2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

日記・コラム・つぶやき

鬱の治療は薬が頼り?

今朝NHKのあさイチで鬱病の治療の事をやっていました。

薬の量がどんどん増えて副作用に苦しむ人のお話などが紹介されていました。

病院を変えて症状が良くなったケースもあるそうです。

どのように薬を服用するのがいいのかなどが話題に上がっていました。

不思議なのはカウンセリングやヨガや瞑想などを取り入れるという話が出てこなかった事です。

病院で症状を訴える度に薬の量が増えていったというのはどうなんでしょう、、、

先日アメリカでのヨガや東洋医学の事が紹介されていましたが西洋医学と共に治療法として認識されているようでした。

眠れない、不安感が強いという症状は薬を飲まなくても呼吸法や瞑想で解決する場合もあると思います。

また漢方医は患者さんのお話を良く聞いてくれてその事で症状が軽くなるケースがあるようです。

家族構成を聞いたり、困った事が無いか?などを聞くそうです。

そういう事であれば鬱病の方もお話を聞いてあげるだけで心が軽くなるという事あるのではと思います。

現在病院でもカウンセリングを受けられるとは思うのですがその話題が出ずに薬のお話だけになってしまっているのは物足りなく感じました。

薬、カウンセリング、ヨガや瞑想のようにメンタルを安定させるものを組み合わせると治癒も早いのでは?と思うのですが。

アメリカは多分いいと思われる事は進んで取り入れるという風潮があるんでしょうね。

カウンセリングやヨガといったものはどの程度効果があるのか?という点で人によって考えが違うのかも知れません。

いい結果が出る人もいればそうではない場合もあるかも知れません。

でも副作用という物はないですしその人に合ったものであればどんどん取り入れてやってみる価値はあると思うのですが。

私自身、子育て中不安定になった精神状態が少しずつ良くなったのはヨガのお蔭です。

鬱状態の人がヨガの会場に行くことは最初大変かも知れませんがマイペースで出来るのがヨガなので是非参加してもらいたいと思います。

理学療法に関するお話聞いてきました

今日は区民センターで行われた「肩の動きを良くしよう!」という公開講座を聞いてきました。

大学で理学療法学科の講師をしている先生のお話です。

肩の構造について詳しく説明して下さいました。

次に肩の疾患のお話を聞き最後は肩の動きを良くするエクササイズを参加者でやってみました。

何処に効果があるか説明もして頂き有意義な時間を過ごす事が出来ました。

質問の時間もあり五十肩と腱板断裂の自覚症状の違いを聞くことが出来ました。

五十肩は夜間寝ている時も痛みがあることが多いようなのですが腱板断裂ではそのような事は少ないとの事でした。

肩や腕の動きが悪く痛みがある場合は病院でMRI検査すると原因が分かるようなので自分で五十肩と決めつけない方がいいですね。

今日行ったエクササイズはヨガと共通のものがあったり呼吸も合わせて指導されていたのでとても良い内容だったと思いました。

こういった症状の時はやらない方がいいエクササイズも説明してもらえたのも良かったです。

腕を真っ直ぐ上げる為には肩甲骨、鎖骨、肩関節、背筋が関係するそうでそれらの条件が整わないと出来ないそうです。

今日のような公開講座また参加したいと思いました。

タイの洞窟から助かった子供達

Img_5764

到津の森公園のワオキツネザル
お腹をお日様に向けて座っているとき瞑想してるように見える事があります(^^;)

