。

とても暑くシロクマ赤ちゃん見るのも大変だった。

日蔭が無くお日様が情け容赦なく照らすsunsunsun

Img_6043

コグマだけ起きていたようでバックヤードのお母さんを気にしている。

Img_6048

そろそろ起きてもいいんじゃない?お母さぁ~~んsign03

と言ったとか言わなかったとか、、、

Img_6089

暫くしてララお母さんが出てきて一緒にプール遊びnote

Img_6076

晴れている証拠に水面がキラキラしているshine

Img_6109

ララは早めに切り上げその後コグマちゃんのみプール遊び。

Img_6117

お母さんとのバトルより一人遊びが好きなのかも。

Img_6141

マレーバクのワカバも暑さで水が恋しくなったよう。

Img_6149

スイスイと泳ぎ出したsign01

もう少し綺麗なお水だったらいいのにね(ノ_-。)

Img_6157

それほど長くは浸からずに走り去ったワカバちゃん(゚ー゚)

Img_6176

タツオも入浴中だったsign03

タツオの周りには人だかりが出来ていた。

のんびりしたければ向きを変えて背を向けてもいいんだろうけどタツオはそういうことしない。

人に近いところにいることが多い。

基本人が好きなんだろうな。

でも、、、最近は人間不信になってないかな?

Img_6172

いろいろ寒帯館では管理が問題視されている。

こういう姿を見るとちょっとほっとするのだけれど寝室問題がどうしても気になる。

Img_6182

タツオのファンはいっぱいいる。

みんな見守っていて疑問に思うことがあればアクションを起こしている人もいるだろう。

ミストっぽいものを使ったり、草を刈っても通気性の悪い室内展示室に夜も閉じ込めているのならタツオはどんどん弱ってしまうだろう。

Img_6193

プールから上がったばかりの後ろ姿はこんな感じ。

Img_6201

8月8日の夜の動物園、タツオはサブ放飼場だったらしい。

それは良かったけど、、、寝室はどうなった?という思いは消えない。

Img_6207

動物は物が言えない。

タツオなりにどうして?と感じているのかも知れないのにタツオは人を嫌っていないように見える。

それが猶更健気で切なくなる。

でもたま~に来園者を威嚇することがあるらしい。

フラストレーションが溜まっている証拠だ。

どんなに上辺でいろいろやってますsign03とアピールしても、一度持ってしまった不信感は消えない。

先週は岩合さんの写真展も2度見に行った。

トークショーを聞いて岩合さんの動物に対する愛情を感じた。

動物との距離の取り方、尊重してあげる気持ち、興味の持ち方など素晴らしいお話だった。

動物園の動物は狭い檻に閉じ込めてしまっているのだからその中で少しでも快適に過ごさせてあげたい。

彼らからどれだけの癒しや元気をもらっているか?を考えれば当然なんだけどなぁ~

cute本来ヨガの記事書かなくてはならないのですがこの時期が山場なので動物ネタが多く  なっています。動物からは体のしなやかさ、置かれた環境をどう受け入れるか?など沢山のことを学んでいます。後ほどヨガに関する記事も書きますね!

猛暑の中タツオの生存確認に円山へ -なんだかいつもと様子が違っているのは何故?

Img_5959

昨日、またまた猛暑の中タツオの生存確認に行ってきた。

Img_5954

タツオは意外に元気に歩いていその後草むらでゴロリ。

Img_5942

この草むら珍しいことに草が刈られていた。

昨日例の事故で立ち入り検査があったから?

普段はやっていないことがされているとついそういう目で見てしまう。

Img_5956

ちょっと見ずらいけど壁ずたいにホースのようなものが這わされていて一部水がぽたぽた落ちていた。

これも今まで無かったのでは?

Img_5957

プールから室内までタツオが歩きそうなところに水がまかれている。

Img_5958

こういったケア、確かにしてもらった方がいいけれどどうして急にあれもこれもなんだろう。

本当ならバックヤード出入り自由にしてバックヤードに冷房を入れるというのが一番避難場所が出来ていいのでは?

レッサーパンダがいる高山館の室内温度は24度だった。

流石に昨日は猛暑だったので私が行った時間にレッサーパンダは1頭も外にいなかった。

タツオやユキヒョウの室内展示室は通気性が悪そうで冷房も入っていないようだ。

この格差は何なんだろう?

Img_5963

シジムも暑そう。

ここはタツオのように外にも出られず、蒸し風呂状態ではないだろうか?

冷房設備あるのなら何故使わない?

Img_5970

ララの子大きくなったなぁ。

彼女達はプールに浸かったりバックヤードへの行き来も自由。

Img_5989

コグマはたっぷり 遊んだのかまったり。

Img_5994

飼育員さん、夕飯まだ?と覗いてるのかな?

