2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

仙北市西木町のかたくりと角館の桜

Img_4923

4月22日に大森山動物園を訪ねた後翌日は秋田空港で見たパンフレットがきっかけでかたくりの群生を見に行きました。

秋田から角館までは新幹線、そこから秋田内陸線に乗り八津というところで下車しました。

かたくり群生の郷は栗農家さんが管理していて栗の木の下一面に咲いていました。
Img_4939

かたくりがこんなに沢山咲いているのは初めて見ました。

Img_4945

人が植えたのではなく野生だそうです。

Img_4947

ここまで来るのには結構急な坂を登らなくてはなりませんでした。

車を利用して来ている人もいました。

Img_4983

かたくりを見た後はまた角館に戻り桜を見ることに。

Img_4997

歴史ある建物と桜、、、いいですね。

Img_5007

青空が出ていたらもっとくっきりとした写真撮れたでしょうね。

Img_5017

川沿いの桜も見事でした。

北海道は蝦夷山桜が多いのですがここはソメイヨシノが主なんですね。

Img_5045_2

枝垂れ桜はゴージャスに見えますね。

Img_5055

今まで桜を先取りして見たことが無かったので得した気分になりました。

しかも角館で見る事が出来るなんて。

まだ早いのかなと思いつつ訪れましたが丁度良い時期だったと思います。

 

大森山動物園で貴重なお話を聞いてきました

Img_4896
アミメキリン リンリン カンタ


先日秋田の大森山動物園に行き午前中は動物達を見学し、午後は飼育員さんのお話を聞きました。

NHKのプロフェッショナルにも出演したことのある飼育員さんとカリフォルニアアシカ担当の飼育員さん2人のお話でした。

内容は詳しく書けないのですが、、、とても中身が濃く私よりも実際に飼育に関わっている方かこれから飼育員さんを目指す方に聞いてもらいたいような内容でした。

それとヨガとどう関係あるのか?という事になりますが共通することがあります。

日々精進しより良い方法を見つけた人がいたとします。

その人がもっとその事を広めたいと思ってくれたら多少遠くても直接習いに行きたいと思いますよね?

私の場合は今自分が支持しているヨガがそういった物です。

幸い札幌でワークショップを受けることが出来身近な先生からも教わる事ができました。

私は恵まれていましたがそのワークショップには関東などからも生徒さんが来ていましたし海外からの参加者もいました。

みなさんそこまでして来る事に価値があると思ったからだと思います。

世の中にはいろんなヨガがあり商業ベースにのったものもあります。

でもそれが本当に体に良く精神的にも安定するような内容のものなのか?はまた別のお話と思います。

安全で効果的、遠回りしないで済むならそれに越したことはありません。

ただそういった物はシンプルで派手さはありません。

根気良く続けることが第一になります。

ヨガに関して私はそういう経験をしているので飼育員さんのお話が重なったのです。

プライベートな時間も動物の為に観察を続けている(ライブカメラで)、今までの失敗を乗り越えて寄り良い方法を見つける、自分だけしか出来ない事を無くし他の飼育員さんにも継承する、効率の良いやり方を見つけ負担を減らす等何もかも凄いなと感じる事ばかりです。

そういった動物の飼育に関する手法をもっと多くの人に知ってもらえたらと心から思いました。

秋田は確かに関東、関西からは遠いです。

北海道からもそう近くはないです。

でも、、、私のような動物ファンが行ったのだからもっと飼育に関わりのある方々が行ってもおかしくないのに。

もし今動物園で働いていて今回のお話を聞いたら多分変えなくてはならない事がいろいろ出て来るでしょう。

それも簡単なことではないかもしれません。

でも別なやり方で動物の健康管理がしっかりと出来無駄な時間を使わなくて済むとしたらそれをやらない理由は無くなるはずです。

傍から見る私がもどかしいです(-_-;)