最近生徒さん達とタイの洞窟に閉じ込められた子供達の事が話題になります。

豪雨被害の事やオウム事件の事など暗い話題が多い中タイの子供達が全員助かった事は一筋の光が射すような出来事でした。

皆さんヨガをやっているので、コーチの方が子供達と一緒に瞑想をして気持ちを落ち着かせ無駄に体力を使わないようにしていた事にもとても関心があったようです。

また洞窟の天井から落ちてくるお水を飲んで渇きを癒していたことなども興味深い事でした。

私は子供達の目が印象的でした。

そんなに裕福ではないんでしょうけど普段きっと幸せに暮らしているんでしょうね。

目が澄んでいるというか曇っていないというか。

そういう無垢な心が助かる原因にもなったのだと思います。

瞑想をしてもコーチを信じていなければあれこれ悪い方に考えてしまったかも知れないですし。

誰かの誕生日の為に洞窟でお祝いをしようとしたそうなのでお菓子などは持っていたようですね。

それもきっとみんなで分け合って少しずつ食べていたんでしょうね。

心が落ち着いていれば争うこともなかったのでしょう。

また親御さんも我が子が先に助かって欲しいというのが本音だったでしょうけどそのような事でトラブルも無かったようですね。

自分の権利を主張するのが当たり前の世の中になりつつありますが今回の出来事は相手を思いやることの大切さを教えてくれたような気がします。

またヨガイコール瞑想ではないのですが瞑想と共通している事は沢山あります。

ヨガを行っている時はそのことに集中し他の事は考えないという点が一番の共通点です。
また呼吸を安定させるという要素もあります。

ヨガをすることで静かな呼吸が出来る、安定して座ることが出来る、体の力を抜くことが出来るなどをクリアしていくと自ずと瞑想の質も高くなるはずですよね?

瞑想中心のヨガもあるようですが私は体を整え瞑想をする準備をする事が必要と考えます。

体があるという事は無視できないので心だけを磨けば良いという風にはならないと思います。

オウムの事が取り上げられるとまたヨガに対してのイメージが悪くなってしまうのかな?と心配になりましたが今回の事で瞑想に注目が集まったことは良かったです。

ヨガや瞑想は怪しいものではなく人々を救い癒すものと認識してもらえると嬉しいです。

仙北市西木町のかたくりと角館の桜

Img_4923

4月22日に大森山動物園を訪ねた後翌日は秋田空港で見たパンフレットがきっかけでかたくりの群生を見に行きました。

秋田から角館までは新幹線、そこから秋田内陸線に乗り八津というところで下車しました。

かたくり群生の郷は栗農家さんが管理していて栗の木の下一面に咲いていました。
Img_4939

かたくりがこんなに沢山咲いているのは初めて見ました。

Img_4945

人が植えたのではなく野生だそうです。

Img_4947

ここまで来るのには結構急な坂を登らなくてはなりませんでした。

車を利用して来ている人もいました。

Img_4983

かたくりを見た後はまた角館に戻り桜を見ることに。

Img_4997

歴史ある建物と桜、、、いいですね。

Img_5007

青空が出ていたらもっとくっきりとした写真撮れたでしょうね。

Img_5017

川沿いの桜も見事でした。

北海道は蝦夷山桜が多いのですがここはソメイヨシノが主なんですね。

Img_5045_2

枝垂れ桜はゴージャスに見えますね。

Img_5055

今まで桜を先取りして見たことが無かったので得した気分になりました。

しかも角館で見る事が出来るなんて。

まだ早いのかなと思いつつ訪れましたが丁度良い時期だったと思います。

 

大森山動物園で貴重なお話を聞いてきました

Img_4896
アミメキリン リンリン カンタ


先日秋田の大森山動物園に行き午前中は動物達を見学し、午後は飼育員さんのお話を聞きました。

NHKのプロフェッショナルにも出演したことのある飼育員さんとカリフォルニアアシカ担当の飼育員さん2人のお話でした。

内容は詳しく書けないのですが、、、とても中身が濃く私よりも実際に飼育に関わっている方かこれから飼育員さんを目指す方に聞いてもらいたいような内容でした。

それとヨガとどう関係あるのか?という事になりますが共通することがあります。

日々精進しより良い方法を見つけた人がいたとします。

その人がもっとその事を広めたいと思ってくれたら多少遠くても直接習いに行きたいと思いますよね?