こうして見ていくと動物によって待遇は様々。

ホッキョクグマ、レッサーパンダ、ユキヒョウ、アムールトラ、、、全て寒い地方に生息している。

ストレス軽減の為配慮 されている動物とどう見ても苛酷な環境に置かれている動物がいるのは何故?

立ち入り検査の時には普段やらないことをしているし、、、

自分たちの仕事を常に見られていること気づかないんだろうか。

まだまだ続く猛暑。

どの動物も平等にケアして欲しい。

気持ちが沈んだ時は花を見よう -豊平公園と発寒中央小学校横の紫陽花

Img_5713

先週の日曜、紫陽花を見に行った。

気持ちは沈んでいた。

前日動物園のマレーグマが亡くなったと知ったから、、、

亡くなる原因になった闘争も見ていたし。

お天気は良くなかったけど出かけた。

最初は豊平公園へ。

Img_5746

紫陽花と白樺

ここは冬に来たときも寂し気だったけど紫陽花が咲いていても寂しい風景。

情緒はあるんだけどね~

Img_5755

汚れの無い白い紫陽花。

欲にまみれてしまった人間たちを諭すよう、、、

Img_5759

雨がザーザー降ってて傘rainをさしながら撮ったcamera

水滴がついて綺麗。

心が洗われるよう。

Img_5767

場所を変え発寒中央小学校横の公園へ。

いつも列車trainの中から見事な紫陽花sign03と思って見ていた。

Img_5790

これだけの紫陽花が咲いている所って札幌にはあまり無いと思う。

Img_5808

同じ種類でも土壌の成分で微妙に色が変わるから面白い。

Img_5810

グラデーションがステキnote

Img_5816

これぞパステルカラー!!

Img_5815

こんもりしてゴージャスshine

Img_5787

大きな公園では無いけれどびっしりと咲いた紫陽花は迫力がある。

この日、動物園絡みで気持ちのやり場が無い自分を紫陽花は癒してくれた。

最初の寂しい感じの風景は自分に共感してくれたようだったし、発寒では元気出しな!と言われたような気がした。

自分に出来ることまだ続けようと思う。

後で何もしてあげられなかったという後悔をするのは厭だし。

自分が辛い時癒してくれたのは動物達。

恩返しをしなくてはねthink

札幌市長がマレーグマが亡くなったことについて会見

先日マレーグマの事故について記事を書いた。

絶望的な気持ちだったけど光が見えてきたnote

市長が定例会見の冒頭で今回の死亡事故について陳謝したのだsign03

これは凄いことsign03

ツイッター上で何か出来ることはないの?とみんなで考えた。

市長にメールしよう! と提案する人がいてRTで広がりを見せた。

私はかわいそうな動物園の動物がいたらここに通報というのを知ってメールしてみた。

それも札幌市の行政がやってるところ。

動物園も札幌市。

でも管轄が違うから何か影響力あるかもと思い私が知り得る事実をメールした。

もちろん動物園にも亡くなった理由について明らかにするようメールしていた。

札幌に限らず全国の人が憤りを感じてメールしたり直接動物園に電話したようだ。

その反響の大きさと市長自身が動画を見たことで、今回の死亡事故を検証してくれると言ってくれた。

みんなの力が合わさった結果だと思う。

検証と言っても内部だけでなく外部からの検証もして欲しいところだ。

これで安心は出来ないけれど動物園の改革に繋がってくれるといいな。

改革というのは入園者が増えることだけではないだろう。

動物とどう関わるかの提案、環境のことを考えるなどを抜きにしてしまうとただのレジャーランドになってしまう。

入園料が多少高くなってもそういう提案があって動物のことをもっと知ることが出来る場であればいいのでは?

パスポートはとても助かるけど1年で1000円は太っ腹過ぎると思っている。

また夜の動物園は、以前は小学生が夜行性の動物を観察するといったものだったと思う。

昼間寝ていることが多い動物の生き生きしているところを見るのはいいアイディアだ。

昔は人数も限られ動物を驚かさないようにして観察したと思う。

今はどうだろう?

フラッシュを焚く、大声で騒ぐ、ガラスを叩くなどが行われていないだろうか?

夜の動物園の回数は増え、動物のストレスが増すばかりだ。

動物自身のことをないがしろにして入園者を増やしても将来的に魅力ある動物園にはならない。

これからもどう変わっていくのかを注視していきたい。

そして2度と動物が事故で亡くなるようなことを引き起こして欲しくない。

Img_5864

マレーバクのワカバちゃん

彼女のお婿さん候補トーヤも事故で亡くなっている。

もうそういうことは厭なんだ!

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »