2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 猛暑の中タツオの生存確認に円山へ -なんだかいつもと様子が違っているのは何故? | トップページ | 円山動物園ナイトZOO - タツオは残業無し! »

お仕事の後の円山訪問 -みんなプール日和を満喫!!

Img_6035

先週の金曜日(8月7日)も仕事の後円山へ。

とても暑くシロクマ赤ちゃん見るのも大変だった。

日蔭が無くお日様が情け容赦なく照らすsunsunsun

Img_6043

コグマだけ起きていたようでバックヤードのお母さんを気にしている。

Img_6048

そろそろ起きてもいいんじゃない?お母さぁ~~んsign03

と言ったとか言わなかったとか、、、

Img_6089

暫くしてララお母さんが出てきて一緒にプール遊びnote

Img_6076

晴れている証拠に水面がキラキラしているshine

Img_6109

ララは早めに切り上げその後コグマちゃんのみプール遊び。

Img_6117

お母さんとのバトルより一人遊びが好きなのかも。

Img_6141

マレーバクのワカバも暑さで水が恋しくなったよう。

Img_6149

スイスイと泳ぎ出したsign01

もう少し綺麗なお水だったらいいのにね(ノ_-。)

Img_6157

それほど長くは浸からずに走り去ったワカバちゃん(゚ー゚)

Img_6176

タツオも入浴中だったsign03

タツオの周りには人だかりが出来ていた。

のんびりしたければ向きを変えて背を向けてもいいんだろうけどタツオはそういうことしない。

人に近いところにいることが多い。

基本人が好きなんだろうな。

でも、、、最近は人間不信になってないかな?

Img_6172

いろいろ寒帯館では管理が問題視されている。

こういう姿を見るとちょっとほっとするのだけれど寝室問題がどうしても気になる。

Img_6182

タツオのファンはいっぱいいる。

みんな見守っていて疑問に思うことがあればアクションを起こしている人もいるだろう。

ミストっぽいものを使ったり、草を刈っても通気性の悪い室内展示室に夜も閉じ込めているのならタツオはどんどん弱ってしまうだろう。

Img_6193

プールから上がったばかりの後ろ姿はこんな感じ。

Img_6201

8月8日の夜の動物園、タツオはサブ放飼場だったらしい。

それは良かったけど、、、寝室はどうなった?という思いは消えない。

Img_6207

動物は物が言えない。

タツオなりにどうして?と感じているのかも知れないのにタツオは人を嫌っていないように見える。

それが猶更健気で切なくなる。

でもたま~に来園者を威嚇することがあるらしい。

フラストレーションが溜まっている証拠だ。

どんなに上辺でいろいろやってますsign03とアピールしても、一度持ってしまった不信感は消えない。

先週は岩合さんの写真展も2度見に行った。

トークショーを聞いて岩合さんの動物に対する愛情を感じた。

動物との距離の取り方、尊重してあげる気持ち、興味の持ち方など素晴らしいお話だった。

動物園の動物は狭い檻に閉じ込めてしまっているのだからその中で少しでも快適に過ごさせてあげたい。

彼らからどれだけの癒しや元気をもらっているか?を考えれば当然なんだけどなぁ~

cute本来ヨガの記事書かなくてはならないのですがこの時期が山場なので動物ネタが多く  なっています。動物からは体のしなやかさ、置かれた環境をどう受け入れるか?など沢山のことを学んでいます。後ほどヨガに関する記事も書きますね!

« 猛暑の中タツオの生存確認に円山へ -なんだかいつもと様子が違っているのは何故? | トップページ | 円山動物園ナイトZOO - タツオは残業無し! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
陽は射していないものの蒸し暑い気怠い日々が続いていますね。
タツオ・・・8日にナイトズーはサブ放飼場の勤務だったようですね。
(タツオを見守っている方のブログで知りました)

かなりの来園者でメイン放飼場は室内もごった返していたようです。
相変わらずフラッシュ撮影も。。。タツオはサブでしばしストレスから解放されたようですが結局寝室が展示室のままなのはなぜなのでしょうね?