私の場合は今自分が支持しているヨガがそういった物です。

幸い札幌でワークショップを受けることが出来身近な先生からも教わる事ができました。

私は恵まれていましたがそのワークショップには関東などからも生徒さんが来ていましたし海外からの参加者もいました。

みなさんそこまでして来る事に価値があると思ったからだと思います。

世の中にはいろんなヨガがあり商業ベースにのったものもあります。

でもそれが本当に体に良く精神的にも安定するような内容のものなのか?はまた別のお話と思います。

安全で効果的、遠回りしないで済むならそれに越したことはありません。

ただそういった物はシンプルで派手さはありません。

根気良く続けることが第一になります。

ヨガに関して私はそういう経験をしているので飼育員さんのお話が重なったのです。

プライベートな時間も動物の為に観察を続けている(ライブカメラで)、今までの失敗を乗り越えて寄り良い方法を見つける、自分だけしか出来ない事を無くし他の飼育員さんにも継承する、効率の良いやり方を見つけ負担を減らす等何もかも凄いなと感じる事ばかりです。

そういった動物の飼育に関する手法をもっと多くの人に知ってもらえたらと心から思いました。

秋田は確かに関東、関西からは遠いです。

北海道からもそう近くはないです。

でも、、、私のような動物ファンが行ったのだからもっと飼育に関わりのある方々が行ってもおかしくないのに。

もし今動物園で働いていて今回のお話を聞いたら多分変えなくてはならない事がいろいろ出て来るでしょう。

それも簡単なことではないかもしれません。

でも別なやり方で動物の健康管理がしっかりと出来無駄な時間を使わなくて済むとしたらそれをやらない理由は無くなるはずです。

傍から見る私がもどかしいです(-_-;)

ヨガのシーンでもわざわざ体に悪いやり方をして、、、と思うことがあります。

しかしながらもっと良いものを知らない人がそういうところに通ってしまうのは残念な事です。

今回は仕事に向き合うとはそういう事なんだと教えて頂きましたし、私自身の今後のヨガの為にも生かしたいと思いました。

そして動物園や水族館の質が向上するよう微力でも何かしたいと思いました。

星置緑地のミズバショウ & おたる水族館のゴマフアザラシ

Img_4568

私は月曜日お休みなので家から2駅で行ける星置緑地に行きました。

1週間前にも行っていたのですがまだミズバショウはほんの少ししか咲いてませんでした。

昨日はまだ少し時期が早いのかも知れませんがこのくらいが綺麗かなと思います。

ピークをちょっとでも過ぎると茶色くなってしまうので。

Img_4587

ヤチブキも綺麗でした。

山菜として採ることもあるのですがそういう時でも花はかわいいなと思ってました。
Img_4586
あちらこちらに切り株があってそこに蔦が巻きついたりしていてそれも素敵でした♪

Img_4596

ミズバショウは場所によっては群生して咲いています。
Img_4597

ミズバショウは綺麗な白が命。

そういう時期は短いんですよね。
Img_4574

水と木と植物があるって贅沢ですね。

エゾサンショウウオもここに生息しているようです。
Img_4624

その後JRで小樽まで行き更にバスでおたる水族館へ。

目的はこの子。

3月29日に生まれたワカナちゃん。

この子の写真を撮るためのカメラマンが数名張り付いてました(^-^;
Img_4617

こちらはワカナちゃんより3日早く生まれたもさお君。

名前のとうり少し前まではモサフワだったのですが、、、

昨日はほとんどの産毛が抜けてしまいました( ;∀;)

