2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

スポーツ

ダルビッシュ&清水宏保さんの深いお話

先日報道ステーションtvにダルビッシュと田中将大選手が出演していましたね。

次期ソフトバンクの監督、工藤さんを交えて対談していました。

その中で一番興味のあった話題は大谷選手についてのことです。

162キロのスピードでボールを投げられるということに関しては2人とも評価しているようでした。

しかしその一方、ダルビッシュからすると末端の力で投げているようにも見えるとのことでした。

腕とか手に頼りすぎてるということなんでしょうね。

ダルビッシュは指先の力を抜くことにこだわっているようでしたから大谷のピッチングフォームを見てそれを見抜けてしまうのでしょうね。

もっと体幹を使って投げろということなんですよね、多分。

確かに大谷はコントロールが安定しなかったりボールは早いのに打たれるということが良くありました。

俗に言う切れの良い球baseballが投げれていなかったということになるんでしょうね。

体幹を強くして無駄に力を入れないことが身に付けばまだまだ伸びしろはあるということになります。

多分この対談大谷選手も見ていたでしょうから参考にして今後の練習に役立ててほしいな~confident

また、今朝はサンデーモーニングにスピードスケートの金メダリスト清水宏保さんが出演していました。

その中でフィギュアスケートはジャンプ前の踏切りで足の力が強いと氷が割れてしまうということをお話していました。

種目は違うけれど氷のことに関しては知りつくしているそうです。

羽生選手は足の力が強い分その可能性が高まるそうです。

氷が割れればもちろんバランスを保つのが難しくなりますよね。

その調節が今後の課題だとか。

羽生選手の闘争心の強さが裏目に出てしまうこともあるらしいです。

そういえば中国で怪我した後の演技で怪我の影響もあったのでしょうがことごとくジャンプに失敗していました。

飛ぶ~sign03といきまいていた後の演技でそうとう足に力が入ったはず。

氷の上というのはやはり繊細な感覚が必要とされるのでしょうね。

早い球を投げる時の手と同じでフィギュアのジャンプも足そのものは緊張させず柔らかく力を伝えなくてはいけないようです。

頂点を極めた方々のお話に共通するのは体の中心を使いそれ以外の部分は力を抜くということのようです。

それって、、、やはりヨガに通じるのですよねshine

いかに力を抜くかがヨガの課題でもあると思っています。

そういった目線でアスリートのお話を聞くととても面白いですnote

大谷君が自分はまだ基礎をやる段階だからと、、、

今日本の野球界baseballで一番注目されている若手は間違いなく大谷選手でしょう。

日米野球でもメジャーの選手が驚くくらい20歳という若さで秀でたものを見せています。

そんな彼がオフシーズンをどう過ごすかというとファームの鎌ヶ谷で基礎を中心に一人で自主練するということでした。

自分はまだ基礎をやる段階なのでという理由からだそうです。

当たり前のようでそういう選択はなかなか出来ないのでは?と思ってしまいます。

周りから評価されいずれメジャーで活躍したいということであれば名のある選手との合同練習とかを考えたりするのかな?と思うけれどまず基礎をやるというところが憎い(≧∇≦)

自分を見つめ何が足りていないか?に気付くためにはやはり一人の練習が必要だと分かっているのでしょう。

もちろん客観的なアドバイスを受けたり優れた選手の練習法から学ぶことも大事と思うけれどそれ以前に自分を見つめることが何より大事と分かっている大谷君、、、素晴らしいshine

2刀流に関しては賛否両論ありこれからもどんな風に進化するのかは未知数です。

でも、、、巷の雑音に関係なく黙々と自主練しようとする彼はやはり非凡なものを持っています。

2刀流に挑戦した選手が居ないということは彼自身が自分の可能性を探っていくしか無いのでしょう。

野球もやはり修行なのでしょうね。

修行はみんなでわいわいやるものではなく一人集中してやるものだから。。。

来シーズン大谷君がどんな風に成長していくのか今から楽しみnote

ただあまりに早く成長されてしまうと困るかも、、、暫くはファイターズに居て欲しいから(゚ー゚;

無茶なことやっても感動はできない -羽生選手を止めなかった大人たちは情けない

昨日男子フィギュアで羽生選手と中国の選手が練習中に激突して2人とも倒れた。

羽生選手は相手選手の肩に顎をぶつけたようだった。

リンクに倒れこみ顎からは血が出ていた。

中国の選手は一度は棄権することにしたようだったが羽生選手が演技すると決めたことを受けて棄権を撤回した。

2人ともふらついた状態でジャンプの度に転倒しながらなんとか持ち時間はこなした。

見ていても辛い演技だった。

ここで問題なのはどうして周りの大人が出場を止めなかったのか?ということ。

脳震盪を起こしていたとして、もし演技中に転んでまた頭を打ったら命に関わるくらいのダメージを受けるそうだ。

それくらいのことは素人が考えても分かる。

そんな危険性があるのに滑らせてしまったことは無謀と思う。

本人の意志だからいいという意見もあるだろうけど頭を打って朦朧とした直後にまともな判断ができるだろうか?

フィギュアをとりまく環境がどうも選手を大事に考えているとは思えない。

スポンサーに対する義務とかファンの期待に応えるとかいう事情はあるのだろうけど。

もし今後何らかの後遺症が残ったとしたらその責任は誰が取ってくれるのだろう?

またTVのアナウンサーや解説者が羽生選手の振る舞いを褒め称え良くやったというようなことを言っていたのも呆れた。

結局一選手の命や今後のことをちゃんと考えてあげられる人がいなかったから無理を押して滑ったということになる。

コーチもなんのためのコーチなのか、、、

金メダル請負人的なコーチでしかないということ?

もしそうだとしても羽生選手を守れないコーチなら金メダル取ることだって叶わないのに、、、

ジャンプ、舟木選手の重い一言

今回のオリンピックでジャンプの舟木選手(現在も現役)は解説者としてTVに出演していました。

ある番組ではもう引退した選手として扱われ「またオリンピックを目指しては?」と言われ戸惑っていましたthink

その番組の中で彼は国内のジャンプ台には防風ネットが無く風が吹く日は練習できないことを訴えていました。

そういえばソチでは横にネットがありました。

キャスターに失礼な事を言われたけれど自分の訴えたいことはしっかりとアピールする姿に共感しました。

その後日曜朝の番組にもコメンテーターとして出演していました。

その中で隣に座っていたH氏に「何故男子団体のジャンプはメダルを取るのに16年も掛かったのか?」とか「銅メダルで泣いちゃいかん!金メダルならいいけれども。」というような事を言われていました。

ジャンプで使用する板のサイズがルールが変わったことで日本選手に不利になったこととか彼は知っていたんでしょうか?

また葛西選手が41歳という年齢で若い選手を引っ張りやっと銅メダルを手にしたことを理解した上であの発言なんでしょうか、、、gawk

葛西選手は個人で銀メダルを勝ち取ったけれどその時には涙は無かったのです。

それなのに、それなのに~ヽ( )`ε´( )ノ

しかしそんな中舟木選手は冷静でした。

ルール改正があったことを説明していました。

ここでも防風ネットの事を訴えていました。

また高梨沙羅ちゃんや浅田真央さんに対する取材が殺到したことに対しても喝sign03を入れていました。

連盟がもっとメディアから守ってあげるべきと。

竹内選手(スノーボード)は世界ランキング2位だったにも関わらずほとんど知られていなくて沙羅ちゃんや真央さんは金メダル候補という事でそこにばかり集中していたようです。

