2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ヨガ

地震に関してのご報告&膝の回復

Img_7140
おたる水族館、停電中は大変だったでしょうね。
でもいち早く8日から開館していました。
写真は震災前のトドの親子。



9月6日早朝に大地震がありいろいろと大変でした。

当日は2つのサークルのある日でしたが北海道全体が停電になり、もちろんサークル会場も使えずお休みになりました。

私のところは当日の夕方には電気が復旧しまだ恵まれてました。

しかし食料など思うように買うことが出来ずあちらこちらのスーパーや商店を巡っておりました(;´・ω・)

でももっと深刻な被害を受けたところの方々に比べたら自宅で過ごせていますし贅沢は言えません。

私は8日からお仕事を始める事が出来ました。

まだ地震後の余波が残る中会場に来てくれた生徒さんに感謝したいです。

皆さん今回の地震で体験したお話をし、ヨガをすることで気持ちが落ち着いたとしたら私としても嬉しいです。

昨日は夜のサークルがあったのですが私にとっていい事がありました。

みなさんと準備運動ししゃがむ動作をしたのですが足先を開けば完全に深くしゃがむことが出来ました!

またその流れでゆっくりと様子をみながら正座にも試みたのですがこれもほぼ痛みなく行うことが出来ました(*^▽^*)

最初の症状として膝裏を伸ばそうとすると痛む、膝裏が腫れている、正座やしゃがもうとすると痛みがあるなどでした。

そのどれもがほとんど解消しつつあります。

1か月近く掛かりましたがが病院のお世話になることなくここまで良くなったのは嬉しいです。

サプリメントのグルコサミンがどの程度の効果があったのは分かりませんが毎日欠かさず飲んでいました。

後は皆さんとヨガをしたり自宅では膝の屈伸(座ってやったり立ってハーフスクワット)は続けていました。

膝を曲げ伸ばしする時にギシギシする感じがしました。

関節液が減っているのかな?軟骨も減ってきているのかな?という印象を持ちました。

普段歩く分にはほとんど支障ありませんでした。

ヨガをする中で腿周辺には筋肉がしっかりある方なので膝関節へのダイレクトな刺激を緩和できていたと思います。

病院に行って原因を調べ適切な処置を受けることも時には大事です。

ただ今まで私はヨガで得た経験を元にケアすれば良くなるということを数回繰り返しているので自分で考えながらやっていました。

生徒さんには病院での受診を勧めることもあります。

原因が分かった方が自宅でケアするにしても何をすればいいかはっきりするでしょうし。

肩が痛い→多分五十肩だろうとなりがちですが腱板が断裂している事もあります。

私も回復しない期間が長引いたりすれば多分病院のお世話になったと思います。

但し病院で必要以上に安静を求められた場合はそれを守らないかも知れません。

関節は動かさないと関節液が流れず栄養を吸収できなくなり軟骨が更に痩せてしまうからです。

更にケアを続け楽に正座できるまで回復するように努めたいです。

どうしても正座しなくてはならない状況はそんなに無いんですけどね(*^-^)

ストレスと膝、関係あるのかな?

丁度お盆休みに入ったので良かったのですが膝の調子が思わしくないです。

時々膝裏が伸びにくい、正座や膝を内側に曲げた時痛みがあるなどという事がありました。

今回は今までと違い症状が長く続いているようなので少し慎重に対応したいと思っています。

以前も調子が悪くなった事がありましたがその時は両親の事でいろいろあった時でした。

今回もあれこれ考えてしまうような事があってそういう事も関係あるかな?と思っています。

ストレスのせいで体の中にも淀みが出てきているのかな?