ウッチーの一件からアジア館のタツオ、ユキヒョウ達の寝室問題はたくさんの方々の投書が継続されその結果 8日はタツオがサブでということになったように感じるのですが
寝室だけは頑なに。。。なぜにタツオは戻れないのでしょうね?

床が乾いていることは少なく水を撒いて湿度を上げているように見えるのは一体何の為なのか?
草を刈る、水飲み場の水、プールの水は以前よりきれいで改善されていても睡眠をとる場所があの室内展示室ではタツオは弱っていくのが目に見えていますよね。

アイの妊娠騒動からタツオの寝室がなくなった
そこには一体何があるのか?やはりここを元に戻してくれない限りモヤモヤしたストレスが 寝室を奪われてしまったタツオが可哀想でやり切れない思いでいます。

飼育されている動物は暮らす場所、環境を選べません。
円山は設備、施設をどんどん新しくしてもウッチー、タツオなど高齢動物にこんなあしらいを平気でしているのですから動物の姿から悲壮感が表れてこんな悲しいことはありませんよね?

7日8日と釧路動物園に出掛けてきました。
ココアも変わらず元気で不自由なりに頑張っていました。
どう言えばいいのか。。。釧路動物園はどの動物もリラックスしていて間違ってもタツオのような動物はいません。

大股を広げてお腹を見せてお昼寝。
他のトラもライオンもそうです。

ホッキョクグマのミルクは元気一杯で疲れを知らないパフォーマンス。
ずっーと見ていて可愛らしく癒されました。

勿論ココアともゆっくりとお話しをしてココアも応えてくれてガラス越しにすりすりしてくれました。

どうしてこんなに同じ動物園で違いがあるのだろう。。。とタツオを思い
悲しくなりましたね(涙)
そしてウッチーもキナコもカワウソも。。。たくさんの命がどうして防げることを防げないのか?

飼育員さんの対応というか釧路と円山では違いがあるように感じています。
釧路の飼育員さんはいつも声をかけてくれて2年ぶりに訪れたのですが
覚えてくれていて気さくに話しかけてくれました。
この違いは一体何なのだろうと???

ココアとさよならするのは寂しかったですが心配なのはココアではなく
タツオなんですよね。
どうしたらタツオの限りある余生を少しでも穏やかに過ごさせてあげられるのか。。。
寝室はもう無理なのでしょうかね?

タツオママさん

こんにちは

今日ツイッター上で知りましたが昨日はタツオとユキヒョウが寝室で休めたそうです。
相当数の問い合わせやクレームが届いたのでしょうね。
でもどうしてアイちゃんの妊娠が無かった時点でそうしなかったの?と思ってしまいます。
また毎日そうしてくれるのかを見て行かなくてはなりません。
そしてちゃんとやるようにしたからそれでいいでしょ?で終わらせていいのでしょうか、、、

またウッチーの事故に対する報告書(動物管理センター向け)が今日公開されましたが内容にがっかりしました。
当日の夕方ウッチーが静かにしていたとありますがそれは相当ダメージを受けて虫の息だったからと思うのです。

動物園のやることなすことが信じられません(-゛-メ)
ララの子の命名式が延期になったそうですが批判が集中することを避けたいのでしょうね。

今回の事故の責任をうやむやにするのなら更に失望してしまいます。
動物管理センターがどんな判断するのかを見守るしかないですね。


お話変わりますが釧路市動物園行かれたのですね。
私も一度だけ行ったことあります。
まだミルクはいない頃でしたが。
とても落ち込んでいた時に訪れ元気をもらいました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 猛暑の中タツオの生存確認に円山へ -なんだかいつもと様子が違っているのは何故? | トップページ | 円山動物園ナイトZOO - タツオは残業無し! »