結果が出て初めてそこになだれ込むというのはメディアとしての使命感は微塵も感じません。

NHKが以前竹内選手の特集はやっていましたが。

舟木選手はスポンサー契約が出来なかったり練習場所を確保できないスポーツ選手をサポートする会社を立ち上げて活動し自分も現役を続けています。

今回オリンピックには出れなかったけれど自分の事以外でも地道に活動しているのです。

冬のスポーツをやる選手は北海道を拠点にする場合が多いと思います。

北海道の企業でそういった選手を育成するだけの資金を確保するのは難しいのかも知れません。

そういった状況だからこそ舟木選手の活躍をこれからも見守りたいと思います。

メダルの数だけで大騒ぎするマスコミと比較して彼の大人な態度、冷静さにあっぱれsign03

と言いたいですo(*^▽^*)o

Line21

いろんな苦労を乗り越えて

今回のソチオリンピックでは選手一人一人にいろんな苦労があったんだと知った。

競技に関する事以外でも家庭の事やサポート体制のことで並大抵ではない苦労を積んできた選手がいた。

マイナー競技の選手はスポンサーの面や練習場所の確保の苦労、逆に皆が注目する競技の選手には大きなプレッシャーがのしかかったようだ。

また道具に関するルール改正やジャッジの基準が変わるというようなことに対応しなくてはならないことも大変だったと思う。

そんな事をクリアし、体調やメンタル面、運、バイオリズムが合った等いろんな条件が整った人が金メダルを手にしたのかな?と思う。

また地元の応援を受けられたという事ではロシアの選手には有利だったのかなと思う。

今回のオリンピックで私が一番輝いて見えたのはスノーボードパラレルの竹内選手だ。

今までも何度かオリンピックに出場して結果が出ず単身でスイスのチームに入れてもらって練習をしたというところが凄いと思った。

そのうえ自分に合った板も開発するということまでやってのけた。

同じ北海道出身者でそこまで逞しく、賢く生きている女性がいるということは誇りに感じる。

どうも日本の中では自立した女性というのは育ちにくいというイメージがある。

彼女は何か突き抜けた感じがする。

地元のTVに出演した時彼女は何処でも生きていける自信があると言ってのけた。

これからますます選手としてだけでなく指導者としても活躍していける人だと思った。

オリンピック絡みではいろんな事が起きる。

ルール改正やこういったジャッジはおかしいsign03という時彼女ならしっかりアピールし交渉する能力がありそうだ。

はっきり物が言えない日本人の殻を打ち破って欲しいものだthink

葛西選手と同じブレスレッドと2ショット写真

Gacye_2

これ、ジャンプで活躍した葛西さんが持っているのと同じブレスレッドですsign03

実は昨日生徒さんから聞いてあるクリーニング屋さんに行きました。

そのお店ではパワーストーンも置いていて葛西さんもそこのお客さんだそうです。

葛西さんの為に作ったブレスレッドが上の写真のもので一般の人も買えるそうなんです。

黄色い石(名前忘れてしまいました(;;;´Д`)ゝ)は怪我をしないお守りみたいな意味があるそうです。

そして葛西さんは黄色が好きな色なんだそうですbanana

他のスポーツ選手からも問い合わせがあるくらい今注目されてるみたです。

普通に自分の好みやその人のイメージに合ったブレスレッドをここで作ってもらうこともできるとかsign03

今私も作ろうかなぁと思案中ですcoldsweats01

このブレスレッド以外に葛西選手が着ていた大会用のジャケット等も展示していましたnote

また昨日はお嫁さんから葛西さんとの2ショット写真が送られてきました(゚0゚)

Img_7379_6   

スポンサー会社で働いたからこんなチャンスが巡ってきましたshine

昨日は私にとって葛西選手デーでした(* ̄ー ̄*)

Line201a

【送料無料】不屈の翼 [ 岡崎敏 ]

【送料無料】不屈の翼 [ 岡崎敏 ]
価格:1,680円(税込、送料込)

黙々と淡々と、、、しかし遠藤選手のように熱い気持ちで

NHK、プロフェッショナルでサッカーの遠藤選手のことを取り上げていました。

最近Jリーグはあまり見ておらずワールドカップ予選でちらりと彼のこと見ていました。

プロフェッショナルで取り上げられた時だけ注目するというのもどうかと思いますが元ファイターズの鶴岡選手と共通でガ〇ャピン顔の彼のことは気になっていましたΣ(;・∀・)