普段の生活の中で無理に正座しない、急な下り坂を降りない、適度に関節を動かすといった事を行っています。

関節を動かす為に一番簡単で負担が掛からないのは足首回しです。

ゆっくり回したり、足指の上から手の指を組んでみたりもしています。

膝の関節を直接動かさなくても足首回しをすると強張りがほぐれるように感じます。

膝の屈伸は仰向けに寝た姿勢、椅子に座って体重を掛けない方法でやったりしています。

今回はストレスだけでなく思い当たる事があります。

ヨガのレッスン中に少しオーバーストレッチになってしまった瞬間がありました。

何時もよりしっかり伸ばしてみようと思ってそれが膝や膝裏に負担になったのかも知れません。

ほどほどにすることも大事ですね。

今までサプリメントはほとんど利用した事無かったですがグルコサミンを試しています。

私の軟骨もいよいよ質が悪くなってきているのかな?と心配になったからです。

肩も実はある動きによっては痛みが出ます。

やはりそういう年齢なのかな、、、( ̄◆ ̄;)
大事にし過ぎても、逆にやりすぎても駄目なのが関節に対するケアと思ってきましたし生徒さんにもずっとそう言ってきました。

自分の身に起きたとしてもそれは同じ事です。

これからだんだん気温も下がってくるでしょうし冷やさないように気を付けながら治して行きたいです。






鬱々とした気持ちが晴れて

昨日は久々にヨガを教わりに行きました。

生徒さんの前に立つ時とは逆に何も考えないように出来ることが嬉しいです。

最近は少し悩んでいることがありました。

自分ではどうにもできない事と感じていました。

考えても仕方ない事なのについ考えてしまっていました。

そういった霧が晴れないようなすっきりしない状態が続いていました。

ヨガに集中することで何故そうなったかを整理できたような気がしました。

自分が渦の中にいると被害者意識だったり、どうしてこんな目に合うの?という感情ばかりが大きくなってしまいます。

冷静になるといろいろ見えてくる事もあります。

昨日は猫達がいる中でのヨガでした。

私は猫好きなので多少寄って来ても気にならない、逆に癒されました。

誰もが何かしらの悩みを抱えながら生きていると思います。

呼吸を整え自分を見つめ直すと頑ななこころがほぐれ周りの人に対しても優しくなれるような気がします。

静かな時間を作ることを惜しんではいけないと思いました。

自分自身もそういう時間を生徒さんに持ってもらう努力をしなくてはならないです。

最近は情報過多で頭が飽和状態だったかも知れません。

もっとシンプルでいいはずなんですよね。

何歳になってもリセットしてまた最初からという姿勢でいたいものです。

ヨガで怪我は以前からありましたが

Img_5628
これくらいしなやかな体だったらいいんだけどね、、、
(円山動物園 サーバルキャット エン)