ヨガのシーンでもわざわざ体に悪いやり方をして、、、と思うことがあります。

しかしながらもっと良いものを知らない人がそういうところに通ってしまうのは残念な事です。

今回は仕事に向き合うとはそういう事なんだと教えて頂きましたし、私自身の今後のヨガの為にも生かしたいと思いました。

そして動物園や水族館の質が向上するよう微力でも何かしたいと思いました。

ホテルさっぽろ弥生のヨガ教室 -ゴールデンウィーク明けから5月末まで無料体験実施

ホテルさっぽろ弥生のヨガ教室は通常無料体験は実施していませんでした。

しかし今回5月中のみ無料体験実施期間を設けたいと思います。

11日、18日、25日の3日間となります。

3日とも10時~、11時15分~からのどちらのレッスンでも構いません。

マットをお持ちの方は持参して下さい。

駐車料はフロントでヨガのレッスンを受けたと言えば無料になります。

60分のレッスンの内容は足のマッサージ15分、首や肩をほぐしたり簡単な呼吸法15分、立ってやる動作15分、座ってやるポーズ10分、くつろぎ5分のような組み立てになっています。

毎回同じではなくその日重点を置くことは少しずつ変えています。

足にフォーカスする、背中や腰をほぐす、脇をしっかり伸ばす、肩や首回りをほぐす、お腹を強くするなど。

しかし関節を回す準備運動と足を使ったスクワットなどは必ず入れます。

膝が痛く深く曲げられない、腰が慢性的に痛い、五十肩など肩に痛みがある、怪我の後のリハビリは終えたけれど自分でその後のケアをする自信が無いなどといった悩みのある方には無理なく出来るメニューを提供します。

ヨガは人と同じ事をしなくてはならないという事はなくマイペースで行うのが基本です。

無理せずにやることで効果を得ることも出来ます。

現在健康な方、何かお悩みのある方どちらも歓迎します。

ヨガは続けることが基本ですがまず一度体験することも大事ですね。

なんとなく気になっていた、自分は体が硬いから無理、暖かくなってきたので体を動かしたいなどという方一度参加してみませんか?

通常のレッスン料は1回800円

5枚綴りチケット 3500円

11枚綴りチケット 7000円となっています。

初めての生徒さんには1回毎のお支払いを勧めてきましたがまず5回は続けてみるというのも方法だと思います。

1回だけでは見よう見まねで終わってしまうという事もあります。

呼吸と動きを合わせる、自分の体を観察する、足幅などの感覚を掴むということ意外に難しかったりします。

まずは一回お試しし、その後は最低1か月はやってみるなどがいいかなと思います。

続けてきた人だけがヨガをやってきて良かったと言えるのでまずスタートラインに立ち後は積み重ねになります。

根気の要ることではありますが高齢になっても歩ける、ストレスに強くなる、ヨガを通して友人ができるなどいろいろ良いことがあると思います。

この機会に是非ホテルさっぽろ弥生のヨガ教室にいらしてみて下さい。

お待ちしています


場所、時間の詳細はこちらから

星置緑地のミズバショウ & おたる水族館のゴマフアザラシ

Img_4568

私は月曜日お休みなので家から2駅で行ける星置緑地に行きました。

1週間前にも行っていたのですがまだミズバショウはほんの少ししか咲いてませんでした。

昨日はまだ少し時期が早いのかも知れませんがこのくらいが綺麗かなと思います。

ピークをちょっとでも過ぎると茶色くなってしまうので。

Img_4587

ヤチブキも綺麗でした。

山菜として採ることもあるのですがそういう時でも花はかわいいなと思ってました。
Img_4586
あちらこちらに切り株があってそこに蔦が巻きついたりしていてそれも素敵でした♪