遠藤選手は特別足が速いわけでもフィジカル面で強いということもないそうです。

ちょっと猫背でワールドカップ代表の中でも年長者の部類に入ると思います。

パッと見さほど目立つ感じもありません。

sign02 でも髪が長くバンドで止めているヘアスタイルは特徴的ですねcoldsweats01

彼のどんな時でも冷静さを失わないでいることが出来る、自分のやるべきことをこなしていく姿に共感しました。

練習の時他の選手が休んでいても芝生の上でコアトレーニングをしていたりみんなが帰った後も黙々と走るというように、自分に足りないものを補うことに手を抜かない感じでした。

フィジカル的にはそんなに強くないということを自覚しているんですね。

そして年齢的なハンディも考えているのだと思います。

また彼の強みは正確なパスを出せるということとPKの精度なので相当離れたところに置いたサッカーボールを目標にボールを何度も蹴るという練習をしていました。

インサイドとアウトサイド両方で蹴る練習をしどちらもボールを浮かせず転がすように蹴っていました。

やっている事は相当地味なことばかりです。

でも日本代表で本田にPKを譲らないのは遠藤くらいではないでしょうか?

普段やるべきことをやっているから自信があるんですよね。

サッカーをやるうえでボールsoccerを蹴るということがいかに大事なことなのかを知りました。

そしてガンバ大阪はJ2に落ちていたのですねcoldsweats02

日本代表であるとともにガンバ大阪の主力選手でもある彼はチームの為に全力で闘っていました。

どんなステージでも同じように力を注ぐ姿かっこ良かったですshine

日々の生活で新鮮さが足りない、なんとなく壁にぶつかっている、足踏み状態あるいは後退している気がする、、、ということありませんか?

実際私が最近そういう気がしていました。

でもそれって言い訳なのかも知れません。

なら、やるべき事はやっているのか?周りのことを考えているのか?逃げ道を探してないだろうか?

遠藤選手のようにこつこつと地道に、しかし熱く生きていきたいものです。

そういえばヨガも同じです。

ヨガブームは去りましたthink ホットヨガもかなり減ったそうです。

フィットネス自体が厳しい環境です。

でも他では得られないものがヨガにはありますnote

それを信じて進むしかないですね。

そんな意味でも遠藤選手から学ぶこと多かったです。

力をもらいましたsign03

クライマックスシリーズで気になった選手 -カープの菊池選手

少し時間が経ってしまったけれどクライマックスシリーズのこと書きます。

ファーストステージ、タイガースとカープの試合を見ていました。

普段交流戦でしかセリーグの選手を見ないのでもともと詳しくはありません。

その中で目を引いたのはカープの菊池選手。

最初にあれ?と思ったのは打席に立った時の表情でした。

わずかに微笑んでる感じがしました。

ピッチャーにしたら投げづらいでしょうね。

顔だけじゃなく構えも凄く自然体。

無駄な力は入ってなさそうで打つ気満々の打者とは大違い。

でもスローでは打つ瞬間の顔は獲物を狙う顔にw(゚o゚)w

打席に立った時最初から体に力が入ってしまったらその分対応できる範囲が狭くなるだろうし体も消耗してしまいます。

出来るだけリラックスし、しかも集中することが大事ですよね。

菊池選手は小柄でスリムなタイプなのでホームランは少ないだろうけど粘り強くボールに付いていくタイプなんだろうなぁ。

実際クライマックスでの打率は高かったです。

そして守備も素晴らしい(・∀・)イイ!

