2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 2017年4月 | トップページ

2017年6月

15分の遅刻

またまた更新が途切れてしまいました。

相変わらずヨガのサークルなどの活動は続けています♪

先日ある会場での出来事です。
初めての生徒さんが15分遅れて来て参加していいですか?との事でした。

そこのクラスは60分です。

最初の15分は足のマッサージをしたり関節を回す時間です。
 
大事な準備運動の時間です。

それをせずに途中から参加する事、初めての生徒さんではなくともあまりお勧めできません。

それでその日はお断りしました。

それっきりになってしまう可能性があるかも知れません。

そういうことも縁なので割り切るしかないと思っています。

またあるヨガの講座では生徒さんが揃うのは開始30分くらい経ってやっととのこと。

夜の講座だとお仕事の関係等で致し方ないのかな?

内容を聞くと準備運動らしきものは最初からなく次々とヨガのポーズをやっていくといったプログラムだそうです、、、

だから遅れて参加しても問題ない?

そんな事は無く何処かで体に負担が掛かったり怪我の危険性も増すことになると思います。

例えばポーズを10種類やったとして、準備運動からやってポーズを3つやるメニューと比べより効果が上がるでしょうか?

やった感があるだけで内容としては疑問があります。

地味でも体をほぐし自分の体調を確認しながら慎重にやるのがヨガと思っています。

実際自分が生徒の時に怪我の場面を何度か見ています。

ヨガはゆったりと行うから安全という訳でも無いのです。

また室内の温度や換気、床の状態など環境を整えてやるのがベストと思っています。

30度以上の部屋でお水を飲みながらやるのはヨガとは思えません。

指導する側としても最初の15分は皆さんの体調をチェックする時間帯でもあります。

ご自分から申告して下さる場合もありますが前屈の時に腰の不調などが分かる場合もあります。

足のマッサージの時は雑談もしますのでなんとなく元気がない、疲れているといった事も分かったりします。

1分の遅刻も許しません!というほど厳しくはないのですが最初の15分は貴重な時間であるということは確かです。

派手さに魅力を感じたり、痩せるかも!と期待したりする気持ち分からなくはないです。

でもより安全に効果的に行うことが第一と考えます。

そういったものは大抵地道にやる!というところに行きつきます。

« 2017年4月 | トップページ