最近SNSでたまたま流れてきた情報で知ったのですがヨガによる怪我が増えてきているとのこと。

そういう事は以前から言われてましたしそれほど驚く事ではありませんでした。

重症を負った方のコメントによると脚の付け根をインストラクターに強く押されて骨挫傷を起こしていたそうです。

詳細は
こちら

私もヨガ歴だけは長いので数例の怪我は見ています。

靭帯を切ったり骨折した方もいました。

それは生徒として通っていた時です。
ペアで行うようなものは要注意です。

インストラクターが押すのも力加減を考慮したり、押していい場所かを良く見極めて行うべきですよね。

股関節部分や膝、首などは安易に触っていい場所ではないと思っています。

肩や首が緊張している場合そっと触って力抜いてくださいと言う事は良くあります。

胡坐で座って膝が浮く場合は股関節の硬さなどが原因なので本人にも膝を上から押すような事はさせないようにしています。

基本外的な力は加えない、初心者同士でペアを組んで行うようなメニューは避ける、本人が体の内部を観察する習慣づけをする等が怪我防止になるのではと思います。

昨日のヨガサークルで両膝を曲げて立ち体を捻るポーズの時脇に刺激が来ないと生徒さんが言いました。

確認すると膝の位置腰の位置が動いてしまい脇を伸ばす効果を得ることが出来ていませんでした。

後ろから腰を押さえ動かないようにして再度ポーズをしてもらうと脇に刺激を感じる事が出来たようです。

そういったアジャストで怪我をする事は無く本人が出来るところまで体を捻ることで効果を得ることが出来ます。

本来自分で注意点を守って行えばいいのですが腰やお尻の位置などは自分では見えないので動いていないものと思っていても実はずれてしまっています。

そういう事に気付いてもらうためのアジャストは時には必要と思いますがポーズを完成させる為に強く押すといった事は無謀な行為と思います。

ヨガの種類によっては指導法も異なるのかも知れませんが指導歴の浅いインストラクターさんには怪我防止の講習などがあるのでしたらそういうものを受講して頂きたいです。

私がレッスン中に言うことは無理しないで、出来るところまで、首が苦しかったらそれ以上やらない、どうしてもきつくなってしまったら休んで等です。

年齢層の事もありますが若い方の中にも体が硬い人がいます。

運動不足の人がいきなり難しいヨガのポーズにチャレンジしても無理です。

最初は準備運動的なものからコツコツやって体がほぐれてきたら少しずつポーズらしきものをやるくらいでいいと思います。

雑誌やCMに出てくるヨガのポーズでイメージが出来上がってしまっているかも知れませんが実際は地味なものです。

それでも健康のためにやりたいと思う人が長く続くのでしょうね。







ヨガの効果

Img_5753
カメさんのようにのんびりコツコツがいいかな?

ヨガを続ける効果、時々生徒さんから聞くことが出来ます。

逆にヨガを続けていてもぎっくり腰になってしまうような事も起きます。

先日腰の調子がなかなか良くならない生徒さんから、ヨガを始めて冷え性と低血圧は良くなったと聞きいいこともあるようなので少し安心しました。

長く続いている生徒さんは何かしら効果を感じているからと思ってはいましたがこの方もそうでした。

腰も良くなると更にいいのですが。

股関節の不調が原因の腰痛もあるようでそう簡単ではないと感じています。

でも冷えが解消されればそれだけでも良くなる可能性は高くなると期待します。

別の生徒さんも庭の草むしりをしていて腰が痛くなったとのこと。

前かがみの姿勢が続いたせいでしょうね。
この方はヨガを始めて風邪をひかなくなったとのこと。

免疫力が上がったようです。

何処か調子が悪くなって生徒さんとお話している中でいいことも教えて頂けるのでそれは救われる思いです。

また特に変化は感じないという方も、、、(゚ー゚;