お母さんもその変化を察したのか側に行っても相手をしてくれなくなってしまたそう。

それでこんな隅っこにいたのかな。
ちょっと切ないですが野生のアザラシも同様らしいので立派に独り立ちすることを願うしかありません。
Img_4605

奥にいるのが昨年生まれたモモたろう君。

彼が離乳して最初にお魚もらうところは飼育の日のイベントで見ること出来ました。

みんな同じ道をたどるのですね。

手前のハヤト君、もう一頭のぴゅーた君と共に3頭でこのプールで過ごしています。

植物と小樽のゴマフアザラシを見ていい休日を過ごすことが出来ました。

それぞれの想い

Img_3861
旭山動物園のゲンキ君。いろいろやってくれる彼。
心配させられるから気になって好きになるんだよ。

かなり前の話になりますが初期仏教のお坊さんのお話を聞いたことがありました。

話し合いで解決することは少ないという内容のお話に最初はえっ!?と思いました。

お互い立場や考えが違えば交わることは無いままという意味でです。

国同士の話し合いの場でお互いに納得して何かを決められる事が少ないのも同様の理由です。

自分達に有利なように話を進めたい者同士が話し合いをすれば当然そうなりますよね。

仲良くするための話し合いではなく自国の為の交渉なのでどの国の代表者も必死になると思います。

それを日常に照らし合わせても同様に人同士の関係も単純なものではありません。

同じ方向に歩いていたはずが考えの違いに立ち止まるということ良くあると思います。

進む方向がはっきり違うと思えば離れていくことも自然なのかも知れません。

人間はずっと争い事が絶えないし人間関係に悩んでメンタルの部分が病んでしまう人も少なくないです。

一つだけ解決法を見つけるとしたら考えが違っていても相手の立場や大事にしているものを認め思いやることでしょうか?