Img_4596

ミズバショウは場所によっては群生して咲いています。
Img_4597

ミズバショウは綺麗な白が命。

そういう時期は短いんですよね。
Img_4574

水と木と植物があるって贅沢ですね。

エゾサンショウウオもここに生息しているようです。
Img_4624

その後JRで小樽まで行き更にバスでおたる水族館へ。

目的はこの子。

3月29日に生まれたワカナちゃん。

この子の写真を撮るためのカメラマンが数名張り付いてました(^-^;
Img_4617

こちらはワカナちゃんより3日早く生まれたもさお君。

名前のとうり少し前まではモサフワだったのですが、、、

昨日はほとんどの産毛が抜けてしまいました( ;∀;)

お母さんもその変化を察したのか側に行っても相手をしてくれなくなってしまたそう。

それでこんな隅っこにいたのかな。
ちょっと切ないですが野生のアザラシも同様らしいので立派に独り立ちすることを願うしかありません。
Img_4605

奥にいるのが昨年生まれたモモたろう君。

彼が離乳して最初にお魚もらうところは飼育の日のイベントで見ること出来ました。

みんな同じ道をたどるのですね。

手前のハヤト君、もう一頭のぴゅーた君と共に3頭でこのプールで過ごしています。

植物と小樽のゴマフアザラシを見ていい休日を過ごすことが出来ました。

最初からチケット購入でも良かったのかな? 

今日はホテルさっぽろ弥生に新しい生徒さんが2名来てくれました

10時台の生徒さんが転勤の為来れなくなると聞き少しがっかりしていました。

今までもそう言う事は多々ありましたがやはり寂しいものです。

そんな事があって直後に新しい生徒さんが来てくれたことは嬉しかったです。

お一人の生徒さんがチケットを購入したいの事でしたが一度試してからの方がいいのでは?とお話しました。

生徒さんも納得してくれて一回分で申し込んで頂きました。

でも良く良く考えると5回続けてみるという風にした方が良かったのかなとも思いました。

5回でもヨガの良さはもしかして伝わらないかも知れないので、、、

ヨガの良さは呼吸法を身に付けてこそ感じられると思います。

それには時間が掛かることを踏まえなくてはなりません。

最近は早く結果が出るものに飛びつく傾向があるかな?

2か月でハードなトレーニング&食事療法を行いスリムな体になるといったものもありますし。

その後自分で管理していければそれはそれでいいとは思うのですが、、、

どうしてもコツコツやらなくてはならない、はっきりした効果がすぐには感じられないというものは難しいのかな、、、

ヨガでもいろんな種類がありその人の練習の質によって上のコースに進めるというものもありますね。

私が取り入れているヨガはそういうシステムにはなっていません。

どこにモチベーションを保てる要素があるのか?というと細かく観察していくと変化が現れれそれに気付くという事でしょうか。

何かを省略して次に進めるという事もありませんしとにかく地道にやるしかありません。

そう考えると今通い続けてくれている生徒さん達は有難い存在です。

正直なところそういう方々がもっと増えて欲しい、何処か調子悪くなっても病院のお世話になればいいという考え方ではなく自分でも努力する姿勢を持って欲しいと思っています。

膝を守る膝体操、お腹を強くするエクササイズ、骨盤底筋を鍛えるエクササイズなど家で毎日やれば相当な効果を得られるでしょう。

しかし残念ながらずっと続けていますという方は少ないです。

家で一人でやる難しさがあります。

結局楽な方を選ぶ人間の性のせいでしょうか?

それでもヨガ教室のようなところに来て仲間と一緒だと続くということがあります。

昨年はPRもせず常連の方々とのヨガで充分と思っていましたが今年は新たな生徒さんを迎えて地味だけどいい内容のヨガをもっと広めたいです。

私が指導する中で取り入れているのはショドウスタイルのヨガです。

ヨーロッパやアメリカ、オーストラリアではかなり浸透してきているものです。

日本ではまだマイナーなのですがその良さをもっとうまく伝えられるようにもなりたいです。

フリーになった時5年はまず頑張ろうと思っていましたが既に7年が過ぎました。

ここでもう一度ギアを入れ直すことになるとは思っていませんでしたがもう少し頑張ってみたいと思っています。



サークルは無料体験もできますので一度参加してみませんか?