それでもご自分の体に何かしら問題を抱えている方は通ってくれています。
これ以上悪くならないようにという思いからだと思います。

腰痛や股関節の不調はあるけれど手術するのはなるべく避けたいから体幹を強くするためにヨガを続けるという選択をしている人もいます。

今時は病院で患者さんが治療法を選択できるとTVなどで見たことがあります。

どうしても手術しか選択肢がない場合もあるでしょうけどリハビリやヨガによって手術せずに治せる場合もあるという事なのだと思います。

現状維持でなんとか悪くならないようにするであってもヨガによる効果ですがなかなか分かりにくいケースかも知れません。

また人は歳を取る訳ですから本当は現状維持は当たり前の事ではありません。

数か月でこんなに痩せたというはっきりと目に見える変化は分かりやすいですがヨガはそういうものを目指している訳ではありません。

もちろん体が引き締まったという報告を受けることは時々あります。

気長に欲張らずに続けるということに尽きるかも知れません。



最近スクワットが注目されているようですが

最近TVや本でスクワットが取り上げられる事多いですね。

生涯元気に歩けるようにするにはスクワットをすればいいというような内容で。

それは確かに間違いではないと思います。

私もヨガの中では必ず入れています。

ヨガのポーズとしてというよりは準備運動として。

様々な種類のものをやっています。

膝の曲げる角度、足幅、足先の向きなどいろいろです。

完全にしゃがんだり中腰だったり四股立ちのようなものもやります。

また踵を上げてしゃがむというのもやります。

多分バリエーションが多い方が働きかける場所も違っていていいと思います。

膝の為に良いもの、股関節を柔軟にするもの、脛を働かせるもの、腰を伸ばす物などいろいろな効果を得られた方がいいですよね。

完全にしゃがんで踵も床に降ろせば腰が伸びます。

踵を上げるものは足指や土踏まずに刺激になり脹脛も働かせることが出来ます。

一度に出来なくても先週はこれをやったから今週は少し違うものをという風にやるようにしています。

もちろんスクワットばかりやる訳ではなく座ってやるポーズなども入ります。

ただスクワットは他のポーズをやる為の準備としてどうしても必要になります。

体が温まりますしヨガによる怪我などの予防にもなります。

スクワットの効果は以前から言われていますが一つのものだけだと飽きてしまうという事があると思いますしバリエーションがあった方がいいですよね。

また足首が硬いとスムーズに出来なかったりするので足首回しなどをしてからの方がいいですね。

足を酷使した結果

先日紹介した秋田訪問、山菜採り、小樽水族館とここのところ足をフルに使っていました。

歩く事は悪くないのですが長時間の歩行、山の斜面の上り下り、傾斜のきつい坂道を下る等が続くと膝に負担が掛かると分かりました。

秋田ではかたくりの郷を訪ねましたが、2か所の栗農園のかたくりを見る為には少し離れていたこともあって歩く時間もそれなりにありました。

上り下りがあり特に下る時には膝に負担が掛かるように感じました。

その後角館で桜を見る為に武家屋敷周辺や川沿いを歩きました。

せっかく秋田まで来たのだからという思いから桜のスポットはだいたい見たと思います。

その日のうちに夜の飛行機に乗り家に着いたのは午後11時近く。

とても長い一日に感じました(゚ー゚;

秋田旅行から1週間後、山菜採りでは沢伝いに歩き斜面を上り下りしながら行者ニンニクを採るという事をしました。


Img_0222

その斜面は湿っていて足場が悪いので蔓のようなものに掴りながら登ったりしていました。

片側の足を比較的足場の良さそうなところに掛けてグッともう片方の足を引き付けるのはクライミングにも似ているかな?

失敗するとずるずると落ちてしまうので集中力が必要です。

また沢にたどり着くまでまた採り終わってから笹薮をかき分けながら進むのも大変な作業です。

岬の湯というところで温泉spaに入って疲れを多少取ることは出来ましたが翌日は足が痛かったです。

山菜採りの翌々日には祝日ではないので混み合っていないと思いおたる水族館へpenguin

ここは海獣公園に降りていく坂がかなり急こう配になっています。

送迎用の小さなバスもあるので足が悪い人や小さなお子さんは利用できるようになっています。

この日アザラシの赤ちゃんが親離れしたので様子を見たくて行きました。

ところが、、、2頭共ず~~っと寝ていて一旦上に戻り食事などしていました。

その後また急な坂を下りてもう一度チェックしに行ったのですがメスのワカナちゃんがチラ見程度に目を開いてくれましたcoldsweats01

Img_5202

それでも親離れした2頭を見れて目的を果たすことは出来ました。

水族館に行った日の夜はなんとヨガサークルの日でした。

この時に膝裏の違和感を感じました。

前屈して膝裏を伸ばそうとすると痛みを感じました( ̄◆ ̄;)

それでも通常通りにお仕事は出来ました。

翌日もまだ痛みは消えずマイペースでやる分には大丈夫と思い私の先生のところにヨガを教わりに行きました。

無理せずに行い膝裏を適度に伸ばすようにはしました。

夜寝る前に一応湿布を張り今朝起きてみるとほぼ痛みは無くなっていました。

かなり膝には負担を掛けてしまいましたが軽く済んだようです。

膝裏にはリンパ節があります。

そこの流れが悪くなっていたのかも知れません。

様子を見ながら屈伸、ストレッチする事は効果的と思います。

そして効かないだろうと思わず湿布することもいいみたいですね!

ただ短期間の内に足を酷使すること、、、あまりお勧めする事は出来ません。

なんでもホドホドですよね(;´▽`A``

ホテルさっぽろ弥生のヨガ教室 -ゴールデンウィーク明けから5月末まで無料体験実施

ホテルさっぽろ弥生のヨガ教室は通常無料体験は実施していませんでした。

しかし今回5月中のみ無料体験実施期間を設けたいと思います。

11日、18日、25日の3日間となります。

3日とも10時~、11時15分~からのどちらのレッスンでも構いません。

マットをお持ちの方は持参して下さい。

駐車料はフロントでヨガのレッスンを受けたと言えば無料になります。

60分のレッスンの内容は足のマッサージ15分、首や肩をほぐしたり簡単な呼吸法15分、立ってやる動作15分、座ってやるポーズ10分、くつろぎ5分のような組み立てになっています。

毎回同じではなくその日重点を置くことは少しずつ変えています。

足にフォーカスする、背中や腰をほぐす、脇をしっかり伸ばす、肩や首回りをほぐす、お腹を強くするなど。

しかし関節を回す準備運動と足を使ったスクワットなどは必ず入れます。

膝が痛く深く曲げられない、腰が慢性的に痛い、五十肩など肩に痛みがある、怪我の後のリハビリは終えたけれど自分でその後のケアをする自信が無いなどといった悩みのある方には無理なく出来るメニューを提供します。

ヨガは人と同じ事をしなくてはならないという事はなくマイペースで行うのが基本です。

無理せずにやることで効果を得ることも出来ます。

現在健康な方、何かお悩みのある方どちらも歓迎します。

ヨガは続けることが基本ですがまず一度体験することも大事ですね。

なんとなく気になっていた、自分は体が硬いから無理、暖かくなってきたので体を動かしたいなどという方一度参加してみませんか?

通常のレッスン料は1回800円

5枚綴りチケット 3500円

11枚綴りチケット 7000円となっています。

初めての生徒さんには1回毎のお支払いを勧めてきましたがまず5回は続けてみるというのも方法だと思います。

1回だけでは見よう見まねで終わってしまうという事もあります。

呼吸と動きを合わせる、自分の体を観察する、足幅などの感覚を掴むということ意外に難しかったりします。

まずは一回お試しし、その後は最低1か月はやってみるなどがいいかなと思います。

続けてきた人だけがヨガをやってきて良かったと言えるのでまずスタートラインに立ち後は積み重ねになります。

根気の要ることではありますが高齢になっても歩ける、ストレスに強くなる、ヨガを通して友人ができるなどいろいろ良いことがあると思います。

この機会に是非ホテルさっぽろ弥生のヨガ教室にいらしてみて下さい。

お待ちしています
note

cute場所、時間の詳細はこちらから

最初からチケット購入でも良かったのかな? 

今日はホテルさっぽろ弥生に新しい生徒さんが2名来てくれましたnote

10時台の生徒さんが転勤の為来れなくなると聞き少しがっかりしていました。

今までもそう言う事は多々ありましたがやはり寂しいものです。

そんな事があって直後に新しい生徒さんが来てくれたことは嬉しかったです。

お一人の生徒さんがチケットを購入したいの事でしたが一度試してからの方がいいのでは?とお話しました。

生徒さんも納得してくれて一回分で申し込んで頂きました。

でも良く良く考えると5回続けてみるという風にした方が良かったのかなとも思いました。

5回でもヨガの良さはもしかして伝わらないかも知れないので、、、

ヨガの良さは呼吸法を身に付けてこそ感じられると思います。

それには時間が掛かることを踏まえなくてはなりません。

最近は早く結果が出るものに飛びつく傾向があるかな?

2か月でハードなトレーニング&食事療法を行いスリムな体になるといったものもありますし。

その後自分で管理していければそれはそれでいいとは思うのですが、、、

どうしてもコツコツやらなくてはならない、はっきりした効果がすぐには感じられないというものは難しいのかな、、、

ヨガでもいろんな種類がありその人の練習の質によって上のコースに進めるというものもありますね。

私が取り入れているヨガはそういうシステムにはなっていません。

どこにモチベーションを保てる要素があるのか?というと細かく観察していくと変化が現れれそれに気付くという事でしょうか。

何かを省略して次に進めるという事もありませんしとにかく地道にやるしかありません。

そう考えると今通い続けてくれている生徒さん達は有難い存在です。

正直なところそういう方々がもっと増えて欲しい、何処か調子悪くなっても病院のお世話になればいいという考え方ではなく自分でも努力する姿勢を持って欲しいと思っています。

膝を守る膝体操、お腹を強くするエクササイズ、骨盤底筋を鍛えるエクササイズなど家で毎日やれば相当な効果を得られるでしょう。

しかし残念ながらずっと続けていますという方は少ないです。

家で一人でやる難しさがあります。

結局楽な方を選ぶ人間の性のせいでしょうか?

それでもヨガ教室のようなところに来て仲間と一緒だと続くということがあります。

昨年はPRもせず常連の方々とのヨガで充分と思っていましたが今年は新たな生徒さんを迎えて地味だけどいい内容のヨガをもっと広めたいです。

私が指導する中で取り入れているのはショドウスタイルのヨガです。

ヨーロッパやアメリカ、オーストラリアではかなり浸透してきているものです。

日本ではまだマイナーなのですがその良さをもっとうまく伝えられるようにもなりたいです。

フリーになった時5年はまず頑張ろうと思っていましたが既に7年が過ぎました。

ここでもう一度ギアを入れ直すことになるとは思っていませんでしたがもう少し頑張ってみたいと思っています。



cuteサークルは無料体験もできますので一度参加してみませんか?

ヨガサークル・教室の詳細はこちらから

お待ちしていますconfident

ヨガって何処までやって何処に力を入れればいいのでしょうか? -生徒さんからの質問がありました

Img_3737

動物は物事複雑に考えたりしないのがいいなnote


最近は長く継続している生徒さんが主でヨガに関して質問される事は少なくなりました。

先日久々にヨガをやっていて何処までやって何処に力を入れればいいか分からない時があると聞かれました。

私からは力は何処にも入れないですと答えました。

また何処までやるかという事に対してはゆっくりした呼吸を保てるところで留まるように言いました。

立っているとき足の指を緊張させない、前屈の時首や肩を緊張させない、準備運動で立って左右に体を捻ったり背骨を波打たせるような動作の時腕は力を抜いてぶらんとさせる等は常日頃指導しています。

全て無駄な力を入れない為です。

とは言ってもそれがなかなか難しい事なのです。

つい手を優先して後から体が付いていくというのは良く見かけます。

そういった動きは背骨にあまり働きかけることは出来ません。

自分はこんな動きをしたい、こんな風に見せたいと思った時点で欲が働いているので自分の内部を観察することも出来ていないと思います。

力を使う、自分の意志が優先するというのはヨガには邪魔になるだけかなと感じます。

その点で一概には言えないけれど女性の方がヨガに馴染みやすいのかも知れません。

また体の何処かが痛い、体に歪みがあるなどの場合も力を抜くことは難しいでしょう。

そんな場合は無理しないで出来るところまで、また自分の体の癖などを知り受け入れながらやっていくしかないかなと思います。

普段同じことをやっても見ているとそれぞれ特徴があってその人なりのやり方があるというのは面白いです。

体もそれぞれ違うので当たり前なのですが基本を守るということは共通なので間違ったことをしていないかを注意深く観るのは私の役目です。

今回質問してくれた生徒さんには感謝したいと思いました。

他の生徒さんにも自分のヨガを見直すきっかけにもなりますし私自身も今の指導の仕方でいいのかチェックする機会を得ることが出来たからです。

今後ももっと質問してくれるような雰囲気を保って行きたいと思います。

より以前の記事一覧