それがなかなか難しいことではありますが、、、

自分が大事にしているものは誰でも守りたい、他人にそれを邪魔されたくないという気持ちは当然です。

邪魔するものは疎外するというのは分かりやすいやり方だけどそれは争いの元になってしまうかも知れません。

考えが違う者同士でも相手を認めるという心の広さを持つこと、簡単ではないですが多分それが争わないことに繋がるのでしょう。


Img_3931
お天気良かったからお腹を出して日光浴しているのかな。
平和そのものです。


野生動物を見れば一目瞭然な事があります。

縄張り意識です。

生きる為に縄張りを死守して侵入してくるものを追い出す。

でも人間同士がそれと同様なことをすれば戦争に繋がってしまいます。

人間には言葉があり主張するだけでなく譲歩してお互い妥協点を見つける事が出来るはずです。

それは時間が掛かったり面倒な事とは思います。

でも争わない為にやらなくてはならない事です。

Img_3910
挑発する人がいてずっと威嚇していたアムールヒョウの子供。
マナーが良くないお客さんが多いとがっかりしてしまう。


動物園の事に関わってみるといろいろな考えがあるという事を知りました。

自分が楽しければいい、お気に入りの動物が幸せになることが一番大事、飼育員さんの人柄や技術力に魅了される等様々です。

でもトータルで見ることも必要です。

その園の理念、予算、人材、地元の応援などはどうなのか。

動物サイドに立つだけで解決しないこともあるでしょう。

大好きな動物がいることがスタートラインでもそれを取り巻く環境に目を向けていくといろんなものが見えてくるのだと思います。

妥協点を見つける事動物関連でも同じかも知れません。

動物の為になることを際限なくしてあげたいというのは理想ではあるのですがそうも行かないという状況があります。

妥協点を見つける事が手を抜くということではなくそれが最善の選択だとしたら納得できます。

最善の選択をしているか?を動物ファンとしては見て行きたいと思います。

円山動物園と文房具屋さんで休日を満喫

Img_3497

昨日は久々に円山動物園に行ってきました。

新しくできたアザラシ、ホッキョクグマ館を見るというのが一番の目的でした。

実際にホッキョクグマが頭上を泳ぐ姿を見るのはとても新鮮でした。

写真は沢山撮ったのですが水中の写真というのは難しいですね。

ピントが合っていなかったり逆光になってしまったり、、、

私のカメラの技術がそいうレベルなのだと思ってもいます


Img_3730

レッサーパンダも可愛らしかったです。

3時間ほど動物園で過ごしその後街にある文房具屋さんへ。

ヨガ教室で使うチケットを印刷する為の用紙などを探しに行きました。

その他動物のシールなどにも目が行ってしまいあっという間に夕方になってしまいました。

久しぶりに一日中歩きまわりました。

お天気も良く気温が高かったせいもありあまり疲れを感じませんでした。

何より好きな動物を見ていろんな用紙やシールを探すというのが楽しかったからだと思います。

昨年に比べ今年は出かける機会が少ないと感じていました。

つい仕事の無い日は家で過ごしPCの前に座る時間が長くなっていました。

もちろんヨガによる恩恵は受けているのですが一日足を使って歩くことは健康維持にもいい事かなと思います。

札幌はまだ雪が沢山残っていますし今日も昨日に比べ冷え込んでいます。

でも確実に春は近づいてきています。

もっと暖かくなったら更に歩く機会を増やしていきたいです

道外の動物園にも遠征したいなと考えています。

上野のパンダも気になりますがもっと南の方に行ってみたい動物園があります

久々の風邪

Img_3249
トナカイ、冬の寒さはへっちゃらでいいな~

今月6日頃から約1週間風邪をひいてしまいました。

喉の痛み、頭痛、寒気などでお仕事も1度お休みしました。

サークルの生徒さんに今年風邪はひかなかったかを聞いたところヨガをやっているのでひいていないとのこと、、、

私は肩身が狭く感じてしまいました

細目に水分補給する、舞茸などを食べて免疫力を上げるなど気をつけていたのですが、、、

2~3日寝たり起きたりして過ごし食欲も落ちてしまいました。

私にとって食欲が落ちるというのは珍しいことなのです(;;;´Д`)
現在は少し咳が残っているものの体力は80%くらいまで回復しました!

風邪で体力が落ちた時感じたのはお腹に力が入らない、声が出にくい、気弱になってしまうなどです。

体力が落ちるとくよくよしてしまうというメンタルへの影響もあるみたいです。

風邪から他の病気を併発する事もあるので要注意ですね。

幸い今はオリンピックが開催されているので頑張っている選手達から良いエネルギーをもらえています

男子フィギュア、女子スピードスケートなど日本人の活躍が素晴らしいです

春に向けヨガの仕事を継続するためにも自分の健康管理に気を付けなければ!

瞼が下がると肩が凝る

先日NHKのガッテンでやっていた瞼のお話すると関心を持つ人が多いです。

年齢と共に瞼が下がってきてそれが頭痛や肩こりを引き起こすという内容だったのですが自覚症状のある人は多いです。

また瞼のせいでそういうことが起きるの?という人もいました。

化粧品(二重瞼にする糊やシール)でそういった悩みを改善できるという事に驚いている人もいます。

男性の生徒さんでも試してみたいという人がいました。

確かに瞼が重く感じ暗く見える時ってありますね。

瞼が上がるだけで視界が広がり明るくなるって当たり前の事なんでしょうけど年のせいと諦めている人多いかも知れません。

また瞼を上げようとするとおでこから頭頂、後頭部に掛けて凝りが生じるというのもびっくりです。

無意識に瞼を上げようと頑張っているのですね。

若い生徒さんは美容目的で使用したことがあり二重瞼にするグッズのお値段と、それをドラッグストアで買えることも教えてもらいました。

今日のヨガサークルでもそのお話を聞いて約2名の方(男性含む)はアイプチに挑戦するかも(^^;)

手術とかせずにお手軽に瞼を引き上げることが出来るなら化粧品を使用するのもいいですよね

今時の世の中、目はPCやスマホ等で酷使すること多いですし疲れています。

本当は目を休めるという事が重要なのかも知れません。

そういうことも気にしつつ便利なグッズがあれば利用してみるのもいいのかも知れませんね

より以前の記事一覧