ヨガサークル・教室の詳細はこちらから

お待ちしています

春はヨガを始めるチャンスですよ!

Img_4419
おたる水族館のゴマフアザラシの赤ちゃん

私は札幌市手稲区、中央区で主にヨガサークルを担当し活動しています。

月会費制及び1レッスン毎、チケット制と会場によって異なります。

また月会費のところでも1レッスン毎を採用したりもしています。

当番などは無く割と負担が少ないサークルになっています。

長く継続している生徒さんが多いですがヨガの内容としては基本的なことを必ず入れていますので初心者の方でも大丈夫です。

特徴としては必ず準備運動を丁寧にやる、スクワット的なものを入れ足を強くする、呼吸法の練習をして腹式呼吸を身に付けるなどでしょうか。

派手さは無いのですが安全で効果の高いものをやるようにしています。

また腰痛や五十肩、膝の不調などがあっても出来る範囲で出来るようなメニューをその方に提供します。

最近ではぎっくり腰、肩の炎症、めまいのある生徒さんがヨガを続けることで改善したケースがあります。

怪我の後のリハビリとしてもヨガはいいと思います。

病院のリハビリと平行してまたはリハビリ後のケアにも適していると思います。

私の経験としても言えますが最近は病院の方でもヨガを続けるようにというアドバイスがあるようで嬉しく思っています


そういうケースをいくつか目の当たりにしているのでもっと多くの方にヨガを体験して頂きたいです

もちろん今元気な方にも将来的に健康を維持できるようヨガで万全のケアをして頂きたいです。

健康や美容にこういったエクササイズがいいですよ!というものがTVで紹介されたりしますが大抵ヨガでカバーできるようなものが多いです。

たった〇週間でとか一日たった〇分でとかは良く言われることですがヨガの場合は続けないと意味がありません。

何年も続けてきた生徒さんはそのことを良く理解できていた生徒さん達と思っています。

それでもまずまず一度やってみなければ何も始まらないですよね。

1か月続いたら3か月まで、半年、一年と伸ばしていけたらいいかなと思います。

お友達ができたりという副産物もあるかも知れないですし人生が豊かになる可能性も大です(*^-^)

サークルは無料体験もできますので一度参加してみませんか?

サークルの詳細はこちらから


お待ちしています

気になる生徒さんに配慮して

Img_4229
生まれて間もないのにこんなポーズが出来てしまうゴマフアザラシの赤ちゃんて凄いね。(おたる水族館)

