2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 2018年8月 | トップページ

2018年9月

手稲区のヨガサークル

Img_6968
大森山動物園のカサンドラ
こんなしなやかな背骨羨ましい♪


早いものでもう9月下旬となり秋の気配が漂ってきましたね。

今年はいろいろ自然災害が重なり落ち着かない日々を過ごすことが多いように感じます。

サークルの生徒さんとも今回の震災にまつわる事が話題に上がります。

そんな時期ではありますがどんな時も自分の健康に関しては気をつけたいものです。

被災した時でも体力がある場合とそうではない場合でいろいろと違ってくると思います。

メンタル的な分部でもヨガをしたり生徒さん同士でお話する事で少し気持ちを落ち着ける事が出来ていたのでは?と感じました。

私自身いろいろな情報を得ることができ同じ経験はなるべくしたくはないですが何かの時の備えはこうしたらいいかなと参考になりました。

私は現在手稲区で3つのサークルを担当しています。

何処も90分で準備運動を念入りに、生徒さんとのコミュニケーションを大事にと考えてヨガを指導させていただいています。

これから寒くなる時期ですが体を温める効果のあるメニューも取り入れています。

またスクワットなど足を強くするものも必ず入れるようにしています。

かといってずっと立って行う訳ではなくうつ伏せや仰向けで行うようなものもあります。

途中で一息いれられるもの(セルフマッサージなど)も入れたりします。

時にはベルトなども使用し体が硬くても無理なく行えるように配慮しています。

サークルという形態ではありますが当番などは無く割と負担は少ないと思っています。

ヨガに関心のある方無料体験もありますので一度参加してみませんか?


cuteヨガサークルの詳細

あざみ

場所 手稲区民センター 2F はまなす
日時 毎週火曜日 午後7時~8時半

参加費 月3000円


ブルースター

場所 星置地区センター 2F 集会室B

日時 毎週木曜日 午後7時15分~8時45分

参加費 月3000円


マリーゴールド

場所 手稲区民センター 3F すずらん

日時 毎週土曜日(会場予約できない場合はお休み)
    午前10時~11時半

参加費 1レッスン毎 1回1000円

無料体験は直接来て頂いて結構です。

ヨガマットお持ちの場合は持参して下さい。

動きやすい服装でお願いします。

何かご質問などありましたらこちらからお願い致します。

地震に関してのご報告&膝の回復

Img_7140
おたる水族館、停電中は大変だったでしょうね。
でもいち早く8日から開館していました。
写真は震災前のトドの親子。



9月6日早朝に大地震がありいろいろと大変でした。

当日は2つのサークルのある日でしたが北海道全体が停電になり、もちろんサークル会場も使えずお休みになりました。

私のところは当日の夕方には電気が復旧しまだ恵まれてました。

しかし食料など思うように買うことが出来ずあちらこちらのスーパーや商店を巡っておりました(;´・ω・)

でももっと深刻な被害を受けたところの方々に比べたら自宅で過ごせていますし贅沢は言えません。

私は8日からお仕事を始める事が出来ました。

まだ地震後の余波が残る中会場に来てくれた生徒さんに感謝したいです。

皆さん今回の地震で体験したお話をし、ヨガをすることで気持ちが落ち着いたとしたら私としても嬉しいです。

昨日は夜のサークルがあったのですが私にとっていい事がありました。

みなさんと準備運動ししゃがむ動作をしたのですが足先を開けば完全に深くしゃがむことが出来ました!

またその流れでゆっくりと様子をみながら正座にも試みたのですがこれもほぼ痛みなく行うことが出来ました(*^▽^*)

最初の症状として膝裏を伸ばそうとすると痛む、膝裏が腫れている、正座やしゃがもうとすると痛みがあるなどでした。

そのどれもがほとんど解消しつつあります。

1か月近く掛かりましたがが病院のお世話になることなくここまで良くなったのは嬉しいです。

サプリメントのグルコサミンがどの程度の効果があったのは分かりませんが毎日欠かさず飲んでいました。

後は皆さんとヨガをしたり自宅では膝の屈伸(座ってやったり立ってハーフスクワット)は続けていました。

膝を曲げ伸ばしする時にギシギシする感じがしました。

関節液が減っているのかな?軟骨も減ってきているのかな?という印象を持ちました。

普段歩く分にはほとんど支障ありませんでした。

ヨガをする中で腿周辺には筋肉がしっかりある方なので膝関節へのダイレクトな刺激を緩和できていたと思います。

病院に行って原因を調べ適切な処置を受けることも時には大事です。

ただ今まで私はヨガで得た経験を元にケアすれば良くなるということを数回繰り返しているので自分で考えながらやっていました。

生徒さんには病院での受診を勧めることもあります。

原因が分かった方が自宅でケアするにしても何をすればいいかはっきりするでしょうし。

肩が痛い→多分五十肩だろうとなりがちですが腱板が断裂している事もあります。

私も回復しない期間が長引いたりすれば多分病院のお世話になったと思います。

但し病院で必要以上に安静を求められた場合はそれを守らないかも知れません。

関節は動かさないと関節液が流れず栄養を吸収できなくなり軟骨が更に痩せてしまうからです。

更にケアを続け楽に正座できるまで回復するように努めたいです。

どうしても正座しなくてはならない状況はそんなに無いんですけどね(*^-^)

« 2018年8月 | トップページ