守備範囲が広く、ジャンプ力も凄いです。

何よりボールを捕ってからのスローイングが早いsign03

あまり筋トレはしていないとのこと。

どんなトレーニングしてるんだろう。

カープはマエケンも独自のアップ法があるみたいだしいろいろ工夫してる選手が多そうだなぁ。

ファイターズが一番気になってるチームだけどカープも面白そうnote

持って生まれた素質もあるだろうけど野球にはどんな事が必要なのか菊池選手を見ていたら少し分かるかなぁ。

彼なら筋肉以外でもっと鍛えるべきところがあると理解していそうだなぁ。

自体重を感じなからのトレーニング

今季のファイターズは最下位bearing

寂しいです( ´;ω;`)ブワッ

解説者の岩本さんがピッチャー陣の不調は走りこみ不足と指摘しました。

ふくらはぎを痛める、足がつる、コントロールが安定しない、メンタル面が弱い等、、、足腰の弱体化によるものと言われても仕方ないです。

走りこみには賛否両論あるようで昔のしごきに通じる走りこみは意味が無いという意見もあります。

へとへとになっても走らせるというのはただ疲労が蓄積するだけ、、、それも一理あると思います。

マシンを使ったトレーニングで足腰を鍛える方法もあるとは思います。

でも座ってやるものだり体重を掛けないものは体のバランスを整えるのにはどうなのかな?と思います。

どこそこの筋肉を鍛える為にはこのトレーニングというやり方もあるんでしょうが体全体のバランスとしてはどうなの?と思ってしまいます。

やはり足腰が安定せずにファンを納得させるパフォーマンスは見せれないのではないでしょうか。

守備でも体をすぐ立て直す能力は足腰の強さだと思います。

座ったままスローイング出来るのは欧米人の体だからですよね。

なんとなく西洋医学と東洋医学の違いと同じようなことがトレーニングのやり方に現れている気がします。

パワーが必要なのも分かるんですが筋トレ以外にも瞬時に力を出せる方法があると思います。

桑田さんが怪我の後古武術をやったのがいい例かなと思います。

正しく立つことや上半身の無駄な力を抜くことで効率良くエネルギーが伝わるから野球にもいい結果が出るのだと思います。

筋トレで得られないものを古武術で習得したのでしょうね。

このことは斎藤君にも当てはまると思います。

今までやってきた事で成果が上がってないということはトレーニングのやり方が間違っていたと言っていいでしょう。

体が大きくないから学生時代に筋肉を鍛える方に走ったのかも知れません。

足のことが疎かで筋トレに走るとバランスを崩します。

一度ゼロに戻ってやる覚悟があるかないかで今後のことが決まるかなぁと思っています。

佑ちゃんと桑田さんの接点があるといいんだけどthink

桑田元投手が古武術とどう関わったかを知りたい方はこちらを参考に!

がっかりな会見

昨日統一球に関しての記者会見がありました。

かねてより今年のボールは飛ぶという噂はありました。

野球を観ていてあれ?あれがホームランになるの?という場面や外野手が目測を見誤ったりする場面が増えたと感じてました。

ボールがイレギュラーしてポーンとはねる→エラーするは関係ないのかな、、、coldsweats01

解説者も素材が変わったんじゃ?という人もいたり、、、怪しいと思っていたのは選手だけでは無さそうです。

ここに来てバレてそうだから公表したという感じなんでしょうか?

選手や各球団に内緒で事を進めこの後に及んでコミッショナーは知らなかったと言っても誰も信じません┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

昨日はいろんな意味で墓穴を掘り今のポストにしがみ付こうとする醜い大人を見せつけられました。

あ~~野球が汚された感じがして腹立たしいbomb

もっと空中戦が増えないと面白くない→だったらこっそり飛ぶボールに変えちゃえsign01みたいな感覚なんでしょうか、、、

以前の統一球が飛ばなすぎるボールが混ざったから少し素材を変えてみたとかなんでしょうか?

そもそも一個一個のボールにばらつきが出るっておかしいですよね?

昨日少し調べてみたら数年前までミズノの野球のボールは国内で職人さんが作っていたそうです。

それを工場の拠点を中国に移し素人と言ってもいいような人(中国人)に作らせるようになったとか。

別に中国で作ってもいいけど一定のもの、規格通りのものを作らないといけないですよね。

そして発注した方はちゃんとしたものが出来たかチェックするべきです。

電気製品と同じです。

国産のものなら安心と思って買ったらすぐ壊れたみたいな感じ、、、お粗末ですよね。

コストパフォーマンスがどうのとかじゃなく選手の一生が掛かってる訳だからまともな物を用意して当たり前ですよねsign02

○○の乱みたいな感じで辞める覚悟で本当のこと話してくれる人が出てこないかな?

ミズノも押し黙ってないでちゃんとした釈明して欲しいです。

その方が企業のイメージも多少保てるのでは?

うやむやにして事が収まるのを待っても野球好きな面々は忘れませんからねsign01

より以前の記事一覧