最近は体調不良で暫くヨガサークルをお休みし復帰するという生徒さんが続いています。

昨日は風邪をひき咳によって腰を痛めた方が久々に戻ってきてくれました。

前屈が辛そうだったので他の生徒さんも巻き込んで壁を使ったメニューを多く入れてみました。

壁を使ったものは壁に触れているいるという安心感があることと正しい位置をキープできるなどの利点があります。

また本来のポーズはきついけど壁を使う事でその手前まで行って負担なく効果が得られるという事もあります。

少し長めに行えば本来のポーズよりも効果的かも知れません。

昨日は別のサークルでめまいがかなり改善した生徒さんから嬉しい報告がありました。

通院している病院の先生からしっかりヨガをやるようにと言われたそうです。

ヨガに復帰した日その足で病院で検査をしたらびっくりするほど良くなっていたとの事でした。

どんな事が改善に繋がったのか定かではないのですがなんらかの良い影響があったのでしょう。

ヨガの動きはゆっくりですがそれなりの運動になり血流が良くなることは確かです。

頭を急に動かさない、お腹を常に意識するなどに気を付けてやってもらっていましたがそれが良かったのかも知れません。

めまいから鬱になることもあるそうなので早い段階で対応することは大事ですね。

カルシウムを摂ることも大事だそうです。

具合が悪いと食事が疎かになり簡単に済ませてしまうという事になりそれが悪循環になりますね。

思い切ってヨガに来てお友達と食事をする等できれば気分転換になり不足している栄養も摂れていいかと思います。

私の担当する生徒さんの数は多くはないのですが一人一人の生徒さんに配慮しながらやっていきたいと思っています。

いつも思うのですがヨガを行うことで改善することは沢山あって理論的に説明できなくても実際の体験からそのことは確信できます。

沢山の情報が入る中、こんなことTVや新聞で取り上げていたけど私達いつもやってますよね?という生徒さんからの声は良く聞きます。

そんな時にそうなんです、当たり前に私達はやってきているのですと少し誇らしく思うのです。

それぞれの想い

Img_3861
旭山動物園のゲンキ君。いろいろやってくれる彼。
心配させられるから気になって好きになるんだよ。

かなり前の話になりますが初期仏教のお坊さんのお話を聞いたことがありました。

話し合いで解決することは少ないという内容のお話に最初はえっ!?と思いました。

お互い立場や考えが違えば交わることは無いままという意味でです。

国同士の話し合いの場でお互いに納得して何かを決められる事が少ないのも同様の理由です。

自分達に有利なように話を進めたい者同士が話し合いをすれば当然そうなりますよね。

仲良くするための話し合いではなく自国の為の交渉なのでどの国の代表者も必死になると思います。

それを日常に照らし合わせても同様に人同士の関係も単純なものではありません。

同じ方向に歩いていたはずが考えの違いに立ち止まるということ良くあると思います。

進む方向がはっきり違うと思えば離れていくことも自然なのかも知れません。

人間はずっと争い事が絶えないし人間関係に悩んでメンタルの部分が病んでしまう人も少なくないです。

一つだけ解決法を見つけるとしたら考えが違っていても相手の立場や大事にしているものを認め思いやることでしょうか?

それがなかなか難しいことではありますが、、、

自分が大事にしているものは誰でも守りたい、他人にそれを邪魔されたくないという気持ちは当然です。

邪魔するものは疎外するというのは分かりやすいやり方だけどそれは争いの元になってしまうかも知れません。

考えが違う者同士でも相手を認めるという心の広さを持つこと、簡単ではないですが多分それが争わないことに繋がるのでしょう。


Img_3931
お天気良かったからお腹を出して日光浴しているのかな。
平和そのものです。


野生動物を見れば一目瞭然な事があります。

縄張り意識です。

生きる為に縄張りを死守して侵入してくるものを追い出す。

でも人間同士がそれと同様なことをすれば戦争に繋がってしまいます。

人間には言葉があり主張するだけでなく譲歩してお互い妥協点を見つける事が出来るはずです。

それは時間が掛かったり面倒な事とは思います。

でも争わない為にやらなくてはならない事です。

Img_3910
挑発する人がいてずっと威嚇していたアムールヒョウの子供。
マナーが良くないお客さんが多いとがっかりしてしまう。


動物園の事に関わってみるといろいろな考えがあるという事を知りました。

自分が楽しければいい、お気に入りの動物が幸せになることが一番大事、飼育員さんの人柄や技術力に魅了される等様々です。

でもトータルで見ることも必要です。

その園の理念、予算、人材、地元の応援などはどうなのか。

動物サイドに立つだけで解決しないこともあるでしょう。

大好きな動物がいることがスタートラインでもそれを取り巻く環境に目を向けていくといろんなものが見えてくるのだと思います。

妥協点を見つける事動物関連でも同じかも知れません。

動物の為になることを際限なくしてあげたいというのは理想ではあるのですがそうも行かないという状況があります。

妥協点を見つける事が手を抜くということではなくそれが最善の選択だとしたら納得できます。

最善の選択をしているか?を動物ファンとしては見て行きたいと思います。

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »